株式会社マキタ沼津(マキタぬまづ)は、かつて静岡県沼津市に存在した汎用エンジン農業機械、防災機器を製造する企業。電動工具メーカーマキタの子会社であったが、2013年4月1日吸収合併された。かつては富士重工業(現・SUBARU)の子会社だった。

株式会社マキタ沼津
Makita Numazu Corporation.
種類 株式会社
市場情報
東証2部 6021
2007年7月26日上場廃止
本社所在地 410-8535
静岡県沼津市大岡35
設立 1950年7月24日
業種 機械
事業内容 園芸用機器および防災機器等の製造・販売。
代表者 代表取締役社長 清水節由
資本金 8億3,390万円
発行済株式総数 12,960,000株
売上高 86億18百万円(2012年3月期)
純資産 5億65百万円(2012年3月期)
総資産 65億65百万円(2012年3月期)
従業員数 281名(2012年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 マキタ 100%
外部リンク マキタ沼津
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1943年 - 中島飛行機株式会社三島製作所として航空機用補機の製造を開始。
  • 1950年 - 富士産業株式会社より分離独立し富士機械工業株式会社を設立。
  • 1961年 - 東京証券取引所2部に上場。
  • 1966年 - 富士ロビン株式会社に社名変更。
  • 1991年 - 本社を静岡県沼津市に移転。
  • 2007年
    • 3月20日 - マキタが富士ロビンの株式公開買い付け(TOB)を開始(富士重工業も買い付けを全面的に支持。)
    • 5月15日 - TOB成立によりマキタの子会社となる。
    • 7月26日 - マキタによる完全子会社化のため、上場廃止。
    • 8月1日 - 株式会社マキタ沼津に社名変更。富士重工業との受託生産、商品供給関係は継続。自社製品のブランド名でもあった「ロビン」は富士重工業が産機事業で使用しているブランド名のため、「ラビット」に変更した。現在は農業機械、防災機器で使用している。なお、「ラビット」は富士重工業が生産した「ラビットスクーター」に由来する。
  • 2013年4月1日 - 親会社の株式会社マキタに吸収合併された[1]

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集