メガネウ(学名:Phalacrocorax perspicillatus)は、ペリカン目ウ科に属する鳥類絶滅種カムチャツカ半島東方のベーリング島に生息していた。別名ベーリングシマウ

メガネウ
ExtbPallusCormorantovw.jpg
メガネウ
保全状況評価
EXTINCT
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 EX.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: ペリカン目 Pelecaniformes
: ウ科 Phalacrocoracidae
: Phalacrocorax
: メガネウ P. perspicillatus
学名
Phalacrocorax perspicillatus
Pallas, 1811
和名
メガネウ
英名
Spectacled Cormorant

メガネウの名はの周辺に毛のない白い皮膚の部分があることに由来する。羽毛は暗緑色で、は青みがかっていた。飛ぶのはあまり上手ではなく、動作も遅かった。大型の鳥で長さは1メートル以上、体重は6kg前後。

1741年ゲオルク・シュテラーによって発見された(彼はヴィトゥス・ベーリング探検隊の医師で、ベーリングの死によって隊長役を務めることになった。ステラーカイギュウの発見者でもある)。探検家ラッコ猟の猟師が食用として乱獲したことにより、1852年頃に絶滅したとされる。ソ連の動物学者レフ・ベルグは、アレウト族によって絶滅されたと考えた[1]

脚注編集

  1. ^ L.ベルグ『カムチャツカ発見とベーリング探検』龍吟社、1942年、P.330。