メインメニューを開く

ロバート・ウェスリー・ブレビンス・ジュニアRobert Wesley Blevins Jr.1985年1月16日 - )は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ブライアクリフマナー出身のプロ野球選手(投手)。

ボビー・ブレビンス
Bobby Blevins
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニューヨーク州ブライアクリフマナー
生年月日 (1985-01-16) 1985年1月16日(34歳)
身長
体重
183 cm
92 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2007年 ドラフト13巡目でロサンゼルス・ドジャースから指名
初出場 CPBL / 2015年3月27日 統一セブンイレブンライオンズ
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

台湾球界での登録名は、「布萊文斯」。

経歴編集

プロ入りとドジャース傘下時代編集

2007年のMLBドラフトロサンゼルス・ドジャースかたドラフト13巡目指名され[1]、入団した。同年は、傘下アドバンスルーキーリーグのオグデン・ラプターズ(英語)でプレーした[2]。この年は、12試合(9試合で先発)登板し、3勝3負、防御率3.49、51奪三振を記録した[3][1]

2008年は、傘下Aのグレートレイクス・ルーンズでプレーした[4]。この年は、23試合(1試合で先発)登板し、2勝7負5セーブ、防御率2.96、57奪三振を記録した[3][1]

2009年も、傘下Aのグレートレイクスでプレーした[4]。この年は、27試合に先発登板し、11勝10負、防御率4.16、97奪三振を記録した[3][1]

2010年は、傘下アドバンスAのインランド・エンパイア・シックスティシクサーズ(英語)、傘下AAのチャタヌーガ・ルックアウツ、傘下AAAのアルバカーキ・アイソトープス(英語)で計33試合(11試合で先発)登板し、4勝10負1セーブ、防御率5.62、59奪三振を記録した[3][1]。同年限りで、ドジャースを退団した[4]

独立リーグ時代編集

2011年は、独立リーグであるカナディアン・アメリカン・リーグロックランド・ボールダーズと契約を結んだ。この年は、19試合に先発登板し、6勝8負、防御率3.98、82奪三振を記録した[1]

2012年も、ボールダーズと契約を結んだ[要出典]。ここでは、21試合(20試合で先発登板)し、8勝9負、防御率3.65、86奪三振を記録した[1]。シーズン中に退団した。シーズン途中に、独立リーグであるアトランティックリーグロングアイランド・ダックスと契約を結んだ[要出典]。ここでは、6試合(4試合で先発)登板し、1勝0負、防御率2.42、16奪三振を記録した[1]。同年限りで、退団した[要出典]

2013年は、古巣のロックランド・ボールダーズと契約を結んだ[要出典]。ここでは、20試合に先発登板し、9勝10負、防御率4.24、82奪三振を記録した[1]。シーズン途中に、退団した[要出典]。その後古巣のロングアイランド・ダックスと契約を結んだ[要出典]。ここでは、2試合に先発登板し、1勝1負、防御率4.85、10奪三振を記録した[1]。同年限りで、退団した。

イタリア球界時代編集

2013年11月8日に、イタリアンベースボールリーグフォルティチュード・ボローニャと契約を結んだ[5]。ボローニャの一員として2013年のアジアシリーズに参加している[6]

2度目のダックス復帰編集

2014年2月26日に、古巣ロングアイランド・ダックスと契約を結んだ[7]。2度目の復帰となった[要出典]。この年は、27試合に先発登板し、9勝5負、防御率2.95、119奪三振を記録した[1]

2015年3月2日に、ロングアイランド・ダックスと再契約を結んだ[8]

台湾球界時代編集

2015年3月6日に、台湾の野球リーグである中華職業棒球大聯盟(CPBL)の中信兄弟と契約を結んだ事が発表された[9]。これにより、同日ロングアイランド・ダックスを退団した[10]。27日に、台湾球界初登板。5月14日に解雇とされた[要出典]

ダックス再復帰後編集

2015年6月17日に再びロングアイランド・ダックスと契約[要出典]、翌2016年3月29日に再契約[要出典]後、 2017年は独立リーグに転じてシュガーランド・スキーターズ[11]、2018年8月25日にアトランティックリーグサマセット・ペイトリオッツからケベック・キャピタルズに移籍した[12][11]

選手としての特徴編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k Baseball Reference (Minors)
  2. ^ Demarest, William (2013年5月16日). “Briarcliff's Bobby Blevins Takes the Mound For Boulders' Season Opener”. Pleasantville-Briarcliff Manor Patch. http://patch.com/new-york/pleasantville/briarcliffs-bobby-blevins-takes-the-mound-for-boulders-season-opener#.U_ZRAPldWao 2014年8月21日閲覧。 
  3. ^ a b c d Bobby Blevins Stats MiLB.com
  4. ^ a b c Bobby Blevins”. The Baseball Cube. 2019年1月15日閲覧。
  5. ^ Briarcliff's Bobby Blevins To Pitch For Italian Team In Asia 英語 (2013年11月8日) 2015年4月19日閲覧
  6. ^ Team Info アジアシリーズ2013公式サイト (英語) 2015年2月24日閲覧
  7. ^ BOBBY'S BACK WITH THE FLOCK The official site of Long Island Ducks 英語 (2014年2月26日) 2015年4月19日閲覧
  8. ^ BLEVINS RETURNS TO LONG ISLAND; VANCE SIGNED BY DIAMONDBACKS The official site of Long Island Ducks 英語 (2015年3月2日) 2015年4月19日閲覧
  9. ^ 布萊文斯14日報到 中信兄弟備足4洋將 中信兄弟官方網站 中国語 (2015年3月6日) 2015年4月19日閲覧
  10. ^ TWO SIGNED; ONE DEPARTS The official site of Long Island Ducks 英語 (2015年3月6日) 2015年4月19日閲覧
  11. ^ a b 選手名簿” (フランス語). ケベック・キャピタルズ. 2019年1月15日閲覧。
  12. ^ Transactions: 2018” (フランス語). ケベック・キャピタルズ. 2019年1月15日閲覧。サマセット・ペイトリオッツから獲得

外部リンク編集