メインメニューを開く

マクシミリアン・ヴィルヘルム・フォン・ハノーファー

マクシミリアン・ヴィルヘルム

マクシミリアン・ヴィルヘルム・フォン・ブラウンシュヴァイク=リューネブルクMaximilian Wilhelm von Braunschweig-Lüneburg)またはマクシミリアン・ヴィルヘルム・フォン・ハノーファーMaximilian Wilhelm von Hannover, 1666年12月13日、イーブルク城、バート・イーブルク - 1726年7月16日ウィーン)は、ドイツハノーファー選帝侯家の公子で、神聖ローマ皇帝ハプスブルク帝国)軍の将軍、元帥。

ハノーファー選帝侯エルンスト・アウグストとその妻でプファルツ選帝侯フリードリヒ5世の娘であるゾフィーの間の第3子、三男として、オスナブリュック郊外のイーブルク城で生まれた[1]。長兄はイギリスジョージ1世、すぐ下の妹はプロイセン王妃ゾフィー・シャルロッテである。5人の男兄弟とともに職業軍人となり、うち兄弟3人が戦場で落命している。長兄以外の男兄弟と同じく生涯独身を通し、子供も持たなかった。

神聖ローマ皇帝軍に仕官し、最終的に元帥にまで登りつめた。1692年、一族の信仰する福音派からローマ・カトリックに改宗している。1701年に始まったスペイン継承戦争ではハノーファー選帝侯領の軍隊を率いて参戦し、1704年ブレンハイムの戦い(第2次ヘヒシュテットの戦い)には、オイゲン・フォン・ザヴォイエンの麾下で騎兵隊の司令官として参加した。

脚注編集

  1. ^ Darryl Lundy (2011年1月19日). “Field Marshal Maximilian Wilhelm Hanover”. thePeerage.com. 2012年6月17日閲覧。

外部リンク編集