メインメニューを開く

パトリック・アロイシャス・ユーイングPatrick Aloysius Ewing, 1962年8月5日 - )はジャマイカキングストン出身の元バスケットボール選手。NBAニューヨーク・ニックスなどで活躍した。ポジションはセンター

パトリック・ユーイング
Patrick Ewing
Patrick Ewing Magic cropped.jpg
2008年のユーイング
ジョージタウン大学 HC
役職 ヘッドコーチ
殿堂 バスケットボール殿堂
永久欠番 ニックス  33 
ポジション(現役時) C
背番号(現役時) 33(永久欠番), 6
身長(現役時) 213cm (7 ft 0 in)
体重(現役時) 115kg (254 lb)
基本情報
本名 Patrick Aloysius Ewing
愛称 キングコング
ラテン文字 Patrick Ewing
誕生日 (1962-08-05) 1962年8月5日(57歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジャマイカの旗 ジャマイカ サリー郡キングストン
出身 ジョージタウン大学
ドラフト 1985年 1位 
選手経歴
1985-2000
2000-2001
2001-2002
ニューヨーク・ニックス
シアトル・スーパーソニックス
オーランド・マジック
指導者経歴
2002-2003
2003-2006
2007-2012
2013-2017
2017-
ワシントン・ウィザーズ (AC)
ヒューストン・ロケッツ (AC)
オーランド・マジック (AC)
シャーロット・ボブキャッツ/ホーネッツ (AC)
ジョージタウン大学
受賞歴
代表歴
キャップ アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 1984, 1992

リーグを代表するセンタープレイヤーの一人として現役時代を過ごした。1984年1992年オリンピック金メダリスト。1996年にはNBA50周年を記念した「50人の偉大な選手」に選ばれるなど、歴史に名を残す名選手と考えられているが、所属チームの優勝経験がないまま2002年に引退した。2008年に殿堂入り。

大学時代まで編集

ジャマイカのキングストンに生まれ、12歳のときに家族とともに米国マサチューセッツ州ケンブリッジに移る。本人はその頃アメリカでの生活になかなか馴染めなかったと述懐している。

少年時代から長身であり、中学時代にバスケットボールを始めている。高校時代には名の知れた選手になっており、様々な大学から勧誘を受けジョージタウン大学進学を決意する。

ジョン・トンプソン監督が率いるチームでユーイングは華々しい活躍を見せ、特にディフェンスでの評価が高かった。ジョージタウン大は1983年から3年連続でNCAAの準決勝に進み、1984年にはアキーム・オラジュワンを擁するヒューストン大学を破り優勝し、ユーイングはトーナメントの最優秀選手に選ばれた。1985年にはネイスミス賞を受賞。

大学界で最も優秀な選手の一人だったユーイングは、1984年ロサンゼルスオリンピックにアメリカ代表として出場(この頃にはアメリカに帰化していた)、金メダルを獲得した。

現役時代編集

キャリア初期編集

1985年に教養の学位(Bachelor of Arts)を取り大学を卒業、ドラフト全体1位でニューヨーク・ニックスに指名された。以後キャリアのほとんどをニックスで過ごす。

最初のシーズンは怪我で50試合の出場にとどまったものの平均20得点、9リバウンドをあげルーキー・オブ・ザ・イヤー(新人王)を受賞。以後シーズンごとに少しずつ成績を伸ばしていき、1988年からはオールNBAセカンドチーム、平均28.6得点、10.9リバウンドをあげた1990年にはオールNBAファーストチームに選出された。

チームは1987年に就任したリック・ピティーノのもと勝ち星を増やしていったが、ようやく出場した1988年のプレイオフでは1回戦でボストン・セルティックスに1勝3敗で敗退、翌シーズンはシカゴ・ブルズに2勝4敗で敗れている。

続く2シーズンはチーム成績が振るわなかったが、この時期を前後してニックスは1990年代にチームの中核となる選手を獲得している。1987年にはドラフトでポイントガードマーク・ジャクソンを指名、1988年には屈強なディフェンダーのチャールズ・オークレーを獲得し、1990年には起爆剤的なムードメーカージョン・スタークスCBAから拾い上げている。

