マーク・ローバー

マーク ローバー (1980年または1981年) は、アメリカYouTuber、エンジニア、発明家。 主に、通俗科学、自作のガジェット、創造的なアイデアに関する彼のビデオで知られる。動画のいくつかは、デジタルハロウィンのコスチュームや、超微細なグリッターを噴出させるパッケージ泥棒対策の罠など、 口コミで広まった。YouTuberの前は、NASAのエンジニアで、NASAのジェット推進研究所Curiosity roverに7年間従事していた。彼はその後、Appleのスペシャルプロジェクトグループの製品デザイナーとして4年間働いた後、自動運転車のバーチャルリアリティに関する特許を執筆しました。2019年10月、ローバーはMrBeastとともに環境基金調達チーム#teamtreesの立ち上げた。

マーク ローバー
Mark Rober 2020.jpg
2019年撮影
生誕オレンジ郡、カリフォルニア州
国籍アメリカ
出身校ブリガムヤング大学
南カルフォルニア大学
職業エンジニア
発明者
YouTuber
著名な実績ソーシャルメディア ビデオ
Digital Dudz
Mars Rover
配偶者リサ ローバー
子供1
公式サイトyoutube.com/MarkRober
markroberbuildinstructions.com
YouTube
別名 Mark Rober
チャンネル
活動期間 2011–present
ジャンル Science & Technology
登録者数 12.1 million[1]
総再生回数 1.3 billion[1]
関連人物
チャンネル登録者数、総再生回数はMarch 19, 2020時点。
テンプレートを表示

幼少期編集

カリフォルニア州オレンジ郡で育つ。 子供の時から、玉ねぎを切る際に涙が出ないようにするゴーグルを作るなど、工作を始めた[2]ブリガムヤング大学機械工学の学位を取得し、南カリフォルニア大学修士号を取得している[3]

キャリア編集

初期のキャリア(NASA)編集

2004年にNASAジェット推進研究所(JPL)に入職し[4]、9年間働く。そのうち7年間は現在火星にあるCuriosity roverの研究に参加[3]。彼は、AMT、GRAIL、SMAP、Mars Science Laboratoryなど、いくつかのJPLミッションでハードウェアを設計および提供した[5]。NASAにいる間、ローバーは「JPL Wired」の主要な設計者の1人でした。これは包括的なナレッジキャプチャwikiだった。彼は、企業の知識を獲得するための「イントラペディア」を開発するために、ハイテク組織にwikiテクノロジーを適用することに関する事例研究を発表した[6]

YouTubeチャンネル、科学コミュニケーション編集

NASAに在籍中、爆発的に人気に火がつくバイラルビデオの制作を開始する[2]。その動画の内容は多種多様なトピックをカバーし、エイプリルフールのいたずらアイデアを刺激し[7][8]、脱出ルームを制覇したり、動物園で霊長類を非侵襲的に撮影したりするようなトリックについて教えている。彼は科学を推奨し、サメが水中の血液の臭いを嗅ぐ能力[9]、流動砂[10]浄水をテストするビデオなど、科学に基づく知識を活用したビデオを作成している[11]

2011年には、最初のYouTube動画を作成。内容は、2台のiPadを使用して彼の体に穴が空いており穴を通して向こう側が見える錯覚効果のあるハロウィン衣装作成である。彼は上記の「胴体にぽっかりと穴」コスチュームのビデオをYouTubeに投稿し、たった一日で150万再生を獲得する爆発的な人気となった[12][13]。翌年、ローバーは、ビデオと同じコンセプト(ローバーが特許を取得)に基づいてハロウィーンコスチュームを専門とするオンラインハロウィーンコスチューム会社Digital Dudzを立ち上げた。同社は最初の3週間の運用で25億ドルの収益を上げ、2013年までに彼のアプリ統合コスチュームはParty Cityなどの小売店で販売された[14][15]。コスチュームは、CBSニュースCNN、ジェイレノショー、フォックスYahoo!ニュースDiscovery ChannelThe Today ShowGMAなどのニュースチャンネルで広く取り上げられた[16]。そして2013年、ローバーは同社を英国のコスチューム会社Morphsuitsに売却した[17]

2018年12月に、ローバーは、泥棒に対してグリッターを吹きつける仕掛けの装置で小包泥棒にトリックする動画を作成し、1日で2,500万回の再生回数を記録し口コミを広めました[18]。ローバーによって設計された仕掛けは、グリッターの粉末を噴射させ、悪臭スプレーをまき放ち、泥棒の足取りを記録します[19]。ローバーは後に、2人の窃盗犯は実際に彼がパッケージ泥棒を捕まえるのを手伝うために雇った人の友人であることに気づき、録画に記録された5件の事件のうち2件を取り下げた[20]。ローバーは2019年12月にこのビデオのフォローアップを投稿し、Macaulay Culkinとチームを組み、改良されたデザインを特集している[21]

