日本テレビ系列

日本テレビをキー局とする放送事業者のネットワーク

日本テレビ系列(にほんテレビけいれつ)とは、日本テレビ放送網(日本テレビ)をキー局とする放送事業者ネットワークである。

概要編集

日本テレビ系列には、2つのネットワークが存在している。一つは 日本ニュースネットワーク(Nippon News Network,NNN)であり、もう一つは日本テレビネットワーク協議会(Nippon Television Network System,NNS)である。前者はニュース番組を、後者はそれ以外の放送番組の供給をそれぞれ目的としている。

中波ラジオ局として始まったラジオ・テレビ兼営の老舗局(当該地区先発局)がTBS系列局に次いで多い[1][2]

日本テレビ系列の一覧編集

地上波編集

衛星放送編集

OTTサービス編集

この系列に属するOTTサービスは、「日テレ無料TADA!」(それ以外の番組)と「ytv MyDo!」(読売テレビ製作番組のみ)があり、双方ともTVerに供給されている。前者は、日本テレビや同系列局が制作した番組に加え、ごく一部の独立テレビ局製作番組[4]もあり、TOKYO MX製作番組や同局にネットされる番組は、TOKYO MXが直接運営するOTTサービスのエムキャスとの相互配信が実施されている。また、全国高等学校サッカー選手権大会の中継はTVerのみでライブ配信やアーカイブ配信が実施され、全試合映像は、「民間放送43社[5]の製作局名義かつ日本テレビ系列の番組扱いで配信されている[6][7]

関連する法人編集

日本テレビ系列に関連する法人に、公益財団法人日本テレビ小鳩文化事業団がある。

同事業団は、1973年に設立されて日本テレビ系列各社が出捐した「財団法人日本テレビ系列愛の小鳩事業団」と、1976年に日本テレビによって設立された「財団法人日本テレビ放送網文化事業団」を統合し、2012年4月に発足した。

日本テレビ系列各社では「愛の小鳩事業団」の下、障害者福祉に関する活動を実施しており、「小鳩文化事業団」統合後も点字カレンダー配布などの取り組みが継続されている。

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ RAB、ABS、YBC、YBS、KNB、FBC、KRY、JRT、RNC、RNB、RKCの11局が該当・現存し、全局がJRNNRNのクロスネット。ラジオ部門を子会社化したSTV(ラジオ)に関してのみNRN単独局。このうちRAB・KRY・RNC・RNB・RKCの5局はラジオ単営局(「ラジオ○○」)時代の略称を(現在の「○○放送」へ)社名変更後も使用している。
  2. ^ NNN/NNS系列の基幹局は全てTV単営である(STVは一時ラテ兼営だったが子会社として分社化)。
  3. ^ 上記地上波一部のNNN系列局・BS日テレ・BSスカパー!で一部時間帯に同時放送。また、NOTTVでも2012年11月 - 2013年3月まで全時間帯同時放送。ただし、スカパー!プレミアムサービスのHD画質(旧・スカパー!HD)での放送は非実施で、4:3SD画面での放送だった(上下に時刻情報や天気ループ、ロゴ、ニューステロップなどが表示される)。同時放送する地上波NNN局(日本テレビ・中京テレビを除く)でも画面の上下に時刻情報や天気ループ、ロゴ、ニューステロップなどが表示され、左右は黒幕となっていた。日本テレビ・中京テレビ・BS日テレ・BSスカパー!・NOTTVでは16:9フル画面。スカパー!(東経110度CS放送)では2018年9月26日より、スカパー!プレミアムサービスでは2014年9月25日よりそれぞれハイビジョン化された。
  4. ^ 関東地方独立テレビ局BS12 トゥエルビの製作番組が対象で、前述の経緯からTVerでは日本テレビ系列扱いで配信されている。
  5. ^ 原文ママ。NNS全加盟局、TOKYO MXを除いた全国独立放送協議会加盟局、TBS系列局の宮崎放送フジテレビ系列局の沖縄テレビ放送で構成された製作委員会
  6. ^ 高校サッカー地区決勝と全国大会をTVer無料配信”. 日刊スポーツ (2020年10月31日). 2022年8月9日閲覧。
  7. ^ 株式会社運動通信社 (2021年10月21日). “第100回全国高校サッカー選手権大会・都道府県大会95試合を新たに「SPORTS BULL」でも10月23日から配信開始”. PR TIMES. 2022年8月9日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集