メインメニューを開く

ミミズバーガーは、ハンバーガーチェーン店のパティ)にミミズの肉が入っているという都市伝説

ファーストフード店でアルバイトとして雇われた従業員が、ミミズの肉を調理している現場を目撃し、多額の口止め料を受け取る、といった筋立ての都市伝説として語られる[1]アメリカ合衆国では1978年から1982年にかけて、大手チェーン店に対する誹謗中傷として広く流布し[2]、荒唐無稽なが真に受けられた典型例としてしばしば引き合いに出される[2]

ミミズ肉は不衛生な屑や汚物を象徴しており、この噂は、アメリカの食文化やジャンクフードに対する偏見や反感を反映した噂であると考えられる[3]

目次

反論編集

そもそも食用ミミズ肉が高価という問題がある。ミミズ肉は牛肉の5倍のコストが掛かり[4]、使用すればそれだけで600円から700円ほどになる[5]。また、ミミズの肉を調理するためには砂袋を取り去るなどの細かい下ごしらえが必要になり、牛肉よりも製造費用が高くなる[6]。90年代のサブカルチャー雑誌「GON!」の誌上企画[7]で実際に作成されたが、「食用ミミズの流通ルートが存在せず、牛肉パティより遥かに高くつく」「土を吐かせたり捌いたりと手間がかかるが、とにかく不味いのが問題」と酷評された。

アメリカのハンバーガーチェーン店であるマクドナルドは噂に対する反論として、ジャーナリストに働きかけたり、食品の安全性を保証する農家の手紙を店舗に張り出したり、マクドナルドのパティが牛肉100パーセントであることをテレビ広告でアピールするなどの対策を行った[4]

ミミズ肉の噂が発生した原因として、機械から出てくる挽肉の通称が「ミミズ」で、それが誤解されたのではという説がある[5][6]

備考編集

なお、牛肉以外の家畜肉が利用される例として、牛肉を使用することができないヒンドゥー教圏では、鶏肉100パーセントとなっている。日本でも豚肉や鶏肉を使ったハンバーガーは珍しくない。

中華人民共和国では、羊肉と偽ってドブネズミネコキツネなどの肉を混ぜたニセ羊肉が実際に流通し、摘発された事例がある[8]

俳優平幹二朗テレビドラマ100億の男』の一幕として、ミミズの入ったハンバーガーを食べる場面がある。

1965年アメリカで公開されたホラー映画『THE WORM EATERS』が日本で公開された際、印象を強くしたいという理由から『ミミズバーガー[9]という邦題が用いられた。

脚注編集

  1. ^ 松田美佐「第3章2節 都市伝説から学校の怪談へ」『うわさとは何か ネットで変容する「最も古いメディア」』中央公論新社中公新書〉、2014年4月25日、80頁。ISBN 978-4-12-102263-9
  2. ^ a b カプフェレ & 吉田 1988, p. 111.
  3. ^ カプフェレ & 吉田 1988, pp. 111-112.
  4. ^ a b カプフェレ & 吉田 1988, p. 296.
  5. ^ a b 並木伸一郎『最強の都市伝説』経済界、2007年、51-54頁。ISBN 978-4-7667-8398-8
  6. ^ a b 松山ひろし『3本足のリカちゃん人形』イースト・プレス、2003年、128頁。ISBN 978-4-87257-410-4
  7. ^ 1996年1月号掲載。
  8. ^ 上海食品安全办:入沪"问题羊肉"已全部查处
  9. ^ 映画『THE WORM EATERS(ミミズバーガー)』紹介ページ

参考文献編集