ポップオーバー

ポップオーバー(英語: popover)は、エッグバターで作られる軽く、空洞となっているロールパンヨークシャー・プディングと似ており、一般的にはマフィン型英語版または専用の斜めというより垂直の壁をもつポップオーバーパンの型で焼かれる。

ポップオーバー
Popovers 2.jpg

ポップオーバーの概要
種類 ロールパン
発祥地 アメリカ合衆国
主な材料 バター (鶏卵, 小麦粉)
テンプレートを表示

ポップオーバーは菓子(例えば果物とホイップクリームでトッピングしたりバターとジャムを塗り朝食にアフタヌーンティーと共に提供したりされる)とイギリスのスコーン代わりとしても昼食や夕食の食事としても提供されうる。

日本においても2014年ごろから提供される店が増えてきており、ブームになりつつある[1][2]

目次

名称編集

ポップオーバー(popover)という名前は、バターが焼いているときにマフィン型から飛び出す(pop)ことに由来する。またの名前をラップランダー(Laplander)ともいうが[3]、これはサーミ人ラップランド人)を指す古い言葉である。

歴史編集

ポップオーバーは、相当の進化を遂げている[4]ものの、17世紀からイングランドで作られてきたヨークシャー・プディングや類似のバター・プディングのアメリカバージョンであるといえる[5]

知られている中で最も古いポップオーバーに関する言及は、1850年のE. E. スチュアートの手紙の中にある[6]。 ポップオーバーのレシピが掲載された最初の料理本は、1876年に発売されたM.H.ヘンダーソンの「プラクティカル・クッキング」(Practical Cooking)である[7]。料理本以外で初めてポップオーバーに言及した書籍は1892年に発行されたA.A.ヘイズのJesuit's Ringである。

エヴァン・ジョーンズによるアメリカの料理 (1974)は以下のように述べている。「メイン州から来たポートランドの入植者たちは、ヨークシャー州のプディングを、ローストビーフ、時にはローストポークの肉汁で滑りを良くしたカスタード・カップの中のバターを使うことでアメリカナイズした。別のアレンジではニンニクを使用し、しばしばハーブも用いる。この料理は、それぞれのパリパリした肉の風味のペイストリーが膨らむことから、ポートランド・ポップオーバー・プディングと呼ばれている。」。

他のアメリカのポップオーバーのバリエーションには、小麦粉をカボチャのピューレに置き換え、オールスパイスナツメグなどのスパイスを加えたものがある。しかし今日のアメリカのポップオーバーの大半は、肉やハーブで味付けされず、バターテイストである。

オグデン・ナッシュ英語版は歴史的出来事の順序をこのようにひっくり返している。

Let's call Yorkshire pudding

A fortunate blunder:
It's a sort of popover
That turned and popped under.

脚註編集

関連項目編集