アニキウス・マンリウス・トルクアトゥス・セウェリヌス・ボエティウス(Anicius Manlius Torquatus Severinus Boethius、480年 - 524年525年)は、古代ローマ末期のイタリアの哲学者、政治家。

ボエティウス
Boethius initial consolation philosophy.jpg

生涯と著作編集

ローマ貴族の家系(祖父がボエティウス、父がマンリウス・ボエティウス(487年没)であることまでしか家系は遡れない)に生まれ、幼くして孤児となり貴族シュンマクスに養われる。アテナイに留学し、帰国後は「水晶と象牙で飾られた書斎」で研究生活を送る。この前後に恩人シンマクスの娘の1人ルスティキアナ(姉妹にガッラ(聖人。550年に没)とプロバの2人)と結婚している。時のイタリア支配者、東ゴート王国テオドリック王に仕官し、貨幣制度の改革などに関わる。次第に高位に昇り、510年には西ローマ帝国執政官となる。522年には彼の息子2人も執政官となるほど王の信任を得ていたが、かつての執政官アルビヌスの反逆に与したという嫌疑でパヴィアに投獄され、処刑された。獄中で韻文混じりの散文で『哲学の慰め』(De consolatione philosophiae)を書き、慰めを古代哲学に求めている。

ボエティウスの思想の根幹はプラトンストア派にあり、理性により感情と外界の障害を克服しようとする。彼はアリストテレスの論理学をラテン語に翻訳し、これが中世のアリストテレス研究の端緒となった。また、ニコマコスエウクレイデスアルキメデスプトレマイオスなどの著作も訳出しギリシア哲学・科学の紹介者として中世思想に大きな影響を与えている。『三位一体論』(De trinitate)、『カトリック信仰論』(De fide catholica)、『エウティケスとネストリウスとを駁して』(Contra Eutycken et Nestorium)などの護教のための論文もある(偽書との説あり)。アリウス派の王に殺されたため、中世では教父の一人のような扱いを受け、「最初のスコラ哲学者」と評されることもある。

また彼は『音楽綱要』(De institutione musica、『音楽教程』)全5巻を著し、プトレマイオスの音階論を踏襲しながら、古代ギリシアの音楽論を伝承した。彼はこの本の中で、音楽を「世界の調和としての音楽(ムジカ・ムンダーナ)」「人間の調和としての音楽(ムジカ・フマーナ)」「楽器や声を通して実際に鳴り響く音楽(ムジカ・インストゥルメンターリス)」に分類している。この本は中世ヨーロッパにおいて広く影響を及ぼした。

アラビア式の記数法を初めてヨーロッパに紹介したとされる[1]

家族と子孫編集

ボエティウスは妻ルスティキアナとの間にフラウィウス・シンマクス(522年の執政官)、フラウィウス・ボエティウス(522年の執政官。522年から526年の活動記録がある)を儲けた。

下の息子フラウィウス・ボエティウスには2男1女(ボエティウス、シンマクス(601年2月以降に没)、エウセビア)おり、この3人はボエティウス直系の孫である。この3人の中で、エウセビアは5世紀にアエギュプトゥス(現在のエジプト)の貴族で起源がよく分かっていないアピオ家(アピオ家は328年以前のアエギュプトゥスの総督と考えられているアウレリウス・アピオ(328年以降に没)、プロウィンキア・テバイド(アビドスからアスワンまでの上エジプトの最も南にある13のノモスから成る古代エジプトの地方)の貴族でローマ将校フラウィウス・ストラテギウス(328年以降に没)の一族に属していると考えられてきたが、現在この理論は考慮されていない。アピオ家の始祖で確実視されているのは、5世紀のストラテギウス1世とその娘イシス、イシスの夫アピオ1世、アピオ1世の父フラウィアヌスの4人とされる。イシスとアピオ1世の子孫でアピオ家が形成されたと考えられる)の男性アピオに嫁ぎ、ストラテギウス(594年頃~598年頃 - 603年以降記録が無い)を儲けた。ボエティウスの曾孫である。

