マグダレーナ・ジビュレ・フォン・プロイセン

マグダレーナ・ジビュレ・フォン・プロイセン(Magdalena Sibylle von Preußen, 1586年12月31日 - 1659年2月12日)は、プロイセン公アルブレヒト・フリードリヒの娘で、ザクセン選帝侯ヨハン・ゲオルク1世の2番目の妻。

マグダレーナ・ジビュレ・フォン・プロイセン
Magdalena Sibylle von Preußen
ザクセン選帝侯
Kurfürstin Magdalene Sibylle von Sachsen mit ihrem Sohn Christian von Sachsen-Merseburg.jpg
マグダレーナ・ジビュレと四男のクリスティアン
在位 1611年 - 1656年

出生 (1586-12-31) 1586年12月31日
Flag of Ducal Prussia.svg プロイセン公国ケーニヒスベルク
死去 (1659-02-12) 1659年2月12日(72歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Electoral Saxony.svg ザクセン選帝侯領ドレスデン
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Electoral Saxony.svg ザクセン選帝侯領フライベルク大聖堂
配偶者 ザクセン選帝侯ヨハン・ゲオルク1世
子女 一覧参照
家名 ホーエンツォレルン家
父親 プロイセン公アルブレヒト・フリードリヒ
母親 マリー・エレオノーレ・フォン・ユーリヒ=クレーフェ=ベルク
テンプレートを表示

生涯編集

プロイセン公アルブレヒト・フリードリヒとその妻でユーリヒ=クレーフェ=ベルク連合公国の統治者ヴィルヘルム(富裕公)の娘であるマリー・エレオノーレの間の末娘として生まれた。ケーニヒスベルク城で姉たちと一緒に敬虔なプロテスタント信徒として育った。1607年6月19日にトルガウにおいて、ザクセン選帝侯ヨハン・ゲオルク1世と結婚した。

マグダレーナは姪マリア・エレオノーラの夫であるスウェーデン王グスタフ・アドルフの熱烈な崇拝者だった。三十年戦争中、マグダレーナは夫がグスタフ・アドルフを死に追いやった神聖ローマ皇帝フェルディナント2世と和解し、1635年にプラハ条約を結んだことに腹を立てた。マグダレーナはスウェーデン軍の捕虜を助け、また夫の死で悲嘆にくれるマリア・エレオノーラを支えた。

子女編集

参考文献編集

  • Franz Otto Stichart: Galerie der sächsischen Fürstinnen; biogr. Skizzen sämtlicher Ahnfrauen des kgl. Hauses Sachsen. Leipzig 1857
  • Heinrich Theodor Flathe (1884), "Magdalena Sibylla", Allgemeine Deutsche Biographie (ADB) (ドイツ語), 20, Leipzig: Duncker & Humblot, p. 49