マルヌ川 (オーストラリア)

マルヌ川(マルヌがわ、Marne River)は、オーストラリア南部のロフティ山脈東部を流れるであり、マレー川の支流である。1917年までは、南ライン川と呼ばれていたが、第一次世界大戦中の反ドイツ運動により現在の名前に変えられた。この名前は、第一次世界大戦でフランスドイツに勝利したマルヌ会戦の戦場であるフランスのマルヌ川にちなんで付けられている。

マルヌ川の源流はエデン・バレースプリングトンの周辺にあり、カンブレーを経てマレー川合流する。

脚注編集

[脚注の使い方]