メインメニューを開く

マーク堀越 対 高橋ナオト戦(マークほりこし たい たかはしナオトせん)は、1989年1月22日に東京後楽園ホールで行われた日本ジュニアフェザー級タイトルマッチ。6連続KO防衛中の王者マーク堀越米国八戸帝拳ジム)に、元日本バンタム級王者の高橋ナオトアベボクシングジム)が挑み、ダウンの応酬の末、9回KO勝ちで、高橋が2階級制覇を達成した[1]

マーク堀越 対 高橋ナオト
開催日 1989年1月22日
認定王座 日本ジュニアフェザー級
開催地 東京
会場 後楽園ホール
放送局 日本テレビ系列
実況・解説 芦沢俊美
ファイティング原田
小林弘
浜田剛史

マーク堀越 対 高橋ナオト
比較データ
27 年齢 21
アメリカ合衆国の旗カリフォルニア州サクラメント 出身地 日本の旗東京都調布市
17勝(13KO)1敗 戦績 15勝(10KO)2敗
162 身長 170
165 リーチ 173
五戸定博(八戸帝拳ジム 指導者 阿部幸四郎(アベボクシングジム
日本ジュニアフェザー級王者 評価 日本ジュニアフェザー級1位

結果 高橋の9回KO勝ち
主審 島川威
副審 内田正一
森田健

人気・実力を兼ね備えた両雄の対決は、タイトル戦以上に世界前哨戦として注目を集め、日本テレビ系列ダイナミックグローブ』で、日本タイトル戦としては異例の生中継が行われた[2]。同中継には特別ゲストとして、片岡鶴太郎香川照之が招かれた。

日本ボクシング史上屈指の名勝負として名高く[3][4]、同年の日本ボクシング年間最高試合に選定された。

解説編集

脚注編集