メインメニューを開く

マドンナ・ヴェルデ』は、海堂尊長編小説。『小説新潮』に2009年9月号から2010年2月号にかけて連載され、2010年3月17日新潮社から刊行された。同じく新潮社から刊行された『ジーン・ワルツ』の続編。

マドンナ・ヴェルデ
著者 海堂尊
発行日 2010年3月19日
発行元 新潮社
ジャンル 長編小説
医療小説
ミステリー小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製本
ページ数 282
前作ジーン・ワルツ
公式サイト www.shinchosha.co.jp
コード ISBN 978-4-10-306572-2
ISBN 978-4-10-133312-0文庫判
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

本書と『ジーン・ワルツ』を原作として、『マドンナ・ヴェルデ〜娘のために産むこと〜』のタイトルで2011年にテレビドラマ化された。

目次

概要編集

本作では『ジーン・ワルツ』の裏で起きた描き明かされなかった出来事の部分を補足した、いわば『ジーン・ワルツ』の裏編となっている。代理母出産で娘の子供を産むことになった主婦のストーリーが展開される。

2009年9月号から2010年2月号に掛けて『小説新潮』で連載され、2010年3月に単行本化。2013年3月に文庫化。

ストーリー編集

桜宮市に住む主婦の山咲みどりは平凡な生活を送っていたが、ある日、東京の帝華大学に産科医として勤める娘の理恵が帰省し、理恵は子宮に奇形が出来てしまい出産できない体になった事を告げると共に、みどりに自分の子供を代わりに産んでほしいと頼んでくる。

戸惑いながらも愛する娘のためにその提案を引き受けるみどりだったが、代理母出産は日本の法律で認められておらず、お腹の子供の母親は法の下では産んだ当人であるみどりと定められていた。

やがて人工授精によりみどりは2人の子供を宿すことになったが、理恵はみどりも予想しなかった信じられない行動を取る。さらに理恵はこの代理母出産で、倫理に反するある禁忌を行っていた。それを知ったみどりは子供の未来を守るため、理恵と戦う決意をする。

登場人物編集

山咲みどり
桜宮市のマンション「メゾン・ド・マドンナ」に住む55歳の主婦。文房具屋の卸問屋の一人娘として育ち、東城大学理論物理学科助手であった夫の貴之を若くして亡くし、その後は夫の職場で秘書として働いていた。
曾根崎理恵
帝華大学医学部産婦人科学教室の産婦人科医でマリアクリニックの非常勤医師。東城大学医学部出身。理知的でドライに物事を割り切る冷静さから、「クール・ウィッチ(冷徹な魔女)」の異名を持ち、母親ですらも時折距離感を抱いている。
曾根崎伸一郎
理恵の夫で世界的なゲーム理論の権威者。聡明だが物事を論理的に解釈して物事を語る一種の変人。みどりの上司だった曾根崎峰男教授の息子で、理恵とは学生の頃に結婚した。現在は渡米してマサチューセッツ工科大学に在籍しており、みどりとは代理母出産を通じて手紙のやり取りをしている。
清川吾郎
帝華大学医学部産婦人科学教室准教授。幾多の女性と浮名を流すプレイボーイであるため、人柄の評価は低いが、技量の高さは一目置かれているため医師としての評価は高い。理恵とは男女の仲になったことがある。
三枝茉莉亜
マリアクリニックの院長。末期の肺癌で病床に臥しており、余命も幾許も無い。
妙高みすず
マリアクリニックの助産師
青井ユミ
マリアクリニックに通う妊婦で、ギャル風の格好をした20歳の女性。子供の父親に逃げられたため、子供を煩わしく思い中絶を考えている。ひょんなことからみどりと親しくなり、交流を深めるようになる。
丸山
みどりが参加する句会、「あらたま」の主宰者。

書誌情報編集

テレビドラマ編集

マドンナ・ヴェルデ
〜娘のために産むこと〜
ジャンル テレビドラマ
原作 海堂尊
『マドンナ・ヴェルデ』
ジーン・ワルツ
脚本 宮村優子
演出 本木一博
富沢正幸
出演者 松坂慶子
国仲涼子
片桐仁
南明奈
柴田理恵
相田翔子
勝村政信
本田博太郎
藤村志保
長塚京三
エンディング リベラ『生命(いのち)の奇跡』
製作総指揮 佐野元彦
田村文孝
制作 NHK
放送
音声形式 アナログ-ステレオ放送
デジタル-ステレオ2解説放送[注 1]
放送国・地域   日本
放送期間 2011年4月19日[注 2] - 5月24日
放送時間 火曜22:00 - 22:48
放送枠 ドラマ10
放送分 48分
回数 6
公式サイト

マドンナ・ヴェルデ〜娘のために産むこと〜』のタイトルで、NHK総合ドラマ10」枠で2011年4月19日[注 2]から5月24日まで連続ドラマとして放送。連続6回。キャッチコピーは「お母さん、私の子どもを産んでくれない?」。

2012年4月2日より6回、月曜日(午前10時台と深夜12時台後半)の「ドラマ10」再放送枠[注 3]でアンコール放送された。

基本的には原作の流れ通りストーリーは進むものの、設定や展開の一部などで原作と違いがあり、特に結末は大幅に変更されている。なお、第3回の句会のシーンにて、原作者である海堂尊が句会の参加者役でカメオ出演(台詞あり)している。

出演編集

スタッフ編集

放送日程編集

各回 放送日 サブタイトル 演出 視聴率
第1回 4月19日 希望の卵 本木一博 07.3%
第2回 4月26日 55歳の妊婦 08.2%
第3回 5月03日 命の光 富沢正幸 07.2%
第4回 5月10日 あなたには渡さない 06.3%
第5回 5月17日 聖母の戦い 09.0%
最終回 5月24日 未来の子どもたち 本木一博 10.1%
平均視聴率 8.0% 視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

関連商品編集

全話収録のDVD-BOXが2011年9月21日に発売される。

CD

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 本作品よりドラマ10においても解説放送(デジタルのみ)を開始。
  2. ^ a b 当初は4月12日開始予定だったが、3月11日東北地方太平洋沖地震東日本大震災)及び東京電力福島第一原子力発電所での事故発生に伴う非常時特別報道体制が敷かれていた為、中止。1週遅れとなる。
  3. ^ この期間中、火曜日の本放送(22時台)の時間帯は『開拓者たち』を放送していた。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集


NHK ドラマ10
前番組 番組名 次番組
四十九日のレシピ
(2011.2.15 - 2011.3.8)
マドンナ・ヴェルデ
〜娘のために産むこと〜
(2011.4.19 - 2011.5.24)
下流の宴
(2011.5.31 - 2011.7.19)
NHK ドラマ10月曜再放送
マドンナ・ヴェルデ
〜娘のために産むこと〜
(2012.4.2-5.14)
はつ恋
(2012.5-7)