メインメニューを開く

ネイティブ・アメリカン

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

ネイティブ・アメリカン(Native American ネイティヴ・アメリカン)とは、アメリカ合衆国の先住民族の総称である。1492年ヨーロッパ系白人が現在の北米地域に到達する以前に、現地に居住していた民族を総称していう。この集団のアイデンティティ形成には、地域文脈、居住地域における同胞民族の存在、ネイティブアメリカン特別保留地との距離等の要素が関連する。2013年現在、連邦政府が認める部族集団は566、州政府レベルではさらに70の集団が存在するといわれる[1]

目次

歴史編集

呼称に関する議論編集

「ネイティブ・アメリカン」や「インディアン」、「アメリカインディアン」などの呼称をめぐっては様々な議論がある。

貧困問題編集

2013年日本大学の武井 勲は、絶対貧困率・相対貧困率ともに白人の水準を大きく上回る分析結果を発表しており、ネイティブアメリカンというステータスが貧困に密接に結びついていると示唆した[2]。またこれによる自殺率も高いといわれる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 武井2013, 68頁
  2. ^ 武井2013, 72頁

参考文献編集