キャリア中期編集

 
1995年頃のユーイング

そして1991年にはパット・ライリーが監督に就任。これを機に、ニックスは次第にリーグを代表する強豪に成長していくことになる。1980年代ロサンゼルス・レイカーズの華やかな「ショータイム」を演出したライリーは、ニックスを全く正反対の志向を持つチームに育て上げる。ライリーのニックスは、地味で時には激しいディフェンスで他チームを苦しめた。

しかしプレイオフではマイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズを追い詰めるものの倒すには至らず、3年連続でブルズに敗れている。

ジョーダンが引退した1994年のプレイオフでは、ユーイングとニックスにようやくチャンスが訪れる。カンファレンス・セミファイナルではスコッティ・ピッペン率いるブルズを第7戦で下し、続くカンファレンス・ファイナルではレジー・ミラーリック・スミッツらに苦しめられながらもインディアナ・ペイサーズを7戦で退ける。

ニックスは約20年ぶりにNBAファイナルに進出、1973年以来の優勝を狙うこととなった。対戦相手はヒューストン・ロケッツで、チームのエースは大学時代のライバルアキーム・オラジュワンだった。シリーズは両チームとも100点を超えることのないディフェンシブな展開となり、最終の第7戦までもつれ込んだ。スタークスの乱調もあってニックスは最終戦を落とし、ユーイングは生涯最大のチャンスを逃してしまう。

1994-95シーズンのプレイオフ、ニックスはカンファレンス・セミファイナルでインディアナ・ペイサーズに敗れ、優勝への道を閉ざされる。このシーズンが終わると、ライリー監督はチームを去った。

続く1995-96シーズンよりニックスはジェフ・ヴァン・ガンディー監督の時代に入る。その後数シーズンの間ユーイングはリーグを代表する選手であり続け、チームも何度かカンファレンス・セミファイナルまで到達するものの、優勝を伺うには至らなかった。

キャリア末期編集

1990年代末期に近づくと、30代後半に入っていたユーイングは徐々に衰えを見せ始め、怪我も多くなっていく。チームは新たに加わったアラン・ヒューストンマーカス・キャンビーラトレル・スプリーウェルなど走力のある選手が中核を占めるようになった。

ロックアウトで短縮された1998-99シーズン、ニックスはカンファレンス8位で辛うじてプレイオフ進出を果たす。ところが、ラトレル・スプリーウェルらが奮起し、大方の予想に反してトーナメントを勝ち進み、ニックスは再びNBAファイナルに進出する。しかしこの時2度目のチャンスを迎えたはずのユーイングは足首の負傷により戦列を離れていた。

このプレイオフの期間中、マスコミはユーイングに対して批判を行うようになっていた。ユーイングがいない時の方がチームは走るゲームを展開できるようになり、それがプレイオフを勝ち上がった要因というものだった。NBAファイナルはティム・ダンカンが頭角を現してきたサンアントニオ・スパーズがニックスを4勝1敗で下し、優勝を決めた。

怪我と年齢により個人成績が下がっていたユーイングを、ニックスは2000年についにトレードに出した。シアトル・スーパーソニックスでは1試合平均26分、翌シーズンのオーランド・マジックでは平均13分出場。マジックでのシーズン終了後、ユーイングは引退し16年の選手生活を終えた。

個人成績編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック   TO  平均ターンオーバー  PPG  平均得点
 太字  キャリアハイ    リーグリーダー    優勝シーズン   
* リーグリーダー

