マサリク大学MU)(チェコ語: Masarykova univerzitaラテン語: Universitas Masarykiana Brunensis)はチェコ共和国における二番目に大きな総合大学である。Compostela Group英語版およびユトレヒト・ネットワーク英語版に所属している。1348年に設立されたカレル大学、1573年から1860年まで存在したオロモウツ大学に次ぎ、チェコにおいて当時現存する二番目[2]の総合大学として1919年ブルノに設立した。今では10の学部と35115人の学生からなる[1]。大学名はチェコ・スロバキアの初代大統領でありチェコの2番目の総合大学の運動の指導者でもあったトマーシュ・マサリクに由来する[3]

マサリク大学
Masarykova univerzita
Logo Masaryk University.svg
ラテン語: Universitas Masarykiana Brunensis
種別 公立
設立年 1919
学長 Prof. Martin Bareš()
教員数
2,200[1]
職員数
3,000
学生総数 35,115[1]
所在地 チェコ共和国
ブルノ
キャンパス Urban
スクールカラー  
ヨーロッパ大学協会
Compostela Group英語版
ユトレヒト・ネットワーク英語版
公式サイト www.muni.cz
LogoMUNI-2018.png
テンプレートを表示

チェコの生物学者ヤン・エヴァンゲリスタ・プルキニェに因み、1960年にヤン・エヴァンゲリスタ・プルキニェ大学と名前を変えた。1990年に、ビロード革命にしたがい、元の名前に戻された[4]。1922年以来、171000人を超える学生がこの大学を卒業している。

歴史編集

マサリク大学は1919年1月28日に4つの学部(法学部、薬学部、理学部、教養学部)を持つ総合大学として創設された。カレル大学の教授であり、後にチェコスロバキアの大統領となるトマーシュ・マサリクは、マサリク大学の設立に大きく貢献した。(マサリクは自らの科学的・政治的活動において、チェコスロバキアの総合大学の発展に注意を払っており、1880年代以降、科学研究における幅広い競争の重要性を強調してきた。このため、マサリクは当時のチェコ唯一の総合大学の発展には競争力のある研究機関が必要であると指摘した。)チェコ第二の総合大学の設立はオーストリア=ハンガリー帝国の崩壊後にのみ可能であった。ブルノのチェコ市民達に力を与えることを恐れたドイツ制御下の市議会の抵抗があったからである[3]。ブルノは当時バイリンガルシティであった。ブルノでの総合大学設立を支持する注目すべきデモが1905年に起きた[4]

マサリク大学はその設立当初より発展のための資金不足に悩まされてきた。1023年から1925年および1933年から1934年にかけて、その財政の脆弱さは、教養部と理学部をともに廃止するとの提案に繋がった。両学部とも結果的にはナチス・ドイツによるチェコスロバキア解体により大学全体が閉鎖された1939年11月17日までは存続することとなった。マサリク大学の多くの教授達は処刑や拷問を受けた。例えば、理学部は教員の四分の一を失った[3]。多くの処刑は1942年にマウトハウゼン強制収容所で執行された[4]

学部 設立年
医学部 1919
法学部 1919
理学部 1919
教養学部 1919
教育学部 1946
薬学部 1952*
経済経営学部 1991
情報学部 1994
社会学部 1998
スポーツ科学部 2002
* 薬学部は1960年に閉鎖された後、2020年に再編された。

第二次世界大戦後の大学の再編は共産主義者による乗っ取り英語版によって妨害された。学部から追放された学生の割合は、教育学部の5%から、1950年に完全に閉鎖されるに至った法学部の46%にわたる。1953年に教育学部(1946年に設立)が大学から分離された。1960年8月には、政府の命令によって薬学部が廃止され、大学名はブルノのヤン・エヴァンゲリスタ・プルキニェ大学に変更された[3]

1964年に教育学部が大学に再統合され、1969年に法学部が再度設立されたことで、このような状況が緩和された。しかしながら、ワルシャワ条約機構軍による1968年のチェコスロバキア侵攻に続く正常化体制英語版に伴い、状況は再び急速に変化した[3]

 
ブルノのジェロティン広場にあるマサリク大学の学長オフィス

1990年に大学名はブルノのマサリク大学へと変更され、2006年にブルノのが削除されたことで元の名称に戻った。1989年のビロード革命の後、大学の発展は新しい時代を迎え、1991年には経済経営学部、1994年には情報学部、1998年には社会学部、2002年にはスポーツ科学部が設立された[4]

2002年よりブルノ・ボフニツェ英語版に新しいキャンパスが建設中となっている。開発の最終段階は2015年に修了しなければならない[5]。キャンパスには、医学部の大部分、スポーツ科学部、理学部の一部だけでなく、CEITEC英語版やResearch Centre for Toxic Compounds in the Environment Cetocoenなどの研究施設も所在する。

2013年に大学はブルノ市と長期賃貸契約を結び、2011年に閉鎖された80年の歴史ある映画館に代わりUniversity Cinema Scalaを作った。大学の公式のセレモニー、講義、研究集会などをホスティングするなど、様々な学術的機能を備えている。

著名な卒業生編集

  • Ondřej Liška
  • Tomáš Julínek
  • František Vláčil
  • Otakar Borůvka
  • レオ・アイティンガー
  • Antonín Tučapský
  • Martin Palouš
  • Renata Laxova
  • ボフスラフ・ソボトカ
  • Petr Fiala
  • Michal Hašek
  • ペトル・ネチャス
  • Jiří Grygar
  • Miloslav Petrusek
  • ルボミール・ザオラーレク
  • Martin Potůček

その他編集

世界大学ランキング2017年)では601 - 800位[6]に位置する。同範囲に日本千葉大学東京慈恵会医科大学神戸大学早稲田大学などが順位する。

脚注編集

  1. ^ a b c Detailed Statistical Data”. Masaryk University. 2016年8月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月5日閲覧。
  2. ^ 1860年に皇帝の命で閉鎖されたオロモウツ大学は、1946年に暫定議会の立法により再開され、現在に至る。オロモウツ大学の16世紀から現在までの連続性を認めるならば、マサリク大学はチェコにおける三番目に古い総合大学であるといえる。詳細はパラツキー大学オロモウツの記事を参照。
  3. ^ a b c d e MU Brief History”. Masaryk University. 2016年1月6日閲覧。
  4. ^ a b c d MU Important Dates in the History”. Masaryk University. 2008年12月13日閲覧。
  5. ^ Podprogram 233 332 – Výstavba univerzitního kampusu MU v Brně-Bohunicích (UKB)” (チェコ語). Masaryk University. 2007年1月31日閲覧。
  6. ^ World University Rankings 2017