メインメニューを開く

ミルフォード (デラウェア州)

ミルフォード: Milford)は、アメリカ合衆国デラウェア州ケント郡サセックス郡に跨るである。2010年国勢調査での人口は9,559 人だった[1]。デラウェア州に10ある市の1つであり、人口では第4位である。

ミルフォード (City of Milford, Delaware)
Milford DE.jpg
ミルフォードのウォルナット通り、2006年撮影
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
デラウェア州の旗 デラウェア州
ケント郡サセックス郡
面積 5.6 sq mi (14.5 km²)
 - 陸地 5.6 sq mi (15 km²)
 - 水面 0.1 sq mi (0 km²)
人口 9,559 (2010年国勢調査)
人口密度 1,707 /sq mi (659 /km²)
入植 1680年
 - 法人化 1807年2月5日
首長 ブライアン・シュープ
等時間 東部標準時 (UTC-5)
 - 夏時間(DST) 東部夏時間 (UTC-4)
郵便番号 19963
市内局番 302
Kent County Delaware incorporated and unincorporated areas Milford highlighted.svg
デラウェア州におけるケント郡(左図)と同郡におけるミルフォードの位置
Delaware in United States (US48).svg
アメリカ合衆国におけるデラウェア州の位置
ウェブサイト: www.cityofmilford.com

ミルフォードのケント郡に入る部分は、ドーバー大都市圏に入っている。またさらに広く4州にまたがるフィラデルフィアレディングカムデン広域都市圏にも含まれている[2]。一方、サセックス郡に入っている部分はソールズベリー大都市圏に入っている。

目次

地理編集

 
ミルフォードのミスピリオン川に並行する歩行者板道
 
ミルフォードのウォルナット通り、2006年撮影

ミルフォード市は北緯38度54分46秒 西経75度25分46秒 / 北緯38.91278度 西経75.42944度 / 38.91278; -75.42944 (38.912840, -75.429327)に位置している[3]。ミスピリオン川に沿っている[4]

アメリカ合衆国国勢調査局に拠れば、領域全面積は5.6平方マイル (15 km2) であり、このうち陸地5.6平方マイル (15 km2)、水域は0.1平方マイル (0.26 km2)で水域率は1.07%である。

歴史編集

ミルフォードのケント郡に入っている部分は、1680年にヘンリー・ボウワンがソーミル・レンジと呼ばれた場所に入植したのが最初だった。その1世紀後、サイデナム・ソーン牧師がその製粉所と製材所の動力を得るために、ミスピリオン川にダムを建設した。これと同じ頃、ジョセフ・オリバーが、そのプランテーションの一部に近い所に、最初の町の通りと区画を引いた。間もなく、フロント通り沿いに多くの家屋や企業が出現した。ミルフォードは1807年2月5日に法人化された[5]

1770年代、ミスピリオン川沿いでは既に造船業が繁栄していた。造船業は第一次世界大戦の頃までミルフォードの主要産業であり続け、町に相当の繁栄をもたらした。1917年、4本マスト、船長174フィート (53 m) のアルバート・F・ポールがウィリアム・G・アボットの造船所から進水したときが頂点だった。ある時点では中心街で6つの造船所が操業していた。1920年代、地域では最後の巨大なホワイトオークの木が切り倒されたときから直ぐに、造船業は衰退の道を歩んだ。ただし、ミスピリオン川の船舶はその後の長く航行を続けた。アルバート・F・ポールは1942年にバハマから航行しているとき、ドイツ魚雷で沈められた。ビニヤード造船所は第一次と第二次の双方の世界大戦で利用され、駆逐艦を建造した[5]

20世紀の大半、ミルフォードは主にデラウェア州南部の大きな農業社会の多くにとって、商業中心として機能していた[5]

デラウェア州知事(2015年時点で73人)のうち7人がミルフォードの出身である。ダニエル・ロジャーズ(在任1797年-1799年)、ジョセフ・ハスレット(1811年-1814年)、ウィリアム・サープ(1847年-1851年)、ピーター・F・コージー(1855年-1859年)、ウィリアム・バートン(1859年-1863年)、ウィリアム・T・ワトソン(1895年-1897年)、ルース・アン・ミナー(2001年-2009年)である[5]

アボットの製粉所、バンク邸、カーライル邸、クライスト・チャーチ、ドーソン博士邸、ドレイパー邸、エッグリントン・ホール、ゴールデン・マイン、グリーア邸、ピーター・ロフランド邸、ジェイムズ・マッコロイ邸、ミルフォード・ニューセンチュリー・クラブ、ミルフォード鉄道駅、ミルフォード造船地域歴史地区、ミル邸、ミスピリオン灯台と信号灯、ノースミルフォード歴史地区、旧消防署、パーソン・ソーン邸宅、サウスミルフォード歴史地区、ウォルナット農園、ウィリアム・T・ワトソン知事邸宅、J・H・ウィルカーソンと息子のレンガ工場が全て、アメリカ合衆国国家歴史登録財に指定されている[6]

