メインメニューを開く
イギリスドーセットプール港7クラス救難艇(イギリスの最大クラス(全長17m)の救難艇

ボート: boot; : boat)あるいは短艇(たんてい、端艇)は、通常、河川湖沼・沿岸で使用される小型船舶で、しばしばより大型の船舶に搭載されて運用される。

目次

ボートの語義編集

日本では日常会話で一般的に、全長数m程度小型の船を「ボート」と表現することが多いが、英語ではニュアンスが多少異なっている。

  • 海軍用語のボートは、他ので運搬できるくらいの小さな船舶を指す。
  • 現代の潜水艦も、その潜水能力と大きさにもかかわらず、ボートと呼ばれる。これは初期の潜水艦が船で運搬され、単独での沖合航海能力を持たなかったからである。
  • イギリス海軍では、手こぎ舟も含めて水上を航行するものは船 (ship) だが、潜水艦はボートである。

大型船舶に搭載されるボートとしては、他に救命ボートホエールボートなどがある。多くのボートと異なり、これらは沖合でも運用される。

レイクフレイターリバーボートナロウボート、そしてフェリーに見られるように、小型とは言いがたいボートもある。

用途編集

ボートは軍事や調査研究・商用目的で使われる。私的で非商用の船舶は、大きさにかかわらずほとんどがボートである。

ソーラーボート編集

太陽光を電気に変換してモーターを駆動して航行する。主に海洋工学系の大学で研究されており、競技会も開催される。事実上、エネルギーは無尽蔵なので、気象観測などの無人観測艇の動力としても使用が期待される。

画像編集

関連項目編集

外部リンク編集