YouTubeに加えて、ローバーはMen's Healthに記事を寄稿し[22]、2015年にはTEDxで「How to Come Up with Good Ideas[3]と、もう1つは「スーパーマリオエフェクト効果-脳をだましてもっと学ぶ 」と題したプレゼンテーションを行った[23]。また、ジミー・キンメル・ライブ!にも数多く出演している[7]。2018年、ローバーはアップル社用に密かに、仮想現実プロジェクトに取り組んでいたことが報告された[24]。これには、ローバーが2つの仮想現実関連の特許を作成した自動運転車向けのオンボードエンターテインメントが含まれる[25]。ローバーは2015年からAppleで働いており、特別プロジェクトグループのプロダクトデザイナーとして4年間を費やしていたが、2020年の初めには彼は離職しました[26]。2020年に、ローバーはジミー・キンメルと共にディスカバリーチャンネルの隠しカメラショーに出演する[27]

2019年10月、YouTubeコミュニティは、MrBeastとローバーが組織したMrTeastが2000万本の木を植えるべきだと提案されたツイートに従い、2019年10月に#TeamTreesというプロジェクトを発表した。MrBeastとローバーは、これを実現するために世界中のYouTuberと提携した。このプロジェクトの目標は、2020年までにアーバーデイ財団のために2,000万ドルを調達することだった。その代わりに、アーバーデイ財団は、調達した1ドルごとに1本の木を植えた。プロジェクトに参加した注目のYouTuberは、iJustineSlow Mo Guys, Marques Brownlee, Hannah Stocking, PewDiePie, The Try Guys, AsapScience, Smarter Every Day, How Ridiculous, Half as Interesting, Life Noggin, It's Okay to be Smart, HowToBasicである[28]

私生活編集

ロバーは2015年にカリフォルニア州サニーベールの街に引っ越し、妻と息子と暮らしている[26]自閉症についての意識を高めるために、ロバーは自閉症を持つ息子について言及した上、彼の自閉症の人々へのサポートをツイートした[29]

