モアイの謎』(原題:Rapa Nui)は、1994年制作のアメリカ合衆国の映画

モアイの謎
Rapa Nui
監督 ケヴィン・レイノルズ
脚本 ティム・ローズ・プライス
ケヴィン・レイノルズ
製作 ケビン・コスナー
ジム・ウィルソン
製作総指揮 ガイ・イースト
バリー・M・オズボーン
出演者 ジェイソン・スコット・リー
イーサイ・モラレス
サンドリーヌ・ホルト
音楽 スチュワート・コープランド
撮影 スティーヴン・F・ウィンドン
編集 ピーター・ボイル
配給 アメリカ合衆国の旗 ワーナー・ブラザース
日本の旗 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年9月9日
日本の旗 1995年1月21日
上映時間 107分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$305,070[2]
テンプレートを表示

イースター島モアイに関する謎を対立する2つの部族の間で起きる闘争や部族を越えた恋を絡めて描いたドラマ映画ケビン・コスナー製作。

あらすじ編集

白人によって発見される以前のラパ・ニュイ島(現・イースター島)。島民は貴族の長耳族と、労働者階級の短耳族の2つに別れており、短耳族の人々は先祖に捧げるモアイ作りのため、日々過酷な労働を強いられていた。

そんな中、長耳族の若者ノロは階級の差に疑問を持ち、短耳族である恋人ラマナとの結婚を望み、祖父で長老のアリキ・マウに相談する。アリキ・マウは神官と協議した結果、恒例の鳥人レースでノロが勝つことと、それまでの半年間、ラマナが「白い処女の洞窟」に入らなければならないという厳しい条件を課す。

一方、過酷な労働の毎日に、ついに短耳族が怒りを爆発させた。彼らをなだめるため、アリキ・マウは短耳族の中から1人だけ鳥人レースに出場することを認め、ラマナに密かに思いを寄せていたノロの友人マケが志願する。マケはもし自分が勝ったらラマナと結婚したいと言う。ノロとマケの階級を越えた友情は憎しみに変わっていった。

レースの日が刻一刻と近づく一方、モアイ像運搬のために必要な丸太を切りだすため、島中の木という木が伐採され、また、島の人口増加で食料が乏しくなり、島は危機に瀕しつつあった。

ノロはそんな島の状況を憂慮しながらも、レースに勝利したが、ついに短耳族の反乱が起こり、ラマナと共に島を離れざるを得なくなってしまう。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹き替え

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集