マチェーヒン事件

マチェーヒン事件(マチェーヒンじけん)とは、ソビエト連邦によるスパイ事件[1]ノーボスチ通信社東京支局特派員のアレクサンドル・E・マチェーヒンが在日アメリカ軍下士官を買収して軍事機密情報を入手しようとしていた諜報事件である[1]

概要編集

表面上はジャーナリストではあるものの実際はソ連情報機関員とみられるアレクサンドル・マチェーヒンは、1975年昭和50年)5月、航空母艦ミッドウェイ乗組員の一等兵曹に言葉巧みに接近した[1]。一等兵曹とは家族ぐるみの交際に発展したことで、彼をエージェントとして獲得する工作には拍車がかかった[1]。以降、東京都内の百貨店レストラン横浜市内のホテルなどで、十数回にわたる接触がなされた[1]。一等兵曹の獲得に自信を強めたマチェーヒンは、ミッドウェイ級空母の艦載機の電子装置やレーダー装置などに関する機密文書や暗号表の入手を彼に求め、それに対して見返りの支払いにも用意があることを言い添えた[1]

警視庁は、1976年(昭和51年)5月12日、アレクサンドル・マチェーヒンを逮捕し、14日には刑事特別法違反で再逮捕した[1][注釈 1]5月22日、マチェーヒンは、起訴猶予処分となり、翌23日、急遽ソビエト連邦に帰国した[1]。 

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ アメリカ軍の機密を侵す罪の未遂が刑事特別法違反にあたる。

出典編集

参考文献 編集

関連文献編集

  • 外事事件研究会 『戦後の外事事件―スパイ・拉致・不正輸出』東京法令出版、2007年10月。ISBN 978-4809011474 

外部リンク編集