参考文献編集

  1. ^ a b About”. SocialBlade. 2020年3月12日閲覧。
  2. ^ a b Hart (2012年2月16日). “Dirt-Cheap iPhone Trick Captures Great Ape Close-Ups”. Wired. 2016年5月3日閲覧。
  3. ^ a b c TEDx Talks (2015年7月2日). “How To Come Up With Good Ideas - Mark Rober - TEDxYouth@ColumbiaSC”. YouTube. 2016年5月4日閲覧。
  4. ^ Diaz (2012年8月16日). “Seven Years In the Life of One of the Engineers of the Mars Curiosity Rover”. Gizmodo. 2016年5月3日閲覧。
  5. ^ Verville. “Why Wikis at NASA?”. NASA. 2016年5月4日閲覧。
  6. ^ Rober, Mark B.; Cooper, Lynne P. (2011). “Capturing Knowledge via an "Intrapedia": A Case Study”. Proceedings of the 44th Hawaii International Conference on System Sciences. IEEE. pp. 1–10. https://www.computer.org/csdl/proceedings/hicss/2011/9618/00/05718879.pdf 2018年12月18日閲覧。 
  7. ^ a b Worland, Justin (2016年3月31日). “Let a NASA Nerd Show You Some Easy and Awesome April Fools’ Pranks”. Time. http://time.com/4277573/april-fools-pranks-jimmy-kimmel/ 2016年5月4日閲覧。 
  8. ^ Spence, Shay (2015年9月3日). “Skinning a Watermelon Is Your New Labor Day Party Trick”. People. https://people.com/food/how-to-skin-watermelon-tip/ 2016年5月4日閲覧。 
  9. ^ Fink, Jenni (2019年7月29日). “Shark Week Fact Vs. Fiction: Former NASA Engineer Tests If Sharks Can Smell a Drop of Blood in Ocean”. Newsweek. https://www.newsweek.com/shark-week-mark-rober-blood-ocean-water-1451623 2020年2月17日閲覧。 
  10. ^ Stewart, Jessica (2017年12月4日). “Ex-NASA Engineer Uses Science to Transform Hot Tub Full of Sand into "Liquid Soup"”. My Modern Met. https://mymodernmet.com/mark-rober-liquid-sand-experiment/ 2020年2月17日閲覧。 
  11. ^ Future of Philanthropy (2019年3月12日). “How Bill Gates ended up eating pizza rolls on YouTube”. Fast Company. https://www.fastcompany.com/90316948/how-bill-gates-ended-up-eating-pizza-rolls-on-youtube 2020年2月17日閲覧。 
  12. ^ Johnson, Charity (2015年10月2日). “Go Hi-Tech This Halloween With These DIY Costume Videos”. Tech Times. http://www.techtimes.com/articles/89842/20151002/go-hi-tech-this-halloween-with-these-diy-costume-videos.htm 2016年5月4日閲覧。 
  13. ^ Kelly (2013年10月18日). “Smartphone wounds and other high-tech Halloween tricks”. CNN. 2016年5月4日閲覧。
  14. ^ Shubber (2013年8月23日). “Mark Rober left Nasa to make awesome wearable tech Halloween costumes”. Wired UK. 2016年5月3日閲覧。
  15. ^ Pepitone (2014年12月12日). “Digitally animated ugly Christmas sweaters bring the kitsch to a new level”. Today. 2016年5月4日閲覧。
  16. ^ Digital Dudz. “Select Digital Dudz Media Coverage 2013- Incld GMA, TODAY, Leno, Miley”. YouTube. 2016年5月4日閲覧。
  17. ^ Clark, Patrick (2013年10月18日). “A NASA Engineer Builds a Better Halloween Costume”. Bloomberg News. https://www.bloomberg.com/news/articles/2013-10-18/a-nasa-engineer-builds-a-better-halloween-costume 2016年5月3日閲覧。 
  18. ^ Kleinman, Zoe (2018年12月18日). “Glitter bomb tricks parcel thieves”. BBC News. https://www.bbc.com/news/technology-46604625 2018年12月19日閲覧。 
  19. ^ Shannon, Joel (2019年1月23日). “Viral glitter bomb video featured fake thieves, creator admits in apology”. USA Today. https://www.usatoday.com/story/news/nation/2018/12/21/viral-glitter-bomb-video-featured-fake-thieves-creator-says/2389954002/ 
  20. ^ “A glitter bomb makes for sweet revenge on a package thief”. Considerable. (2019年1月23日). https://considerable.com/a-glitter-bomb-makes-for-sweet-revenge-on-a-package-thief/ 
  21. ^ Scribner, Herb (2019年12月18日). “BYU grad and former NASA engineer teams with Macaulay Culkin for new viral decoy porch prank”. Deseret News. https://www.deseret.com/utah/2019/12/18/21025001/byu-nasa-macaulay-culkin-mark-rober-glitter-bomb 2020年2月17日閲覧。 
  22. ^ Author: Mark Rober”. Men's Health. 2016年5月3日閲覧。
  23. ^ TEDx Talks (May 31, 2018), The Super Mario Effect - Tricking Your Brain into Learning More | Mark Rober | TEDxPenn, https://www.youtube.com/watch?v=9vJRopau0g0 2018年10月29日閲覧。 
  24. ^ Roettgers, Janko (2018年6月26日). “YouTuber Mark Rober Secretly Develops VR for Self-Driving Cars for Apple (EXCLUSIVE)”. Variety. https://variety.com/2018/digital/news/youtube-maerk-rober-apple-vr-1202858396/ 2020年2月17日閲覧。 
  25. ^ Aiello, Chloe (2018年6月26日). “A YouTube star with more than 3 million followers has reportedly been working at Apple in secret”. CNBC. https://www.cnbc.com/2018/06/26/youtuber-joins-apple-in-developing-vr-for-self-driving-cars.html 2020年2月17日閲覧。 
  26. ^ a b Towne, Erika (2020年2月5日). “Sunnyvale Resident Glitter Bombs Package Thieves, Gets Discovery Channel Show”. The Silicon Valley Voice. https://www.svvoice.com/sunnyvale-resident-glitter-bombs-package-thieves-gets-discovery-channel-show/ 2020年2月17日閲覧。 
  27. ^ Andreeva, Nellie (2019年12月17日). “Jimmy Kimmel Prank Series ‘Revenge Of the Nerd’ Starring YouTuber Mark Rober Ordered By Discovery”. Deadline Hollywood. https://deadline.com/2019/12/jimmy-kimmel-prank-series-revenge-of-the-nerd-mark-rober-star-discovery-kimmelot-1202812423/ 2020年2月18日閲覧。 
  28. ^ #teamtrees”. 2019年10月25日閲覧。
  29. ^ Rober, Mark [@MarkRober] (2018年4月2日). "Happy Autism awareness day/month. The best part of my day is the 20-minute nighttime routine with my son and his stuffed animals. Repetition doesn't bother him (in fact he prefers it) so my same jokes totally kill every night" (ツイート). Twitterより。 Cite webテンプレートでは|accessdate=引数が必須です。 (説明)