メインメニューを開く

ミレニアム・ファルコン:スマグラーズラン

ミレニアム・ファルコン:スマグラーズラン: Millennium Falcon: Smugglers Run)は、世界のディズニーパークの「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」内に存在するアトラクションである。

目次

存在するパーク編集

建設中のパーク編集

概要編集

映画『スター・ウォーズ』に登場するハン・ソロの愛船ミレニアム・ファルコン号を操縦するという設定である。

コックピットには6人が乗車でき、前方が自由に操作でき、ハイパースペースを起動できる。後方は自由自在。四方八方にブラスターを撃てる[1]

評価編集

様々な世界のメディアからミレニアム・ファルコンの外観、内部の再現度は100%と言われている[2]

各施設の紹介編集

ディズニーランド編集

ミレニアム・ファルコン:スマグラーズラン
Millennium Falcon: Smugglers Run
オープン日 2019年5月31日
スポンサー なし
定員 6人
利用制限   不明
ファストパス   不明
シングルライダー   対象外


世界で初めて展開されたアトラクションである。

ストーリー編集

スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017公開)後が舞台となり、ハン・ソロミレニアム・ファルコン号の修理のため、チューバッカが「ギャラクシーズ・エッジ」の舞台、惑星バトゥーに寄港していた。

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』と『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』の間の3Dアニメ『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』や『スター・ウォーズ 反乱者たち』などに登場した海賊ホンドー・オナカーにより、ミレニアム・ファルコン号を貸し付けたことから宇宙の冒険がスタートする。

脚注編集