レギュラーシーズン編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
1985–86 NYK 50 50 35.4 .474 .000 .739 9.0 2.0 1.1 2.1 20.0
1986–87 63 63 35.0 .503 .000 .713 8.8 1.7 1.4 2.3 21.5
1987–88 82 82 31.0 .555 .000 .716 8.2 1.5 1.3 3.0 23.2
1988–89 80 80 36.2 .567 .000 .746 9.3 2.4 1.5 3.5 22.7
1989–90 82 82 38.6 .551 .250 .775 10.9 2.2 1.0 4.0 28.6
1990–91 81 81 38.3 .514 .000 .745 11.2 3.0 1.0 3.2 26.6
1991–92 82 82 38.4 .522 .167 .738 11.2 1.9 1.1 3.0 24.0
1992–93 81 81 37.1 .503 .143 .719 12.1 1.9 0.9 2.0 24.2
1993–94 79 79 37.6 .496 .286 .765 11.2 2.3 1.1 2.7 24.5
1994–95 79 79 37.0 .503 .286 .750 11.0 2.7 0.9 2.0 23.9
1995–96 76 76 36.6 .466 .143 .761 10.6 2.1 0.9 2.4 22.5
1996–97 78 78 37.0 .488 .222 .754 10.7 2.0 0.9 2.4 22.4
1997–98 26 26 32.6 .504 .000 .720 10.2 1.1 0.6 2.2 20.8
1998–99 38 38 34.2 .435 .000 .706 9.9 1.1 0.8 2.6 17.3
1999–2000 62 62 32.8 .435 .000 .731 9.7 0.9 0.6 1.4 15.0
2000–01 SEA 79 79 26.7 .430 .000 .685 7.4 1.2 0.7 1.2 9.6
2001–02 ORL 65 4 13.9 .444 .000 .701 4.0 0.5 0.3 0.7 6.0
Career 1,183 1,122 34.3 .504 .152 .740 9.8 1.9 1.0 2.5 21.0
All-Star 9 3 17.8 .537 .000 .692 6.7 0.8 1.2 1.8 11.8

プレーオフ編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
1988 ニューヨーク・ニックス 4 4 38.3 .491 .000 .864 12.8 2.5 1.5 3.3* 18.8
1989 9 9 37.8 .486 .750 10.0 2.2 1.0 2.0 19.9
1990 10 10 39.5 .521 .500 .820 10.5 3.1 1.3 2.0 29.4
1991 3 3 36.7 .400 .778 10.0 2.0 0.3 1.7 16.7
1992 12 12 40.2 .456 .000 .740 11.1 2.3 0.6 2.6 22.7
1993 15 15 40.3 .512 1.000 .638 10.9 2.4 1.1 2.1 25.5
1994 25 25 41.3 .437 .364 .740 11.7 2.6 1.3 3.0 21.9
1995 11 11 36.3 .513 .333 .686 9.6 2.5 0.5 2.3 19.0
1996 8 8 41.0 .474 .500 .651 10.6 1.9 0.1 3.1* 21.5
1997 9 9 39.7 .527 .000 .643 10.6 1.9 0.3 2.4 22.6
1998 4 4 33.0 .357 .593 8.0 1.3 0.8 1.3 14.0
1999 11 11 31.5 .430 .593 8.7 0.5 0.6 0.7 13.1
2000 14 14 32.9 .418 .697 9.5 0.4 1.1 1.4 14.6
2002 オーランド・マジック 4 0 16.8 .320 .000 .588 5.5 1.0 0.3 1.0 6.5
Career 139 135 37.5 .469 .348 .718 10.3 2.0 0.9 2.2 20.2

Career highs編集

Stat High Team Opponent Date
Points 51 New York Knicks vs. Boston Celtics 1990
Field Goals Made 22 New York Knicks vs. Charlotte Hornets 1990年12月1日
Field Goals Attempted 37 New York Knicks at San Antonio Spurs 1991年3月26日
Three Point Field Goals Made 1 New York Knicks N/A 19 times
Three Point Field Goals Attempted 3 New York Knicks N/A 2 times
Free throws Made 18 New York Knicks vs. Indiana Pacers 1991年1月10日
Free throw Attempts 23 New York Knicks N/A 2 times
Offensive Rebounds 11 New York Knicks vs. Milwaukee Bucks 1996年2月20日
Defensive Rebounds 22 New York Knicks vs. Miami Heat 1992年12月19日
Total Rebounds 26 New York Knicks vs. Miami Heat 1992年12月19日
Assists 11 New York Knicks vs. Charlotte Hornets 1996年4月19日
Steals 5 New York Knicks N/A 4 times
Blocks 9 New York Knicks N/A 3 times
Minutes played 54 New York Knicks at Atlanta Hawks 1991年12月7日

