ミトラダテス4世Mithradates IV、? - 140年、在位:129年 - 140年)は、アルサケス朝パルティアの王。パルティア西部を支配した王オスロエス1世の勢力を継承した。

ミトラダテス4世
アルサケス朝パルティア
Mithridates IV of Parthia.jpg
在位 129年 - 140年

死去 140年
子女 シナトルケス2世
ヴォロガセス4世
王朝 アルサケス朝
父親 ヴォノネス2世
テンプレートを表示

来歴編集

ヴォノネス2世の息子であり、ヴォロガセス2世パコルス2世、オスロエス1世の兄弟に当たる。兄オスロエス1世とともにパルティア西部で勢力を振るい、東部を支配する王ヴォロガセス3世に対抗したが、アルメニア王国の王位継承を巡る問題からローマ帝国の皇帝トラヤヌスの侵攻を受け、首都クテシフォンをはじめ全バビロニアがローマに占領された。

ローマの手で傀儡王パルタマスパテスがパルティア王となったが、オスロエス1世、ミトラダテス4世、そしてミトラダテス4世の息子シナトルケス2世はこれに反発して抵抗を続けた。117年にローマの新皇帝ハドリアヌスがバビロニアを放棄すると、兄オスロエス1世はパルタマスパテスを破ってバビロニアの支配権を回復した。

129年、オスロエス1世が死去するとミトラダテス4世はその後継者としてパルティア王となった。東部の王ヴォロガセス3世はアラン人との戦いに奔走していたが、トラヤヌス戦などの影響でミトラダテス4世の不利は如何ともし難く、またその後もローマとの戦いに明け暮れた。

彼は息子シナトルケス2世を後継者に指名したが、対ローマ戦の最中シナトルケス2世は戦死し、ミトラダテス4世もまた、140年にローマ領コマンゲネを攻撃した際に戦没してしまった。この結果パルティアの大部分がヴォロガセス3世の支配下に入った。

しかし、ミトラダテス4世の別の息子ヴォロガセス4世は、ヴォロガセス3世の死後権力を握る事になる。

先代:
オスロエス1世
アルサケス朝パルティア王
129年 - 140年
次代:
ヴォロガセス4世