このエウセビアの夫と夫の兄弟、息子ストラテギウスまでの系譜を含むアピオ家の活動記録が626年8月までは見られるが、そこで記録が突如途絶えている。

以上の事から、ボエティウスの血筋はボエティウスの投獄・処刑から少なくとも100年程は存続したことになる。

縁戚編集

ボティウスの義父シュンマクスの家系は2人が生きた時代から300年程前の2世紀まで遡れる名門貴族である。以下は義父シュンマクスまでの系譜である。

  • シュンマクス(160年頃生誕)
  • シュンマクス(190年頃生誕)
  • 男子(220年頃生誕)
  • クリュソアリウス?(アウレリウス・ヘルモゲネスか?)(250年頃生誕。妻はトゥッリア・ウァレリア)
  • マルクス(ルキウス?)・アウレリウス・ウァレリウス・トゥッリアヌス・シュンマクス・フォスフォリウス(280年 -330年以降。319年のプロコンスル、330年の執政官)
  • ルキウス・アウレリウス・アウィアニウス・シュンマクス・シグノ・フォスフォリウス(316年 - 376年。妻はファビア・ティタニア)
  • ルキウス・クィントゥス・アウレリウス・シュンマクス・エウセビウス(340年から345年の間(342年頃?)- 402年/403年。妻はルスティキアナ(345年- 386年以降))
  • クィントゥス・ファビウス・メンミウス・シュンマクス(383年/384年 - 402年以降。妻の名はガッラとされる)
  • クィントゥス・アウレリウス・シュンマクス(446年の執政官)
  • クィントゥス・アウレリウス・メンミウス・シュンマクス(485年の執政官。526年没。ボエティウスの義父)。


義父シュンマクスの曾祖父ルキウス・クィントゥス・アウレリウス・シュンマクス・エウセビウスの妻ルスティキアナは、メンミウス・ウィトラシウス・オルフィトゥス・ホノリウス(310年 - 369年)とその妻コンスタンティアの娘である。このコンスタンティアの両親はコンスタンティヌス大帝の親類でポントゥス王であるハンニバリアヌスとその妻で大帝の娘コンスタンティアという説が唱えられている。シュンマクスは女系ではあるがコンスタンティヌス朝の血を引くことになる。

ルキウス・クィントゥス・アウレリウス・シュンマクス・エウセビウスにはルキウス・アウレリウス・シュンマクスという兄弟とウェヌストゥスという貴族と結婚した名前不詳の姉妹がいたという。ウェヌストゥスの子にアウレリウスという男子がいたとも。ウェヌストゥスのおじにウォルシウス・ウェヌストゥスがおり、その子がウィリウス・ニコマクス・フラウィアヌス(334年 - 394年)である。ウォルシウス・ウェヌストゥスの系統を遡ると、父がルキウス・ラゴニウス・クィンティアヌス(289年の執政官)で、クィンティアヌスの祖父(ウォルシウス・ウェヌストゥスの曾祖父)と目されるルキウス・ラゴニウス・ウェヌストゥス(240年の執政官)、ルキウス・ラゴニウス・ウェヌストゥスの父母がルキウス・ラゴニウス・ウリナティウス・トゥスケンニウス・クィンティアヌス(210年の執政官)、フラウィア・T・F・ウェヌスタである。ルキウス・ラゴニウス・ウリナディウス・トゥスケンニウス・クィンティアヌスの父がラゴニウス・クィンティアヌス(180年の執政官)で、その先祖に関係性は明らかになっていないがウリナディウス・ラゴニウス・クィンティアヌスとL・ラゴニウス・L・Fの2名がいる。390年時点でルキウス・ラゴニウス・ウェヌストゥスという人物が確認されるが、名前が同名であることから240年の執政官ルキウス・ラゴニウス・ウェヌストゥスの末裔と思われる(どの系統かは不明)。

