メインメニューを開く

マーション・ブルックス (MarShon Scitif Brooks 1989年1月27日 - )は、アメリカ合衆国ニュージャージー州ロングブランチ出身のプロバスケットボール選手。ポジションはシューティングガードNBAシカゴ・ブルズに所属している。

マーション・ブルックス
MarShon Brooks
MarShon Brooks cropped.jpg
ブルックリン・ネッツでのブルックス
シカゴ・ブルズ  No.9
ポジション SG/SF
背番号 9
身長 196cm (6 ft 5 in)
体重 91kg (201 lb)
ウィングスパン 212cm  (6 ft 12 in)
シューズ ナイキ
基本情報
本名 MarShon Scitif Brooks
ラテン文字 MarShon Brooks
誕生日 (1989-01-27) 1989年1月27日(30歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ニュージャージー州ロングブランチ
出身 プロビデンス大学
ドラフト 2011年 25位 
選手経歴
2011-2013
2013-2014
2014
2014
2014-2015
2015-2018
2018-
ニュージャージー//ブルックリン・ネッツ
ボストン・セルティックス
ゴールデンステート・ウォリアーズ
ロサンゼルス・レイカーズ
イタリアの旗 オリンピア・ミラノ
中華人民共和国の旗 江蘇ドラゴンズ
メンフィス・グリズリーズ
受賞歴

来歴編集

ジョージア州の高校から2007年にプロビデンス大学に進学。4年間同大学の主力選手として活躍した後2011年のNBAドラフトでは25位でボストン・セルティックスから指名され、当日にニュージャージー・ネッツ (当時) が27位で指名したジャジュアン・ジョンソンとのトレードが成立し、ネッツ入り。ルーキーシーズンとなった2011-2012シーズンは、短縮シーズンの66試合中56試合に出場し、平均12,6得点, 3.6リバウンド, 2.3アシストを記録し、同シーズンのNBAオールルーキーチームのセカンドチームに選出されるなど、注目された[1]

ところが、ニューヨーク市ブルックリン区にチームが移転した2012-2013シーズン、ネッツは開幕前にアトランタ・ホークスとの大型トレードでジョー・ジョンソンを獲得。ブルックスはシックスマンでの起用となったが、これで調子を崩し、平均出場時間は前シーズンの29.4分から12.5分に減少。平均得点も5.4得点と大きく低下。結局ネッツ首脳陣に見切りを付けられる形で、ルーキー契約の4年目の契約を破棄された上でシーズン終了後のボストン・セルティックスとの大型トレードでセルティックスに放出された[2]

2013-2014シーズンは、調子を取り戻せずセルティックス、ゴールデンステート・ウォリアーズロサンゼルス・レイカーズと3チームをたらい回しにされ、Dリーグ行きも命じたられた。

2014年夏にFAとなったブルックスは、インディアナ・ペイサーズからのオファーを断り、海外リーグで修行を積むことを決意。8月8日にイタリアオリンピア・ミラノと契約[3][4]ユーロリーグにも出場した。

2015年8月5日、CBA江蘇ドラゴンズと契約した[5]

2018年3月27日、メンフィス・グリズリーズ10日間契約を結んだ[6]。3月28日に行われたポートランド・トレイルブレイザーズ戦で2014年4月16日以来となるNBAの公式戦に出場し21得点を記録、試合はグリズリーズが108-103で勝利した[7]。2018年4月6日、グリズリーズと正式契約を結んだ[8]

脚注編集

外部リンク編集