マリア・マッキー

マリア・マッキーMaria McKee1964年8月17日 - )は、アメリカ合衆国の女性ボーカリストシンガーソングライターカリフォルニア州ロサンゼルス出身。

マリア・マッキー
Maria McKee
Maria McKee by Jim Akin.jpg
基本情報
出生名 Maria Luisa McKee
生誕 (1964-08-17) 1964年8月17日(57歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロサンゼルス
ジャンル ポップ・ロックオルタナティヴ・ロック、オルタナティヴ・カントリー、ロカビリー (初期)
職業 シンガーソングライター
活動期間 1982年 -
レーベル ゲフィン・レコード、Viewfinder/Little Diva、Eleven Thirty、Cooking Vinyl
公式サイト mariamckee.org
マリア・マッキー(2007年)

略歴編集

演奏ジャンルは多岐にわたるが、主としてフォークカントリー・ロック、カウ・パンク、オルタナティヴ・カントリーなどに分類される。熱唱型の激しいステージ・パフォーマンスと強い孤独感を伴う澄んだ声の静寂との対比が最大の魅力にして特徴といえる。

創立して間もないデヴィッド・ゲフィンゲフィン・レコードと契約し、1985年にバンド、ローン・ジャスティスLone Justice)のボーカルとしてデビューする(ローン・ジャスティスでのデビュー前年、映画『ストリート・オブ・ファイヤー』(1984年)のサウンドトラック盤にソロ作品「ネヴァー・ビー・ユー」が収録されている)。ローン・ジャスティスはデビューに際してボブ・ディランドン・ヘンリーなど数々の著名ミュージシャンから高い評価を受ける。またディランからは曲提供の申し出(シングルC/W「Go Away Little Boy」)も受けるなど前途洋洋と観測されていた。しかしレコード会社スタッフのビジネス上の思惑との齟齬などもあり、大幅なメンバー・チェンジの梃入れがなされる(事実上、“マリア・マッキーとそのバックバンド”になる)ものの、大きなヒットもなく、バンドでの活動は不調に終わる。

1987年のバンド解散以後は、ソロ・シンガーとなった。ソロでのデビューは1989年、ミッチェル・フルームのプロデュースによるセルフ・タイトル・アルバム。収録曲の「Breathe」は英米でヘヴィ・ローテーションされ、イギリスでチャートイン、スマッシュ・ヒットとなるがアメリカ本国ではまったく振るわなかった。以後、2014年現在までに6枚のスタジオ・アルバム、2枚のライブ・アルバムを発表している。作曲者としては1985年11月、元アンダー・トーンズ (The Undertones)のフィアガル・シャーキー(Feargal Sharkey)に提供した「夢の恋人 (A Good Heart)」が、自身では1990年9月~10月、映画『デイズ・オブ・サンダー』の挿入歌「ショー・ミー・ヘヴン (Show Me Heaven)」が、それぞれ全英No.1になっている。

1994年、1996年には後期ローン・ジャスティスのメンバーであったブルース・ブロディを含むバンド編成で、2013年にはサポート・ミュージシャン1名を伴うソロで、計三度の来日公演を行っている。

2002年、ケイジャン・ミュージックカバー集『Evangeline Made: A Tribute to Cajun Music』に参加。この時知り合った、写真家でミュージシャンのジム・エイキン (Jim Akin)と結婚する。翌年、自主レーベルのViewfinder Recordsから発表した4thアルバム『High Dive』のクレジットは、プロデュース、全曲の作曲とアレンジがエイキンとの連名になっており、以後の作品はすべてこの自主レーベルからリリースされている。

2012年8月、映画『After the Triumph of Your Birth』を夫ジムと共同製作、出演する。また、バンド「The Shootist feat. Maria McKee」として映画音楽も担当し、久々の作品リリースを果たした。

異母兄の故ブライアン・マクリーン (Bryan MacLean 1947年-1998年)は、1960年代のサイケデリック・ロックのアルバム『フォーエヴァー・チェンジズ (Forever Changes)』で知られるバンド、ラヴ (Love)の主要メンバーで、音楽の世界に足を踏み入れたことや自身の作品の傾向についても、この兄からの影響の大きさが見られる。

2020年3月に13年ぶり通算7作目の新作スタジオ・アルバムがリリースされる。

ディスコグラフィ編集

ソロ編集

スタジオ・アルバム
  • 『マリア・マッキー』 - Maria McKee (1989年)
  • 『永遠の罪』 - You Gotta Sin to Get Saved (1993年)
  • 『ライフ・イズ・スウィート』 - Life Is Sweet (1996年)
  • High Dive (2003年)
  • Peddlin' Dreams (2005年)
  • Late December (2007年)
  • La Vita Nuova (2020年)
ライブ・アルバム
  • Live in Hamburg (2004年)
  • Live - Acoustic Tour 2006 (2006年)
  • Live at the BBC (2008年)
コンピレーション・アルバム
  • Ultimate Collection (2000年)
  • The Best of Maria McKee (2003年)
  • No One Was Kinder (2005年) ※Bryan MacLean and Maria McKee名義
サウンドトラック・アルバム
  • After the Triumph of Your Birth (2012年)
  • The Ocean of Helena Lee (2015年)

ローン・ジャスティス編集

スタジオ・アルバム
  • 『ローン・ジャスティス』 - Lone Justice (1985年)
  • 『シェルター』 - Shelter (1986年)
ライブ・アルバム
  • Lone Justice Live (1987年) ※ビデオ作品
  • 『ライヴ・イン・コンサート』 - BBC Radio 1 Live in Concert (1993年)
  • Live In Boston 1985 (2014年)
  • Live At The Palomino, 1983 (2019年)
コンピレーション・アルバム
  • 『ベスト・オブ・ローン・ジャスティス』 - This World Is Not My Home (1998年)
  • The Best of Lone Justice (2003年)
  • THIS IS Lone Justice: The Vaught Tapes, 1983 (2014年)
  • The Western Tapes, 1983 (2018年)

外部リンク編集