ミルフォード中心街の火事編集

2003年5月30日午後3時ごろ、ミルフォードの歴史ある中心街を通るウォルナット通り、ウィリー金物と器具の店に隣接するアパートの2階から出火した。デラウェア州のミルフォード、エレンデール、ハリントン、フェルトン、ドーバー、スミルナ、ハウストン、フレデリカ、スロータービーチ、ボウワーズビーチ、グリーンウッド、サウスボウワーズ、ファーミントン、マグノリア、チェスウォルド、ルイス、ジョージタウン、ブリッジビル、さらにメリーランド州のグリーンズボロとフォールズボロから200人以上の消防士が、消火にあたったが、7つの企業、1つの教会、3つのアパートを焼き、町の歴史地区にある1ブロック全体を破壊した。この火事で死者は出なかったが、市民1人と消防士6人が負傷した[7]

人口動態編集

人口
18601,178
18701,150−2.4%
18801,2407.8%
18902,555106.0%
19002,500−2.2%
19102,6034.1%
19202,7033.8%
19303,71937.6%
19404,21413.3%
19505,17922.9%
19605,79511.9%
19705,314−8.3%
19805,3661.0%
19906,04012.6%
20006,73211.5%
20109,55942.0%
2014(推計)10,179[8]6.5%
U.S. Decennial Census[9]
 
ブレアズ池の夕日

以下は2000年国勢調査による人口統計データである[10]

基礎データ

  • 人口: 6,732 人
  • 世帯数: 2,665 世帯
  • 家族数: 1,700 家族
  • 人口密度: 467.5人/km2(1,210.2 人/mi2
  • 住居数: 2,897 軒
  • 住居密度: 201.2軒/km2(520.8 軒/mi2

人種別人口構成

年齢別人口構成

  • 18歳未満: 27.2%
  • 18-24歳: 9.5%
  • 25-44歳: 27.3%
  • 45-64歳: 18.3%
  • 65歳以上: 17.7%
  • 年齢の中央値: 35歳
  • 性比(女性100人あたり男性の人口)
    • 総人口: 86.6
    • 18歳以上: 80.1

世帯と家族(対世帯数)

  • 18歳未満の子供がいる: 32.6%
  • 結婚・同居している夫婦: 42.6%
  • 未婚・離婚・死別女性が世帯主: 16.8%
  • 非家族世帯: 36.2%
  • 単身世帯: 31.2%
  • 65歳以上の老人1人暮らし: 15.5%
  • 平均構成人数
    • 世帯: 2.44人
    • 家族: 3.03人

収入編集

収入と家計

  • 収入の中央値
    • 世帯: 32,525米ドル
    • 家族: 40,333米ドル
    • 性別
      • 男性: 29,271米ドル
      • 女性: 23,164米ドル
  • 人口1人あたり収入: 16,181米ドル
  • 貧困線以下
    • 対人口: 14.4%
    • 対家族数: 10.4%
    • 18歳未満: 21.1%
    • 65歳以上: 12.6%

教育編集

ミルフォードの公共教育はミルフォード教育学区が管轄している。

犯罪編集

ミルフォード市は、強姦、暴行、夜盗といった犯罪の特定分類では全国平均より高い犯罪率となっている。その他の分類は平均以下だった。

ミルフォード 全国平均
殺人 0.0 6.9
強姦 97.22 32.2
強盗 166.7 195.4
悪質な暴行 1333.3 340.1
窃盗 1027.8 814.5
夜盗 5500.0 2734.7
自動車泥棒 291.7 526.5

犯罪率 = (犯罪件数/人口)x 100,000[11]

著名な出身者編集

脚注編集

  1. ^ アーカイブされたコピー”. 2016年12月31日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月19日閲覧。
  2. ^ http://www.whitehouse.gov/sites/default/files/omb/bulletins/2013/b13-01.pdf
  3. ^ US Gazetteer files: 2010, 2000, and 1990”. United States Census Bureau (2011年2月12日). 2011年4月23日閲覧。
  4. ^ DeLorme (2004). Maryland Delaware Atlas & Gazetteer. p. 52. Yarmouth, Maine: DeLorme. ISBN 0-89933-279-X.
  5. ^ a b c d History of Milford, Delaware, http://www.cityofmilford.com/index.aspx?NID=166, accessed 2012-04-11
  6. ^ National Park Service (2010-07-09). "National Register Information System". National Register of Historic Places. National Park Service. 
  7. ^ http://www.firehouse.com/news/10541741/fire-hits-block-in-historic-milford-delaware
  8. ^ Annual Estimates of the Resident Population for Incorporated Places: April 1, 2010 to July 1, 2014”. 2015年6月4日閲覧。
  9. ^ Census of Population and Housing”. Census.gov. 2015年6月4日閲覧。
  10. ^ American FactFinder”. United States Census Bureau. 2008年1月31日閲覧。
  11. ^ [1]

外部リンク編集