カルト映画

映画の分類

カルト映画(Cult Film, Cult Movie)は、公開後に熱心なファンを獲得して、長期にわたってさまざまな形で繰り返し鑑賞・消費されるようになった映画作品を指す[1]

しばしばカルト映画の代表例とされる『ロッキー・ホラー・ショー』を上映するカリフォルニアの映画館(1978年)。カルト映画は大都市の大学生など若い観客を対象に深夜上映が行われ、人気が定着していった。

ファンの間では、一般的な評価・嗜好基準からは外れているとみなされやすい俗悪・低劣な作品が熱狂的に評価されることが多く、宗教上のカルト・グループになぞらえてこの呼び名がある[1]

主に第二次大戦後のアメリカにおける映画の消費行動をとらえて作られた用語だが、現在では日本を含む各国の映画作品に対しても使われている[1]

概要編集

多様化する嗜好編集

アメリカにおいて映画は長く都市の一部において大型館でのみ上映されていたが、第二次大戦後になると、それがまず全国の地方都市へも拡散し、小型の上映館も急増した[2]。これを支えた要因の1つとされるのは大学進学率の上昇、つまり新しい文化動向への関心が強い大学生の増加である[3]。こうした環境の変化を背景に、アメリカ国内で上映される映画は、芸術性の高い外国映画から低俗な量産作品まで、大きく幅を広げることとなった[4]

この中で現れてきたのが大都市の若い観客たちによる新しい鑑賞方法で、そこでは従来の評価基準にあえて反旗をひるがえし、低俗きわまる作品の中に独自の価値を見出して称揚するといったことが行われた[5]。その最初の典型的な例とされるのが、1975年ジム・シャーマン英語版監督『ロッキー・ホラー・ショー』(The Rocky Horror Picture Show)である[2]

ロッキー・ホラー・ショーの登場編集

 
妖怪巨大女』(1958年)ポスター。1970年代のアメリカでは、一般の基準からは俗悪・低劣とみなされやすい作品が好んで「カルト映画」として消費された。

このミュージカル作品では、奇怪な衣装をまとった登場人物が終始悪ふざけをしつづける。物語や演技・映像の見事さといったそれまで「良い映画」とされる条件を欠いており最初の興行ではまったく失敗したが[5]1970年代の風俗や言葉づかいをそのまま取り込んだ演出に若い観客が注目し、ニューヨークなどで深夜上映会が繰り返し行われるようになった[4]

上映回数を重ねると、映画の衣装を身にまとった観客による集まり、作品に登場するわずかな台詞の記憶を競いあう集まりなど、作品を軸にさまざまな消費行動が始まってゆく[2]

当時のアメリカでは、カリスマ的人物への熱狂的な崇拝と異教的な礼拝儀式で特徴づけられる宗教集団「カルト」が急増しており[6]1968年チャールズ・マンソンとその支持者らが「シャロン・テート殺害事件」を引き起こして大きな社会問題となっていた[7]

ロッキー・ホラー・ショー』などに集まった若い観客は、自分たちのファン行動を、揶揄をこめてこのカルトになぞらえ、崇拝対象となる作品を「カルト映画」(Cult Film)と呼ぶようになった[2]。また上記のような典型的なカルト映画の受容方法は、以後、大都市以外でも行われるようになってゆく[3]

カルト映画の拡大編集

これをきっかけに、それまで単なる時間つぶしとしか思われていなかった多くのB級映画作品が「隠れた傑作」と称賛されるようになる。対象となった作品は非常に多様で、ホラーポルノマカロニ・ウェスタン、日本の低予算怪獣映画、メキシコのプロレス映画など、映画の主流から外れているとみなされていたジャンルが注目され[1][5]エド・ウッド監督のように、生涯B級作品ばかりを撮り続けた作家が好んで引用された。

1970年代、『ロッキー・ホラー・ショー』同様に一見ばかげた設定と奇怪な物語が逆に若い観客を惹きつけた例として、『ピンク・フラミンゴ』(1971年)や『アタック・オブ・ザ・キラー・トマト』(1978年)などが挙げられることが多い[8][9]

 
エド・ウッド監督の『プラン9・フロム・アウタースペース』(1959)。ウッドは早くからカルト映画の作り手として受容された[10]

以後、エドガー・G・ウルマーダリオ・アルジェントロジャー・コーマンデヴィッド・クローネンバーグジョン・ウォーターズデヴィッド・リンチなどの作り手がカルト的な受容対象となってゆく[1][3]

1980年代以降、映画がビデオDVD、続いて動画配信サービスによって視聴できるようになると「カルト作品」探しは全世界が対象となった[4]。この文脈で、アメリカでは大林宣彦監督『ハウス』(1977年)など欧米以外の作品もカルト作品とみなされるようになった[2]

またこの時期以降、インターネットの出現でファン同士の交流が容易になり、世界各地で作品情報の交換が行われるようになったため、現在では特定の作品・監督・ジャンルなどを対象に、さまざまな形態で集会・映画祭が行われ、多くのファンを集めている[4]

