マーカス・キャンビー

マーカス・キャンビーMarcus D. Camby, 1974年3月22日 - )はアメリカ合衆国の元バスケットボール選手。コネティカット州ハートフォード出身。身長211cm、体重107kg。ポジションは主にセンター。2007年に最優秀守備選手を受賞。

マーカス・キャンビー
Marcus Camby
Marcus Camby 2008.jpg
現役時代のキャンビー (2008年)
引退
ポジション(現役時) C/PF
背番号(現役時) 23, 21
身長(現役時) 211cm (6 ft 11 in)
体重(現役時) 107kg (236 lb)
基本情報
本名 Marcus D. Camby
ラテン文字 Marcus Camby
誕生日 (1974-03-22) 1974年3月22日(43歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 コネチカット州ハートフォード
出身 マサチューセッツ大学
ドラフト 1996年 2位 
選手経歴
1996–1998
1998-2002
2002-2008
2008-2010
2010-2012
2012
2012-2013
トロント・ラプターズ
ニューヨーク・ニックス
デンバー・ナゲッツ
ロサンゼルス・クリッパーズ
ポートランド・トレイルブレイザーズ
ヒューストン・ロケッツ
ニューヨーク・ニックス
受賞歴

目次

経歴編集

地元の高校を卒業後、マサチューセッツ大学に進学。3年生の時に平均得点20.5、平均リバウンド8.2を記録し、ネイスミス賞やウッデン賞を受賞した。

大学3年を終えた時点でアーリーエントリーを宣言。史上最高のドラフト年とも言われる1996年のNBAドラフト(他選手にはアレン・アイバーソンコービー・ブライアントなど)で、トロント・ラプターズから全体で2位の指名を受けNBA入り。ルーキーシーズンに14.8得点6.3リバウンド2.6ブロックの好成績を残し、オールルーキー1STチームに選出された。

2シーズンラプターズでプレーした後に、ニューヨーク・ニックスにトレードされる。ニックスは8位でプレイオフに出場するが、パトリック・ユーイングアラン・ヒューストンラリー・ジョンソンラトレル・スプリーウェルの活躍でNBAファイナルまで進出する。ファイナル前に中心選手のユーイングが怪我をしてしまい、インサイドをキャンビーに頼る苦しい状況になる。キャンビーはガッツ溢れるプレーで奮闘するものの、サンアントニオ・スパーズツインタワーと呼ばれてインサイドが強く敗退してしまう。最初の2シーズンはベンチ出場だったが、3年目の00-01シーズンにスターターに昇格。12.0得点11.5リバウンドの成績を残す。

しかし翌シーズンは怪我の影響でシーズンの大半を欠場。シーズン終了後にデンバー・ナゲッツに移籍。ところがここでもまた怪我でシーズンの大半を欠場する。

コンディションを整えて望んだ03-04シーズン、ナゲッツは96年ドラフトに引けを取らないタレントの揃う03年ドラフト生の中から、大学時代全米優勝を果たした新進スターのカーメロ・アンソニーを獲得。チームは久々のプレーオフに進出する。

オフに突入したナゲッツはフロントコートの補強にニュージャージー・ネッツのスターケニオン・マーティンを獲得。キャンビーとのインサイドコンビに期待がかかった。05-06シーズン序盤苦戦を強いられたものの、ヘッドコーチの交代によりプレーオフに滑り込む。

06-07シーズンは、これまで怪我による欠場が多かったキャンビーはシーズンで70試合とまずまずの試合数をこなした。一試合平均3.3ブロックはリーグ1位、11.7リバウンドはリーグ5位でキャリア初の最優秀守備選手賞を獲得、オールディフェンシブ1stチームにも選出された。

翌07-08シーズン、キャンビーは一試合平均3.6で、3年連続4度目のブロック王となった。最優秀守備選手賞の投票では2位となったが、オールディフェンシブ1stチームには再び選出。リーグを代表するディフェンスプレーヤーとなった。

2008年オフ、キャンビーは膨らみすぎたナゲッツのサラリーの清算という理由で、ほぼ無償でロサンゼルス・クリッパーズへ移籍することとなった[1]。これまで守備が課題のナゲッツにおいてただ一人ディフェンスに注力してきた彼は、少なからず落胆した様子であった。

契約最終年の2010年途中、本人はロサンゼルス・クリッパーズに残ることを望んでいたが、グレッグ・オデンジョエル・プリジビラが怪我で今季絶望に追い込まれ、インサイドの補強を強く希望していたポートランド・トレイルブレイザーズスティーブ・ブレイクトラビス・アウトローとの交換でキャンビーは移籍することとなった[2]

2012年3月15日、トレードでヒューストン・ロケッツへ加入。

2012年7月11日、トレードで古巣のニューヨーク・ニックスへ移籍した。ロケッツはトニー・ダグラスジョシュ・ハレルソンジェローム・ジョーダンの3選手と2つのドラフト2巡目指名権を得る。

プレースタイル編集

キャンビーはオフェンスよりもディフェンスで活躍するタイプのプレーヤーであり、元NBA選手のディケンベ・ムトンボと似たプレースタイルと言われている。特にリバウンドブロックでは、長い腕を生かして毎シーズン上位にランクインしており、チームの守護神である。また最優秀守備選手賞獲得時のインタビューで、「オールスターにも出ていないのに受賞するなんて皮肉だね」と語った。オールスターは守備型の選手は選出されにくいのである。オフェンス面では得点力は高いとは言えないものの、ペイントエリア内はもとよりミドルレンジからでも独特のを担ぐようなシュートホームで得点を挙げることができる。また意外な器用さも持ち合わせており、時にはディフェンスリバウンドから敵陣まで自らドリブルし、トリッキーなパスを繰り出して得点チャンスを演出しては観客を喜ばせることもある。

このように多彩な才能に恵まれているキャンビーだが、怪我による欠場が多いという点が彼への評価を下げてしまっている。しかし、近年では怪我への耐性も高まっており長期の故障離脱は少なくなった。

その他編集

  • 1997年マリファナ所持により逮捕され[3]、16時間の奉仕活動を課せられた。
  • 2001年のプレイオフ期間中、実家に強盗が押し入り、キャンビーの母親と二人の妹が監禁され、妹は暴行を受けた。犯人はキャンビーと話をすることを要求し、キャンビーは実家に赴いたものの会話をするには至らなかった。犯人は事件発生から9時間後に逮捕された[4]
  • キャンビーは右肩から右腕にかけて漢字で大きく「勉族」とタトゥーを入れている[5]。「勉」は勤勉、「族」は家族を意味するとのことである。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Clippers Acquire Marcus Camby”. nba.com (2008年7月15日). 2012年3月20日閲覧。
  2. ^ Clippers get two players for Camby”. ESPN (2010年2月17日). 2012年3月20日閲覧。
  3. ^ NBA Player Arrested On Drug Charge”. click2houston.com (2011年10月10日). 2012年3月20日閲覧。
  4. ^ Mother and Sisters of Knicks Star Held Hostage for Hours”. ニューヨーク・タイムズ (2001年4月24日). 2012年3月20日閲覧。
  5. ^ NBA Body Art Tale of My (Chinese) Tattoo”. スポーツ・イラストレイテッド (2006年3月6日). 2012年3月20日閲覧。

外部リンク編集