メインメニューを開く
絞り器付きバケツとモップ

モップ (𢪱布、 : Mop) とは、などを掃除するための道具である[1]

ウェットモップは、基本的に長い柄と水を吸収する分厚くて柔らかな繊維から構成される。床をきれいにするため、モップをバケツの中の水に浸し、床に擦りつけて使う。液体がこぼれた場合にもモップが使われる。モップ用の絞り器の付いた専用バケツ(スクイザー)もあり、共に用いられることも多い。

発明家ジェイコブ・ハウ (Jacob Howe) は、モップの特許1837年に受けた[2]

ドライモップ(ダストモップ)はを拾い上げるようにデザインされており、ウェットモップより幅広いヘッドと短めの柄を持つ傾向にある。

スクーバのような床磨きロボットも、その見た目は伝統的なモップとは大きく異なるものの同じ役割を果たすため、モップの一種と言える。

モップのヘッドは、綿ジュートなどの繊維が互いに円形のホイールに縫い付けられているか接着されている。機械式のヘッドの場合、シャフトに取り付けるための穴が中央に空く。これらのモップは金属の研磨などに用いられる。

脚注編集

  1. ^ コトバンク"モップとは"(2012年10月31日閲覧。)
  2. ^ U.S. Patent 241

関連項目編集