また一説にクィントゥス・ファビウス・メンミウス・シュンマクスはルキウス・アウレリウス・シュンマクスの息子でルキウス・クィントゥス・アウレリウス・シュンマクス・エウセビウスの甥という説もある。また、娘(姪?)のガッラは交友があった小ニコマクス・フラウィアヌス(活動期間:382年 - 432年没)と結婚、夫妻は娘ガッラをはじめとする多くの子を儲け、ガッラはクィントゥス・ファビウス・メンミウス・シュンマクスと結婚、クィントゥス・アウレリウス・シュンマクスが生まれたという。小ニコマクス・フラウィアヌスとその父ウィリウス・ニコマクス・フラウィアヌスはテオドシウス朝の初代皇帝テオドシウス1世と対立したエウゲニウスに仕え、394年9月5日から6日のフリギドゥスの戦いで大ニコマクスは敗れ自殺、小ニコマクス・フラウィアヌスは生き残った。小ニコマクス・フラウィアヌスの兄弟にウェヌストゥスがおり、親族にアッピウス・ニコマクス・デクステルがいる。デクステルは4世紀の終わりに実在したアッピウス・クラウディウス・タッロニウス・デクステルという人物を先祖に持っていたことは確実であり、小ニコマクス・フラウィアヌスの実子か甥、もしくは孫という説がある。何れにしても血縁者であることは間違いないとされる。デクステルの親類にクレメンティアヌスという人物がいるが、名前が明らかになっていないデクステルの父親と同一人物である可能性がある。

ローマ教皇との関係編集

ボエティウスの義父シュンマクスの曾祖父ルキウス・クィントゥス・アウレリウス・シュンマクス・エウセビウスの直系子孫には幾人かのローマ教皇がいる。フェリクス3世(在任:483年 - 492年。生没年:? - 492年3月1日)、アガペトゥス1世(在任:535年 - 536年。生没年:489年/490年- 536年4月22日)、グレゴリウス1世(在任:590年 - 604年。生没年:540年頃 - 604年3月12日)の3人である。この3人とルキウス・クィントゥス・アウレリウス・シュンマクス・エウセビウス、シュンマクスとの具体的な系譜関係は明らかになっていないが、上院議員を親に持つと思われるフェリクス3世、フェリクス3世の子に司祭のゴルディアヌス、司祭ゴルディアヌスの子に上院議員ゴルディアヌス、タルシラ、エミリアナの3人、上院議員ゴルディアヌスがシルウィアという女性と結婚し、グレゴリウス1世とその弟(名前や経歴など詳細は不明)が生まれた。このようにグレゴリウス1世はフェリクス3世の曾孫にあたる。シルウィアの姉妹にパテリアがおり、パテリアは結婚歴がある。

アガペトゥス1世はフェリクス3世やグレゴリウス1世との続柄は明確ではないが、アガペトゥス1世の父ゴルディアヌスが司祭を務めていたという記録がある(ゴルディアヌスは教皇シュンマクス(在任:498年 - 514年)の時代に起こった暴動の間に殺害されている)。このゴルディアヌスの名前はグレゴリウス1世の父ゴルディアヌス、フェリクス3世の息子ゴルディアヌスと共通する名前であることから、アガペトゥス1世がフェリクス3世一族と家族関係がある可能性を示唆している。

ちなみにグレゴリウス1世はローマ帝国末期に繁栄した一族アニキア家(アニキウス氏族)の出身であるが、ボエティウスも名前の中に「アニキウス」が入っており、2人は遠縁で同族である。

引用編集

  1. ^ 田村三郎コタニマサオ『新図説数学史』現代数学社、2008年。ISBN 9784768703342

参考文献編集

  • U.ミヒェルス(編)・角倉一朗(日本版監修)『図解音楽事典』、1989年、白水社
  • 『新音楽辞典 人名』、1982年、音楽之友社

関連項目 編集

外部リンク編集