マーク・デミング

マーク・デミング(Mark Deming、1960年 - )は、ミシガン州ジャクソン生まれのアメリカ合衆国音楽評論家映画評論家、ジャーナリストであり、映画俳優やミュージシャンとしての活動もしている。1999年以来、オール・ミュージック・ガイドで働いており、音楽や映画の評論を担当している。

経歴編集

デミングは、1978年ミシガン州立大学を卒業し、ジャーナリズムの学士 (B.A.)を得た。同じく1978年には、ロバート・アルトマン監督の映画『ウエディング (A Wedding)』に、脇役で出演した[1]1980年にはカルト映画Gorp』に出演して、愛すべき人物ロブスター・ニューバーグ (Lobster Newberg) を演じた[2][3]

1980年代後半には、The Lime Giants という、ランシングを拠点として活動したオルタナティヴ・ロックのバンドで、リード・ボーカルをとっていた。このバンドの楽曲としては、「Amy Carter」、「Down in the Boneyard」(別名:「Down in Livonia」)、「Johnny Quest」などがあった。このバンドは1989年に、アルバム『’’At Home With The Lime Giants"』をリリースしたが[4][5]、この8曲入りの作品は、中西部の倦怠感とレーガン時代の喧騒に満ちたものであった。

脚注編集

  1. ^ Uedingu (1978) - IMDb(英語)
  2. ^ Deming, Mark. “Deming's Autobiography”. All Music Guide. 2017年5月24日閲覧。
  3. ^ Stark, Susan (1977年8月21日). “"Gosh, Mr. Altman, you mean you're going to make me- pure Saginaw me- a star?"”. Detroit Free Press. 2017年5月24日閲覧。
  4. ^ At Home With The Lime Giants - The Lime Giants | Similar | AllMusic”. AllMusic. 2018年2月24日閲覧。
  5. ^ The Lime Giants - At Home With The Lime Giants - Discogs

外部リンク編集