メタノサルキナ属Methanosarcinaメタノサルシナ)は、多様な淡水域・哺乳類消化器官に分布するメタン生成古細菌である。水素のほか有機酸アルコールなどもメタン生成の基質として用いることができる。メタノサルキナの発見は1930年代にまで遡り、メタン菌の中でも最も古い部類に入る。

メタノサルキナ属
Methanosarcina barkeri fusaro.gif
Methanosarcina barkeri
分類
ドメ
イン
: 古細菌 Archaea
: ユリアーキオータ界
Euryarchaeota
: ユリアーキオータ門
Euryarchaeota
: メタノミクロビウム綱
Methanomicrobia
: メタノサルキナ目
Methanosarcinales
: メタノサルキナ科
Methanosarcinaceae
: メタノサルキナ属
Methanosarcina
学名
Methanosarcina Kluyver and van Niel 1936

形態は球菌が基本で、それらが多数集まったサルキナ様の群体を形成する種も多い。個々の細胞を包むS層の外側に、動物組織に存在するコンドロイチンに似たメタノコンドロイチンを持ち群体を形成する。属名はこの形態に由来しており、ラテン語でメタン+Sarcina(サルキナ、包み)を意味している。

栄養的には通性独立栄養または従属栄養的に増殖する。メタノサルキナはメタン菌の中でも特に多様な物質をメタン生成の基質に利用することが可能であり、水素-二酸化炭素系のほかに、ギ酸酢酸メタノールメチルチオールメチルアミン一酸化炭素などを利用することができる。酢酸を基質に反芻動物の胃やメタン発酵装置でしばしば優占する。人間大腸からも分離されている。

ゲノムサイズは記載されている古細菌の中では最大である。Methanosarcina acetivorans C2Aのゲノムサイズは575万1492bpORFは4540箇所であり、解析時は全原核生物の中でも4番目に大きいものであった。他にM. barkeri(483万7408bp)、Methanosarcina mazei(409万6345bp)のゲノムが解読されている。

分類編集

  • Methanosarcina barkeri(基準種) - M. acetivorans - M. baltica - M. lacustris - M. mazei - M. semesiae - M. siciliae - M. thermophila - M. vacuolata

参考文献編集

  • Galagan, J. E., Nusbaum, C., Roy, A., Endrizzi, M. G., Macdonald, P., FitzHugh, W., Calvo, S., Engels, R., Smirnov, S., Atnoor, D., Brown, A., Allen, N., Naylor, J., Stange-Thomann, N., DeArellano, K., Johnson, R., Linton, L., McEwan, P., McKernan, K., Talamas, J., Tirrell, A., Ye, W., Zimmer, A., Barber, R. D., Cann, I., Graham, D. E., Grahame, D. A., Guss, A. M., Hedderich, R., Ingram-Smith, C., Kuettner, H. C., Krzycki, J. A., Leigh, J. A., Li, W., Liu, J., Mukhopadhyay, B., Reeve, J. N., Smith, K., Springer, T. A., Umayam, L. A., White, O., White, R. H., Conway de Macario, E., Ferry, J. G., Jarrell, K. F., Jing, H., Macario, A. J., Paulsen, I., Pritchett, M., Sowers, K. R., Swanson, R. V., Zinder, S. H., Lander, E., Metcalf, W. W., Birren, B. (2002). “The genome of M. acetivorans reveals extensive metabolic and physiological diversity”. Genome Res 12 (4): 532–42. PMID 11932238.