レゴ・パーク駅: Rego Park)とはかつて存在したロングアイランド鉄道の駅である。他の駅の大半がコンクリート造であるのに対して、この駅は木造である。この駅は1928年5月に開業し、4本の本線の線路に挟まれた2本のロッカウェイ・ビーチ支線英語版の線路の外側に島式ホーム2面を有していた。そのためロッカウェイ・ビーチ支線の列車のみがそこに停車した。After the Rockaway Trestle fire in 1950, the line was closed station by station.[訳語疑問点]その駅は1962年6月8日、ロッカウェイ・ビーチ支線が廃止される1日前に閉鎖された。現在その場所には何も残っていない。

Rego Park
Rego Pk LIRR site jeh.JPG
旧レゴパーク駅の敷地
所在地 クイーンズレゴ・パーク
63rd Drive
座標 北緯40度43分33秒 西経73度51分42秒 / 北緯40.72583度 西経73.86167度 / 40.72583; -73.86167座標: 北緯40度43分33秒 西経73度51分42秒 / 北緯40.72583度 西経73.86167度 / 40.72583; -73.86167
所有者 MTA
路線
ホーム数 島式ホーム2面
線路数 6(開業時)
4(現在)
その他
駅コード なし
運賃区画 ゾーン1
歴史
開業 1928年5月
閉鎖 1962年6月8日
改築 N/A。駅は現時点で廃止
電化 1905年
サービス
なし
前の駅   MTA NYC logo.svg ロングアイランド鉄道   次の駅
グランド・ストリート駅 本線
(現在または過去の所在地)
フォレスト・ヒルズ駅
前の駅   MTA NYC logo.svg ロングアイランド鉄道   次の駅
終点
ロッカウェイ・ビーチ支線
テンプレートを表示

マタウォック駅編集

ホワイトポット・ジャンクション付近にかつて存在した2駅はマタウォック (Matawok) と名付けられており、本線とロッカウェイ・ビーチ支線の両方にあった。両駅はthe neighborhood surrounding the junction known at the time as "Forest Hills West"[訳語疑問点]を建設した、マタウォック・ランド・カンパニー (Matawok Land Company) の名をとってつけられた。

マタウォック駅 (ロッカウェイ・ビーチ線)編集

The first station to be given the name Matawok, near the junction at Rego Park was located along the Rockaway Beach Branch at Fleet Street on the northeast corner of a bridge over the street.[訳語疑問点]それは1910年と1913年の間に開業したが、その駅についてのLIRRの記録はit's existence dating back to 1908 and into 1915[訳語疑問点]を示している。いくつかの地図はその駅が最近のものでは1922年に存在していたことを示している[1]

マタウォック駅 (本線)編集

その他のマタウォック駅は本線のうち、east of Whitepot Junction at 66th Avenue[訳語疑問点]にあった。それは1922年9月10日に建設され、4本の線路に沿う2面のプラットホームと、本線だけでなくアルダートン・ストリートの東側の64番道路 (64th Road) から通じるロッカウェイ・ビーチ支線も越える歩道橋を有していた。その駅は1925年5月21日に閉鎖されたが、その駅の遺構は数十年間残っている[2]


関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集