メインメニューを開く

ムシェズィプ・マルドゥク

ムシェズィプ・マルドゥクMushezib Marduk、在位:紀元前692年 - 紀元前689年)は、アッシリアに反乱を起こして戦死したネルガル・ウシェズィプ英語版の後を継いでバビロニア王についた人物。一時アッシリア軍を撃退したが、センナケリブによって倒された。

ムシェズィプ・マルドゥク
バビロニア
在位 紀元前692年 - 紀元前689年

死去 紀元前689年
テンプレートを表示

来歴編集

カルデア人の王子であったという。ネルガル・ウシェズィプがアッシリアに敗れて倒れると、跡を継いで紀元前692年にバビロニア王となった。エラムフンバン・ニメナロシア語版の支援を受け、周辺諸国も味方につけた彼は紀元前691年ハルールの戦い英語版英語: Battle of Khalule[1]でセンナケリブ率いるアッシリア軍を退け、一時的にバビロニアからアッシリア勢力を一掃することに成功した。

しかし、紀元前689年には再度センナケリブの攻撃を受け、バビロンは包囲された。9か月にも及ぶ包囲戦の末バビロンは陥落し、センナケリブの手によってマルドゥク神像が奪われバビロン市の大部分が破壊された。恐らく彼もこの時殺害されたと考えられる。

脚注編集

  1. ^ Taylor inscription


先代:
ネルガル・ウシェズィプ英語版
バビロニア王
107代
紀元前692年 - 紀元前689年
次代:
センナケリブ