ミヤマウイキョウ

ミヤマウイキョウ(深山茴香、学名: Tilingia tachiroei )はセリ科シラネニンジン属多年草。別名、イワウイキョウヤマウイキョウ高山植物

ミヤマウイキョウ
Tilingia tachiroei 1.JPG
群馬県至仏山 2012年8月
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : バラ亜綱 Rosidae
: セリ目 Apiales
: セリ科 Apiaceae
: シラネニンジン属 Tilingia
: ミヤマウイキョウ T. tachiroei
学名
Tilingia tachiroei (Franch. et Sav.) Kitag.
シノニム

本文記載

和名
ミヤマウイキョウ(深山茴香)

特徴編集

は直立し、上部は分枝し、高さは10-30cmになる。根出葉には長い葉柄があり、は3-4回羽状に全裂し、終裂片は幅0.5-1mmと細く、先端は針状にとがる。茎につく葉は互生し、長さ5-10cmで、葉柄の基部が鞘状に膨らみ、茎を抱く。

花期は7-9月。茎頂か、分枝した先端に小型の複散形花序をつける。は小さく、白色の5弁花で、花弁は内側に曲がる。複散形花序の下にある総苞片は線形で0-6個、小花序の下にある小総苞片は線形で数個ある。果実は長楕円形になり、分果の隆条は脈状でとがる。油管は分果の表面側の各背溝下に1個、分果が接しあう合生面に2個ある。

和名の由来は、葉が、セリ科ウイキョウ属のウイキョウ Foeniculum vulgare に似ていることによる。

分布と生育環境編集

日本では、北海道、本州中部地方以北、四国に分布し、亜高山帯から高山帯の草地、岩場などに生育する。世界では朝鮮、中国東北部に分布する。

シノニム編集

  • Ligusticum filisectum (Nakai et Kitag.) M.Hiroe
  • Ligusticum tachiroei (Franch. et Sav.) M.Hiroe et Constance
  • Rupiphila tachiroei (Franch. et Sav.) Pimenov et Lavrova
  • Tilingia filisecta (Nakai et Kitag.) Nakai et Kitag.

ギャラリー編集

参考文献編集