ホムス県(ホムスけん、ヒムシュ県、Homs Governorate, アラビア語: مُحافظة حمص, Muḥafaẓat Ḥimṣ)は、シリアの14あるの一つ。面積は42,223平方km[1]とする資料や42,226平方km[2]とする資料もあるが、シリアの県では一番大きい。人口は1,647,000人(2007年推計)。県都はシリア第3位の都市ホムス(ヒムシュ)。

ホムス県
Homs Governorate

مُحافظة حمص
Homs in Syria (+Golan hatched).svg
座標 (ホムス):北緯34度18分 東経38度18分 / 北緯34.3度 東経38.3度 / 34.3; 38.3座標: 北緯34度18分 東経38度18分 / 北緯34.3度 東経38.3度 / 34.3; 38.3
シリアの旗 シリア
県都 ホムス
郡数 7
行政
 • 県知事 Talal Barazi
面積
 • 合計 42,223km2
  およそ 42,223 km² と 42,226 km² の間の数値
人口
(2011)
 • 合計 1,803,000人
等時帯 UTC+2 (EET)
 • 夏時間 UTC+3 (EEST)
ISO 3166コード SY-HO
主要言語 アラビア語

地理編集

シリア中央部にあり、東はデリゾール県に、北はラッカ県ハマー県に、西はタルトゥース県ダマスカス郊外県レバノン国境に、南はイラク国境とヨルダン国境に接する。

ホムス県の人口は西に偏っている。西にはオロンテス川が流れ豊かな穀倉地帯となっているが、東部のほとんどはシリア砂漠であり荒涼とした山地が広がっている。

歴史編集

パルミラ王国編集

パルミラ帝国260年 - 273年)。パルミラ遺跡のあるタドモルの街は砂漠の只中のオアシスに位置する。

モンゴルのシリア侵攻編集

1260年第一次ホムスの戦い1281年第二次ホムスの戦い英語版1299年第三次ホムスの戦い

シリア内戦編集

2011年ホムス包囲戦5月6日 - )。 2012年ホムス攻勢 (2012年)英語版2月3日 - 4月14日)でババアムル英語版を政府軍が制圧。 2014年5月9日、停戦協定に基づき旧市街で篭城していた反体制派が撤退、政府軍が奪還。

行政区分編集

2010年にホムス郡から北部のタルドゥ郡が分かれ、ホムス県には7郡が属する。右の地図には6郡までしか記載されていない。

編集

 
シリア砂漠に建つパルミラ遺跡
  1. ホムス郡英語版アラビア語: منطقة حمصMinṭaqat Ḥimṣ ヒムシュ郡)- ホムスアラビア語: حمصḤimṣ ヒムシュ)
  2. アル=ムハッラム郡英語版(Al-Mukharram District)- アル=ムハッラム英語版
  3. パルミラ郡英語版(Palmyra District)- タドモル英語版パルミラ
  4. アッ=ラスタン郡英語版(Al-Rastan District)- アッ=ラスタン英語版
  5. アル=クサイル郡英語版(Al-Qusayr District)- アル=クサイル英語版
  6. タルカラハ郡英語版(Talkalakh District)- タルカラハ英語版
  7. タルドゥ郡英語版(Taldou District)- タルドゥ英語版

脚注編集

  1. ^ Syria - City Population - Cities, Towns & Provinces - Statistics & Map [1]
  2. ^ http://www.statoids.com/usy.html