世界古典文学全集

世界古典文学全集』(せかいこてんぶんがくぜんしゅう)は筑摩書房が、1964年から2004年にかけ刊行した叢書(全54冊)である。

概要編集

古代ギリシアローマからルネサンス・近世期までのヨーロッパの文芸作品や、古代期の中国・インド・ヘブライの史書・思想宗教書を軸に収録。ギリシア三大悲劇詩人、フランス古典主義作家の作品、正史三国志の完訳は、他社の世界文学全集にはないものである。
後年に岩波文庫ちくま文庫ちくま学芸文庫で改訂再刊された。

〈世界古典文学全集〉刊行書誌編集

※は複数での共訳で、編者・訳者代表のみ記載

外部リンク編集