ホスホジエステラーゼ阻害薬

ホスホジエステラーゼ阻害薬(ホスホジエステラーゼそがいやく)とは、ホスホジエステラーゼ (PDE) を阻害することにより、cAMPあるいはcGMPの細胞内濃度を上昇させるである。結果的に細胞内カルシウム濃度を上げる。心不全の治療として、心筋収縮力を上げるのに用いられる。 ニトログリセリンは、ホスホジエステラーゼ阻害作用を有する勃起不全治療薬との併用は禁忌である

概要編集

PDE阻害剤は、肺動脈性高血圧症冠動脈性心疾患認知症うつ病喘息COPD原虫感染症(マラリアを含む)、統合失調症などの分野において、新たな治療薬としての可能性があることが確認されている[要出典]

また、PDEは、発作の発生にも重要である。例えば、PDEはアデノシンの抗てんかん活性を低下させた。また、ペンチレンテトラゾール英語版誘発性発作にPDE阻害剤(ペントキシフィリン英語版)を使用した場合、発作発生までの時間的遅延を増加させ、発作時間を減少させることで、抗てんかん効果を示すことがin vivoで示された[1]

シロスタゾール(プレタール)はPDE3を阻害する。この阻害により、赤血球はより折れ曲げることができるようになる。赤血球が、収縮した静脈や動脈をより容易に通過することができるため、間欠性跛行のような状態で有用である[要出典]

ジピリダモールはPDE-3およびPDE-5を阻害する。これは、cAMPおよび/またはcGMPの血小板内蓄積をもたらし、血小板凝集を阻害する[2]

ザプリナスト英語版は、in vitroで、無性血液段階にあるマラリア原虫P. falciparum)の増殖を阻害、ED50値は35μMであり、P. falciparumのcGMP特異的ホスホジエステラーゼであるPfPDE1を阻害し、IC50値は3.8μMである[3]

カフェインテオブロミンなどのキサンチン類は、cAMP-ホスホジエステラーゼ阻害剤である。しかし、ホスホジエステラーゼに対するキサンチン類の阻害効果は、ヒトが通常摂取する量よりも高い用量でしか認められない[要出典]

シルデナフィルタダラフィルバルデナフィルはPDE-5阻害剤であり、勃起不全の治療に広く使用されている。

主な医薬品(一般名)編集

その他編集

医薬品ではないが、PDE阻害作用がある物質

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ “Effects of pentoxifylline and H-89 on epileptogenic activity of bucladesine in pentylenetetrazol-treated mice”. European Journal of Pharmacology 670 (2–3): 464–70. (November 2011). doi:10.1016/j.ejphar.2011.09.026. PMID 21946102. 
  2. ^ “Anti-platelet therapy: phosphodiesterase inhibitors”. British Journal of Clinical Pharmacology 72 (4): 634–46. (October 2011). doi:10.1111/j.1365-2125.2011.04034.x. PMC: 3195739. PMID 21649691. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3195739/. 
  3. ^ “PfPDE1, a novel cGMP-specific phosphodiesterase from the human malaria parasite Plasmodium falciparum”. The Biochemical Journal 392 (Pt 1): 221–9. (November 2005). doi:10.1042/BJ20050425. PMC: 1317681. PMID 16038615. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1317681/. 

関連項目編集