ポリュボス

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

ポリュボス古希: Πόλυβος, Polybos)は、ギリシア神話の人物である。主に、

のほか数人が知られている。以下に説明する。

コリントスの王編集

このポリュボスは、コリントスの王で、妻はペリボイア[1][2][3]メロペー[4]、メドゥーサともいわれる。オイディプースの養父で、名付け親ともいわれる[2]。後にオイディプースは自分の両親についてデルポイ神託に問い、自分の父を殺し、母と交わると告げられた。そのためポリュボスを自分の父と信じてコリントスに戻らず、テーバイに赴いてスピンクスを殺し、王となり、その間にポリュボスは死んだとされる[3][5]

シキュオーンの王編集

このポリュボスは、シキュオーンの王で、シキュオーンとゼウクシッペーの娘クトノピュレーとヘルメースの子。リューシアナッサの父。リューシアナッサはアルゴスタラオスの妻で、アドラーストスの母。アドラーストスはアルゴスを追われてポリュボスのところに身を寄せ、ポリュボスの死後シキュオーンを継承し、アルゴスに帰るまで支配した[6][7]

その他のポリュボス編集

脚注編集

  1. ^ アポロドーロス、3巻5・7。
  2. ^ a b ヒュギーヌス、66話。
  3. ^ a b ヒュギーヌス、67話。
  4. ^ ソポクレース『オイディプス王』990行。
  5. ^ ソポクレース『オイディプス王』941行以下。
  6. ^ パウサニアス、2巻6・6。
  7. ^ ヘロドトス、5巻67。
  8. ^ イーリアス』11巻。
  9. ^ 『オデュッセイア』4巻。
  10. ^ 『オデュッセイア』8巻。
  11. ^ アポロドーロス、摘要(E)7・30。
  12. ^ 『オデュッセイア』22巻。
  13. ^ 『オデュッセイア』1巻、2巻ほか。

参考文献編集