メインメニューを開く

マービン・ソンソナMarvin Sonsona1990年7月25日 - )は、フィリピンプロボクサー南コタバト州ジェネラル・サントス出身。元WBO世界スーパーフライ級王者。

マービン・ソンソナ
基本情報
本名 マービン・デカデズ・ソンソナ
通称 Marvelous
階級 フェザー級
身長 170cm
国籍 フィリピンの旗 フィリピン
誕生日 (1990-07-25) 1990年7月25日(28歳)
出身地 南コタバト州ジェネラル・サントス
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 23
勝ち 21
KO勝ち 15
敗け 1
引き分け 1
テンプレートを表示

目次

来歴編集

2007年7月7日、フィリピンでプロデビューし、4回判定勝ち。

2008年10月4日、WBOアジア太平洋ユースフライ級王座を獲得。

2009年5月28日、WBOオリエンタルフライ級王座決定戦でワンディー・シンワンチャーと対戦し、2回TKO勝ちで王座を獲得した。

2009年9月4日、14戦目で世界王座初挑戦。WBO世界スーパーフライ級王者ホセ・ロペスに挑戦し、12回判定勝ちで全勝のまま19歳で世界王座を獲得した[1]

2009年11月21日、初防衛戦でWBO同級15位のアレハンドロ・エルナンデスと対戦予定であったが、体重超過で試合前に王座を剥奪された。試合は12回判定ドローで王座は空位となった。

2010年2月27日、2階級上のWBO世界スーパーバンタム級王座決定戦でWBO同級2位のウィルフレド・バスケス・ジュニアと対戦し、4回KO負けで2階級制覇ならず[2]。16戦目での初黒星となった。

その後は年に1試合のペースでしか試合が出来なかったが、2014年2月22日、ザ・ベネチアン・マカオコタイ・アリーナで「リング・オブ・ゴールド」と打った興行の鄒市明VSヨークトン・ゴーキャットジムの前座で元WBA世界スーパーバンタム級王者下田昭文とWBOインターナショナルフェザー級王座決定戦を行い、3回1分17秒KO勝ちで王座獲得を果たした[3]

2014年6月7日、ニューヨークマディソン・スクエア・ガーデンセルヒオ・マルチネスVSミゲール・コットの前座にて、NABF北米フェザー級王座決定戦をウィルフレド・バスケス・ジュニアと約4年ぶりとなる再戦し、10回2-1(2者が96-92、92-96)の判定勝ちで王座獲得に成功した。

2018年5月13日、約3年ぶりに復帰戦を行うも、前日計量で契約体重の141ポンドを6ポンド(2.72kg)体重超過の失態を犯した為、12オンスのグローブを装着するグローブハンデを科せられて試合を行い、6回判定勝ちを収めた[4]

獲得タイトル編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ フィリピンにまた世界王者 19歳のソンソナ ボクシングニュース「Box-on!」 2009年9月6日
  2. ^ バスケスJrがKO勝ち 親子チャンピオン誕生! ボクシングニュース「Box-on!」 2010年3月1日
  3. ^ 下田、マカオでまさかのKO負け Boxing News(ボクシングニュース) 2014年2月22日
  4. ^ Sluggish Sonsona outpoints Indonesian foe to end long layoff”. ESPN.com (2018年5月14日). 2018年6月27日閲覧。

外部リンク編集

前王者
ホセ・ロペス
WBO世界スーパーフライ級王者

2009年9月5日 - 2009年11月20日(剥奪)

空位
次タイトル獲得者
ホルヘ・アルセ