ポール・コゾフ

ギタリスト、ミュージシャン

ポール・コゾフPaul Kossoff1950年9月14日 - 1976年3月19日)は、イギリスギタリスト。英国のブルースロックハードロック・バンドであるフリーのギタリストとして知られ、1969年にフリーのメンバーとしてデビューした。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第51位、2011年の改訂版では削除された。

ポール・コゾフ
Paul Kossoff
出生名 Paul Francis Kossoff
生誕 (1950-09-14) 1950年9月14日
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドンハムステッド
死没 (1976-03-19) 1976年3月19日(25歳没)
ジャンル ブルースロックブルースハードロック
職業 ミュージシャン、ソングライター、音楽プロデューサー
担当楽器 ギター
活動期間 1969年 - 1976年
共同作業者 フリー
バック・ストリート・クローラー

来歴編集

父親が裕福な家庭環境で育った。フリー[1]では「オール・ライト・ナウ」(1970年)などのヒット曲を発表するが、1972年に脱退[2]

1973年からはバック・ストリート・クローラーとして活動。ソロでもコゾフ名義でアルバムを出している。ドラッグ癖が原因で幾度も生死の境を彷徨うが、1976年に心臓病により夭逝した。

奏法は、ブルースロックを基調としたギターが特徴である。フリーの楽曲「タイム・アウェイ」では約5分間、泣きのギター演奏を確認できる。

使用楽器編集

ギブソン・レスポール

フリー期にはナチュラル色、サンバースト色、レモン色 (トラ目) の使用が確認できる。

フェンダーストラトキャスター
アルバム『バック・ストリート・クロウラー』のジャケットに写っている白いストラトキャスターはコゾフの死後、アイアン・メイデンのギタリストであるデイヴ・マーレイが所有することになった。(このギターを再現した「デイヴ・マーレイ・シグネチャー・モデル」が2009年、フェンダーより発売された)

ディスコグラフィ編集

ソロ・アルバム編集

  • 『バック・ストリート・クロウラー』 - Back Street Crawler (1973年)
  • 『彷徨える魂』 - Koss (1977年) ※コンピレーション
  • 『LIVE AT CROYDON FAIRFIELD HALLS』 - Live at Croydon Fairfield Halls 15/6/75 (1983年) ※ライブ
  • 『ブルー・ソウル』 - Blue Soul (1986年) ※コンピレーション

バック・ストリート・クローラー編集

  • 『バンド・プレイズ・オン』 - The Band Plays On (1975年)
  • 『2番街の悲劇』 - 2nd Street (1976年)

フリー編集

  • 『トンズ・オブ・ソブス』 - Tons Of Sobs (1968年)
  • 『フリー』 - Free (1969年)
  • 『ファイアー・アンド・ウォーター』 - Fire And Water (1970年)
  • 『ハイウェイ』 - Highway (1970年)
  • 『フリー・ライヴ』 - Free Live! (1971年)
  • 『フリー・アット・ラスト』 - Free At Last (1972年)
  • 『ハートブレイカー』 - Heartbreaker (1973年)

ポール・コゾフ、サイモン・カーク、テツ・ヤマウチ、ジョン・ラビット・バンドリック編集

  • 『コゾフ/カーク/テツ/ラビット』 - Kossoff Kirke Tetsu Rabbit (1972年)

脚注編集

  1. ^ ポール・ロジャース、アンディ・フレイザーらがメンバー。「ハート・ブレイカー」などの曲があった
  2. ^ Paul Rodgers: “My greatest regret is not having Paul Kossoff around."Loudersound.com”. 2020年3月2日閲覧。

関連項目編集