ファン行動への注目編集

映画研究の分野でも明確な定義はないが、総じて低予算・劣悪な非主流映画を指すことが多く、この点でカルト映画は同時期に登場した「エクスプロイテーション映画」と重なりあっている[1]

しかし商業的に成功しながら熱狂的なファンを集めている作品、たとえば『ハリー・ポッター』や『スター・ウォーズ』シリーズなどをカルト映画に含める論者もいる[4]。映画評論家のハリー・ポタムキンは、チャールズ・チャップリン(チャーリー・チャップリン)の喜劇映画もカルト・ムービーの中に含めている[11]

現在の映画研究では、ファンがカルト映画をどのように消費して「積極的な鑑賞」(active spectatorship)を成立させているかが主な関心で、たとえばファンによる朗読・コスプレ二次創作といった広義のパフォーマンスが、様々な異なる作品をどのように引用・流用して成り立っているか、といった点が分析されている[3][4]

代表的なカルト映画編集

上述のとおりカルト映画に統一された定義はなく、どの作品を数えるかも論者によって幅があるが、複数の出典で明確に「カルト映画」と呼ばれている作品として以下の例がある[9][12]

代表的なカルト映画
公開年 原題 邦題 監督名
1932年 Freaks フリークス トッド・ブラウニング
1956年 Invasion of the Body Snatcher ボディ・スナッチャー/恐怖の街 ドン・シーゲル
1959年 Plan 9 from Outer Space プラン9・フロム・アウタースペース エド・ウッド
1960年 Black Sunday 血ぬられた墓標 マリオ・バーヴァ
1965年 Faster, Pussycat! Kill! Kill! ファスター・プシィキャット!キル!キル! ラス・メイヤー
1968年 Night of the Living Dead ナイト・オブ・ザ・リビングデッド ジョージ・A・ロメロ
1970年 El Topo エル・トポ アレハンドロ・ホドロフスキー
1971年 A Clockwork Orange 時計じかけのオレンジ スタンリー・キューブリック
1971年 Harold and Maude ハロルドとモード 少年は虹を渡る ハル・アシュビー
1972年 Pink Flamingos ピンク・フラミンゴ ジョン・ウォーターズ
1974年 The Texas Chain Saw Massacre 悪魔のいけにえ トビー・フーパー
1975年 The Rocky Horror Picture Show ロッキー・ホラー・ショー ジム・シャーマン英語版
1975年 Death Race 2000 デス・レース2000年 ポール・バーテル
1977年 Eraserhead イレイザーヘッド デイヴィッド・リンチ
1977年 Suspiria サスペリア ダリオ・アルジェント
1978年 Attack of the Killer Tomatoes アタック・オブ・ザ・キラー・トマト ジョン・デ・ベロ
1979年 Mad Max マッドマックス ジョージ・ミラー
1982年 Blade Runner ブレードランナー リドリー・スコット
1984年 Repo Man レポマン アレックス・コックス
1985年 Brazil 未来世紀ブラジル テリー・ギリアム
1988年 They Live ゼイリブ ジョン・カーペンター
1992年 Buffy the Vampire バッフィ/ザ・バンパイア・キラー フラン・ルーベル・クズイ英語版
1994年 Pulp Fiction パルプ・フィクション クエンティン・タランティーノ
1998年 The Big Lebowski ビッグ・リボウスキ イーサン・コーエン、 ジョエル・コーエン
1998年 Run Lola Run ラン・ローラ・ラン トム・ティクヴァ
1999年 Fight Club ファイト・クラブ デヴィッド・フィンチャー
2000年 Memento メメント クリストファー・ノーラン
2001年 Mulholland Drive マルホランド・ドライブ デヴィッド・リンチ
2001年 Hedwig and the Angry Inch ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ ジョン・キャメロン・ミッチェル
2003年 The Room ザ・ルーム トミー・ウィゾー

そのほか編集

関連文献編集

外国語文献編集

  • Church, David. Grindhouse nostalgia : memory, home video and exploitation film fandom (Edinburgh : Edinburgh University Press, 2015)
  • Dubois, Régis. Drive-in & grindhouse cinema 1950's-1960's (Paris : Éditions Imho, 2017)
  • Harvis, Allan. Cult Films: Taboo and Transgression. Lanham, MD: University Press of America, 2008.
  • Holmlund, Chris, and Justin Wyatt, eds. Contemporary American Independent Film: From the Margins to the Mainstream. Abingdon, UK: Routledge, 2004.
  • Hunter, I. Q., and Heidi Kaye, eds. Trash Aesthetics: Popular Culture and Its Audience. Chicago: Pluto, 1997.
  • Muller, Eddie and Daniel Faris. Grindhouse : the forbidden world of "adults only" cinema (New York : St. Martin's Griffin, 1996)

