メトロノーム (雑誌)

メトロノーム』(Metronome) は、1881年から1961年にかけて刊行されていたアメリカ音楽雑誌[1][2]

Metronome
『メトロノーム』誌、1949年9月号
アーティ・ショウが表紙を飾った1949年9月号
カテゴリ 音楽雑誌
創刊年 1881年
最終号 1961年
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

この雑誌は、最初期にはマーチングバンド、次いでダンスホールなどの伴奏バンドのミュージシャンたちを主な読者としていたが、スウィング時代以降は、もっぱらジャズ音楽ジャンルの愛好家たちに訴求する内容に焦点をあてるようになっていった。同誌で活躍した特筆すべき書き手としては、共同編集人であったレナード・フェザーバリー・ウラノフ英語版が知られており、マイルス・デイヴィスは彼らについて、ニューヨークでたった2人だけのビバップを理解している白人批評家だと述べている[3]。この雑誌は、1961年に廃刊した[2]

メトロノーム・オール・スターズ・バンド編集

『メトロノーム』誌は、1939年から1961年までの毎年、人気投票を実施して[4]、ジャズの楽器ごとに、その年の最高のミュージシャンが誰だったか読者の意見を集めていた。年によっては、『メトロノーム』誌がオールスターズの楽団を編成して、レコーディングをおこなうこともあり、1939年から1942年1945年から1950年1953年1956年にそれが実現した[4]

そうした場合、オールスターのグループは2曲を録音することが多く、参加者のほとんど全員が短いソロを取ることが例となっていた[4]

1940年、『メトロノーム』誌は、ハリー・ジェイムスジャック・ティーガーデン英語版ベニー・カータージェシー・ステイシー英語版チャーリー・クリスチャンジーン・クルーパを含む、9人編成のメトロノーム・オール・スター・ナイン (the Metronome All Star Nine) を組んだ[5]

オース・スターズ・バンドには、「メトロノーム・オール・スター・ナイン」のほか、「メトロノーム・オール・スターズ (Metronome All Stars)」、「メトロノーム・オール・スターズ1956 (Metronome All Stars 1956)」、「ザ・メトロノーム・オール・スターズ (The Metronome All-Stars)」、「メトロノーム・オールスターズ (Metronome Allstars)」といった名称のバリエーションがあった[4]

脚注編集

  1. ^ "Dan Morgenstern oral history", Ed Berger, March 2007, webpage (PDF):smithsonianjazz-Morgenstern.
  2. ^ a b Teicher, Jordan G. (2015年8月11日). “Rare Photographs of Jazz Icons from the Archives of Metronome Magazine”. Slate. http://www.slate.com/blogs/behold/2015/08/11/photographs_from_metronome_magazine_s_jazz_archives_in_pierre_vudrag_s_exhibit.html 2016年2月22日閲覧。 
  3. ^ Davis, Miles (1989). Autobiography.
  4. ^ a b c d "Metronome All-Stars Band Discography" (overview), Discogs.com, 2009, webpage: Dcogs.
  5. ^ "Jazz CDs, Pt. 1 - November 2002", John Henry, Audiophile Audition, AudAud.com, 2002, webpage: AA-NOV02.

関連項目編集

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、Metronome magazineに関するカテゴリがあります。