メインメニューを開く

マーフィの戦い』(原題:Murphy's War)は、1971年に公開されたイギリス映画ピーター・イェーツ監督、ピーター・オトゥール主演。マックス・カットー (Max Cattoによる同名小説が原作となっている。撮影の際にベネズエラ海軍が協力してくれることになったため、原作の舞台だった中央アフリカ共和国南米へと変更された[3]

マーフィの戦い
Murphy's War
監督 ピーター・イェーツ
脚本 スターリング・シリファント
原作 マックス・カットー
製作 マイケル・ディーリー
出演者 ピーター・オトゥール
シアン・フィリップス
フィリップ・ノワレ
ホルスト・ヤンセン
音楽 ジョン・バリー
ケン・ソーン
撮影 ダグラス・スローカム
編集 ジョン・グレン
フランク・P・ケラー
製作会社 マイケル・ディーリー=ピーター・イェーツフィルムズ
配給 イギリスの旗 ロンドン・スクリーン
日本の旗 大映第一フィルム
公開 イギリスの旗 1971年1月13日[1]
日本の旗 1972年1月22日[2]
上映時間 107分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

ストーリー編集

第二次世界大戦末期、整備兵のマーフィたちが乗るイギリス商船マウント・カイル号が南米を航行しているとき、ドイツのUボートに襲撃され乗組員が殺される。

生き残ったマーフィは、ルイ・ブレザンたちに発見され村の医師ヘイドンに手当てをしてもらう。その後、マーフィの上官であるエリス中尉が救助され、彼から哨戒機のグラマンJ2Fダックがあることを聞いたマーフィはルイと共に探しに行く。しかしその頃、ドイツ軍が村に上陸しUボート艦長のラウクスがエリス中尉を射殺する。マーフィはUボートを見つけるため、J2Fを修理する。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹き替え

スタッフ編集

日本語版スタッフ

吹替版

  • 演出:鳥海俊材
  • 翻訳:栗山康子
  • 制作:有村放送プロモーション

製作編集

撮影は主にベネズエラオリノコ川イギリスパインウッド・スタジオ (Pinewood Studiosで行われたが、冒頭のマウント・カイル号が襲撃されるシーンのみ地中海のマルタ島で撮影され、オトゥールがスタントなしで演じた[3]

Uボートとして登場する潜水艦は、アメリカ合衆国が建造したバラオ級潜水艦タイルフィッシュをベネズエラ政府が買い取り、カリテと改名した船体が使用された。Uボートに見せるため、カリテにはシガレット・デッキが取り付けられ、ダズル迷彩も施された[3]。また、劇中に登場する哨戒機のグラマンJ2Fダックは、ハリウッドのスタント・パイロットであるフランク・トールマン (Frank Tallmanレストアしていた機体が使用され[4]、トールマン自身がスタントを行った。現在、この機体は国立アメリカ空軍博物館に展示されている[5]

脚注編集

  1. ^ Release dates for Murphy's War”. IMDb. 2012年12月3日閲覧。
  2. ^ マーフィの戦い”. キネマ旬報. 2012年12月3日閲覧。
  3. ^ a b c DVDのプロダクション・ノートより
  4. ^ Air Trails: 15. (Winter 1971). 
  5. ^ Grumman OA-12 Duck”. National Museum of the United States Air Force. 2012年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年12月5日閲覧。

外部リンク編集