日本の文献編集

  • 『カルト映画館 ホラー』永田よしのり(1995年9月、社会思想社ISBN 978-4-3901-1579-7
  • 『カルト映画館 SF』永田よしのり(1996年11月、社会思想社、ISBN 978-4-3901-1598-8
  • 『カルト映画館 ミステリー&サスペンス』永田よしのり(1998年12月、社会思想社、ISBN 978-4-3901-1628-2
  • 『カルト映画館 アクション』永田よしのり(2000年5月、社会思想社、ISBN 978-4-3901-1635-0
  • 『映画秘宝が選ぶ日本のカルト映画50!』(2000年4月、洋泉社ISBN 978-4-8969-1456-6
  • 『映画秘宝EX 映画の必修科目10 仰天カルトムービー100』(2011年9月、洋泉社、ISBN 978-4-8624-8808-4
  • 『映画秘宝EX 映画の必修科目10 仰天カルトムービー100 PART2』(2014年9月、洋泉社、ISBN 978-4-8003-0491-9
  • 『カルトムービー 本当に面白い日本映画 1945→1980』桂千穂(2013年12月、メディアックス、ISBN 978-4-8620-1459-7
  • 『別冊カルトムービー Jホラー、怖さの秘密』(2014年3月、メディアックスISBN 978-4-8620-1469-6
  • 『カルトムービー 本当に面白い日本映画 1981→2013』桂千穂(2014年4月、メディアックス、ISBN 978-4-8620-1472-6
  • 『カルトムービー 本当に恐ろしいホラー映画』桂千穂(2014年7月、メディアックス、ISBN 978-4-8620-1485-6
  • 『日本カルト映画全集』(ワイズ社
    1. 恐怖奇形人間 : 江戸川乱歩全集」(1995年、ISBN 4948735299
    2. 「十七人の忍者」円尾敏郎編(1995年、ISBN 4948735337
    3. 夢野久作の少女地獄」小野善太郎編(1995年、ISBN 4948735361
    4. 「天使の欲望」小張アキコ編(1995年、ISBN 4948735388
    5. 沓掛時次郎 遊侠一匹」鈴村たけし編(1995年、ISBN 4948735396
    6. 「女地獄・森は濡れた」筒井武文編(1995年、ISBN 494873540X
    7. 盲獣」日本カルト映画倶楽部編(1996年、ISBN 4948735442
    8. 「女獄門帖 引き裂かれた尼僧」筒井武文、多田功編(1996年、ISBN 4948735450
    9. 「狐の呉れた赤ん坊」円尾敏郎編(1996年、ISBN 4948735469
    10. 暴行切り裂きジャック」北里宇一郎編(1996年、ISBN 4948735507

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ a b c d e f "Cult Film" Kuhn, Annette and Guy Westwell. A Dictionary of Film Studies, 2 ed. (Oxford University Press, 2020)
  2. ^ a b c d e Jancovich, Mark Defining Cult Movies: The Cultural Politics of Oppositional Taste (Manchester University Press, 2003)
  3. ^ a b c d Mathijs, Ernest and Mendik, Xavier The Cult Film Reader (Open University Press, 2008)
  4. ^ a b c d e f Sexton, Jamie and Mathijs, Ernest (eds.), The Routledge Companion to Cult Cinema (Routledge, 2020).
  5. ^ a b c Telotte, J. P. The Cult Film Experience: Beyond All Reason (University of Texass Press, 1991).
  6. ^ Beckford, James A. "Cults." Encyclopedia of Politics and Religion, edited by Robert Wuthnow, CQ Press, 2nd edition, 2006.
  7. ^ Levine, Robert. "Cults." Encyclopedia of Murder and Violent Crime, Harvey Wallace, Sage Publications, 1st edition, 2003.
  8. ^ Scott-Travis, Shane (2015年5月22日). “The 25 Greatest Cult Movies of All Time” (英語). Taste of Cinema - Movie Reviews and Classic Movie Lists. 2022年11月19日閲覧。
  9. ^ a b Readers' Poll: The 25 Best Cult Movies of All Time” (英語). Rolling Stone (2014年5月7日). 2022年11月19日閲覧。
  10. ^ Palopoli, Steve (2006年5月31日). “Cult Leader: "Plan 9 from Outer Space"” (英語). Metro Silicon Valley. https://www.metroactive.com/metro/05.31.06/cult-0622.html 2022年11月19日閲覧。 
  11. ^ Potamkin, Harry Allen (2008-04-18). Mathijs, Ernest; Mendik, Xavier. eds (英語). The Cult Film Reader (1st ed.). McGraw-Hill International. p. 26. ISBN 978-0-335-21923-0 . 2020年4月6日閲覧。
  12. ^ Olson, Christopher J. 100 Greatest Cult Films (London: Roman & Littlefield, 2018)
  13. ^ 『グラインドハウス映画入門』洋泉社〈洋泉社MOOK 別冊映画秘宝〉、2007年8月1日、[要ページ番号]頁。ISBN 978-4-8624-8190-0 
  14. ^ 東京都・渋谷で"カルトの帝王"ホドロフスキー監督と妻によるドローイング展”. マイナビニュース. マイナビ (2014年8月7日). 2022年11月19日閲覧。
  15. ^ 追悼石井輝男まつり”. シネマスコーレ. 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年4月7日閲覧。
  16. ^ “カルトの帝王”フィリップ・リドリーの14年ぶり監督作、5月公開”. 映画.com (2013年4月12日). 2022年11月19日閲覧。

関連項目編集