メインメニューを開く

ホルミズド6世パフラヴィー語: 𐭠𐭥𐭧𐭥𐭬𐭦𐭣)は、サーサーン朝の君主。サーサーン朝の将軍で簒奪者のシャフルバラーズの息子シャープール5世が貴族のファッルフ・ホルミズド英語版によって廃位されると、シャフルバラーズはニシビス英語版でホルミズド6世を擁立、一方ファッルフ・ホルミズドはクテシフォンでサーサーン朝の王女アーザルミードゥフトを擁立した。ホルミズド6世は祖父ホスロー2世(在位:590年 - 628年)が628年に廃位され処刑された後の内乱で即位した多くの簒奪者の1人だった。彼はニシビスで2年ほど統治したが、即位のときに自身を支持した軍に裏切られて廃位された。ホルミズド6世と同じくホスロー2世の孫であるヤズデギルド3世が貴族の支持を受けてサーサーン朝唯一の君主となった[1]

ホルミズド6世
𐭠𐭥𐭧𐭥𐭬𐭦𐭣
イランと非イランの諸王の王
HormizdVICoinHistoryofIran.jpg
ホルミズド6世の硬貨
在位 630年 - 632年

出生 不明
死去 632年
宗教 ゾロアスター教
テンプレートを表示

脚注編集

  1. ^ Shahbazi 2004, pp. 467–469.

参考文献編集

ホルミズド6世


632年

先代:
シャープール5世
サーサーン朝の君主
630年 - 632年
次代:
ヤズデギルド3世