メインメニューを開く

メダルウィナーズオープン英語:MEDAL WINNERS OPEN)は、2012年より国際スケート連盟(ISU)の公認で行われるフィギュアスケートにおけるプロアマ混合の国際大会。

目次

概要編集

  • 選手の出場資格としてオリンピック世界選手権ヨーロッパ選手権四大陸選手権グランプリファイナルの5大会においてメダルを授与された選手のみ出場資格が与えられる。尚、メダルを獲得した選手であれば、プロでもアマチュアでも出場が可能である。
  • 男女別にシングル6名ずつで争われ、男子は3分30秒、女子は3分のフリープログラムにて競技を行う。
  • 競技会のため、採点はISUの採点法に準じ、上位3名にはメダルも授与される。ジャッジはISUから派遣された9人編成とする。

ルール説明編集

  • ウェルバランスプログラムによる演技には、各スケーターによるより芸術性を重視したものを期待する。
  • 女子シングルの演技時間は3分、男子の演技時間は3分30秒とし、10秒間の増減が可能。
  • ジャンプエレメンツは2回転以上を3つまで。うち1つはコンビネーションまたはシークエンスでもよい。コンビネーションは2つのジャンプからなるもの。シークエンスに含むジャンプの数に制限はないが、難易度の高い2つの得点を採用する。演技後半のジャンプには1.1の係数を掛ける。
  • スピンはアブリビエーション(略記号)の異なるスピンを3つまで。
  • 1つのコレオグラフィック・シークエンス。
  • 如何なるボーカル入り音楽も許される。
  • 特殊照明を入れた中での演技が可能。
  • イス、机、ピアノなどの使用は不可、帽子、剣、杖、傘等の使用は可。使用可能な小道具を氷上に落下させた場合の減点はない。
  • ISUの採点方法に準じているため、いくらプロスケーターによる演技であっても、演技の要素に減点項目の対象となれば、減点となる。(2012年にフィリップ・キャンデロロが演技中に行った「バックフリップ」は減点対象となった。)

歴代大会結果編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集