メインメニューを開く

マッキ M.33

マッキ M.33

マッキ M.33

マッキ M.33(Macchi M.33)は、シュナイダー・トロフィー・レース専用機として1925年に製作された飛行艇である。

マッキ M.33

目次

開発経緯編集

マッキ M.33は肩翼単葉の単座飛行艇で、当時としては空気力学的に洗練された飛行艇であった。片持ちの主翼は薄翼で翼端に補助フロートが装着されている。イタリアには競争力のあるエンジンはなかったので、1923年のレースで使われた507馬力のアメリカ製カーチス D-12 エンジンが流線型のナセルで覆われ、支柱で機体の上部に装着された。ラジエーターは平板型で、近代的な表面ラジエーターに比べて時代遅れとなっていた。エンジンは疲労しており出力不足であり故障も多く、主翼のフラッターに悩まされた。

レース結果編集

1925年アメリカ合衆国メリーランド州ボルチモアで開催されたシュナイダー・トロフィー・レースに2機のM.33が参加した。リッカルド・モルセッリ(Riccardo Morselli)の搭乗する1機はエンジン点火系のトラブルでリタイアしたが、ジョバンニ・デ・ブリガンティ(Giovanni de Briganti)のM.33はエンジンをフルスロットルにできず、7周のレースの2周目でコースをミスしたが、平均速度271km/hで3位に入賞した。1位は平均速度374km/hのジミー・ドーリットルの操縦するカーチス R3C-2であり、2位はヒューバート・ブロード(Hubert Broad)のグロスター IIIAの平均速度321km/hであった。

マッキ M.33はシュナイダー・トロフィー・レースに参加した最後の飛行艇となった。その後のマッキはカーチスを真似て水上機スタイルの機体で、シュナイダー・トロフィー・レースのエントリーを狙う事となる。

スペック編集

  • 全長:8.29m
  • 全幅:9.74m
  • 出力:507HP
  • 最大速度:320km/h

登場作品編集

映画編集

紅の豚
主人公、ポルコ・ロッソの愛機として登場するサボイアS.21は、実機のサボイア S.21ではなく本機をモデルにしている。この作品でポルコのライバルが搭乗するカーチスR3C-0非公然水上戦闘機は、シュナイダー・トロフィー・レースでマッキ M.33を破って優勝した機体であるカーチス R3C-2がモデルである。

アニメ、漫画編集

紫電改のマキ
子金井ダビンチ高等専門学校の吉川三姉妹の次女、吉川 二美(よしかわ ふたみ)の搭乗機がマッキ M.33である。

参考編集

関連項目編集