1993年に、彼は789の守備的なリバウンドでNBAをリードしました。彼はフィールドゴールのパーセンテージで8回、ゲームあたりのリバウンドでもトップ10、そして合計でのリバウンドで8回、ポイントでのトップ10、そしてゲームあたりのポイントでの8回、そして13年間でブロックの中でトップ10でした。

1999年に、Ewingは22,000ポイントおよび10,000の反動を記録するためにNBAの歴史の10番目のプレーヤーになりました。

プレイスタイルと業績編集

大学時代のユーイングはディフェンスが優れた選手として知られていた。プロ入りすると、ユーイングは得点でも優れた面を見せるようになった。ゴール下に強いだけでなく、ユーイングはジャンプショットがうまい選手でもあり、中距離からのシュートは高確率で沈めた。そして、長身選手にしてはフリースローも上手で、オラジュワンやロビンソンなど同年代を活躍したビッグマン達と共に優秀なスコアラーの一人であった。

また、ユーイングはニューヨーク・ニックスが久しぶりに得たスーパースター級の選手だった。ニックスを1970年代初期以来のNBAファイナル進出に導いたのみならず、得点、リバウンド、スティールブロックなどでニックス歴代最高の記録を持っている。ニックス在籍時には批判も多かったユーイングではあるが、ユーイング退団後はチームも低迷。ファンやメディアもユーイングの実力を再認識し、トレードにより他チームの選手になっても、ニューヨークを訪れると会場のファンはユーイングを大歓迎した。

2003年2月にユーイングの背番号33がニックスの永久欠番になった時にも、ファンは大歓声でユーイングを迎えた。

生涯通算得点は24,815点、リバウンドは11,607本、ブロックは2,894本。1994年のNBAファイナルでは、ファイナル記録となる通算30ブロックをあげている。

1992年には、ドリームチームの一員としてバルセロナオリンピックに参加、2つめの金メダルを獲得している。

その他編集

  • 選手会会長
1997年から4年間、ユーイングは選手協会の会長であり、NBA選手を代表する立場にあった。1998-99シーズンには、選手協会とチームのオーナー側との間の労使関係(主に年俸について)の話し合いが決着に至らず、チーム側が選手を施設から閉め出すというロックアウトがNBA史上初めて現実のものとなった。シーズン開幕の時期から4か月遅れの1999年2月にようやく両者は妥協に至り、50試合のシーズンを行うという異例の事態となった。
  • 人柄
ユーイングは滅多にマスコミのインタビューを受けない選手だった。また喫煙する人をあからさまに避けることもよくあったという。
一方で気前の良い面もあった。1992年のオリンピック前の時期には、ともに怪我で練習を休んでいたラリー・バードやたまたま近くにいた見知らぬ人に対し、突然高価な飲食物を奢ったというエピソードもある。
また、NBAシーズン開幕直前にはニックスの「優勝宣言」をするのも彼の例年の習慣だった。
大学の後輩であるアロンゾ・モーニングが腎臓疾患にかかった時、臓器提供に名乗りを上げたことがある。
  • CM
日本の進研ゼミ(ベネッセコーポレーション)のCMに出演。中学生時代の田臥勇太と共演した。
  • 引退後
引退後のユーイングは監督業の道を歩んでいる。2002年に引退すると、ユーイングはワシントン・ウィザーズでアシスタント・コーチの職に就いた。その後はヒューストン・ロケッツに移り、姚明の指導に当たった。その後もオーランド・マジックで主にドワイト・ハワードの指導に当たるなど同様の仕事を続けた。2013年から4年間はシャーロット・ホーネッツのコーチを務めた。2017年4月4日、母校ジョージタウン大学のヘッドコーチ就任が発表された。
  • ジュニア
息子であるパトリック・ユーイング・ジュニアもバスケットボールプレイヤーである。父と同じジョージタウン大学のバスケットボールチームで父の了承を得て父と同じ背番号33をつけてプレーした。そして2008-2009シーズンより父と同じニックスに入団している。

脚注編集

外部リンク編集