モルテローネ

コムーネ

モルテローネ: Morterone) は、イタリア共和国ロンバルディア州レッコ県にある、人口30人たらずの基礎自治体コムーネ)。

モルテローネ
Morterone
モルテローネの風景
行政
イタリアの旗 イタリア
ロンバルディア州の旗 ロンバルディア
県/大都市 Blank.png レッコ
CAP(郵便番号) 23811
市外局番 0341
ISTATコード 097055
識別コード F758
分離集落 #分離集落参照
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 29 [1](2021-01-01)
人口密度 2.2 人/km2
文化
住民の呼称 morteronesi
守護聖人 Assunzione di Maria
祝祭日 8月15日
地理
座標 北緯45度52分26秒 東経09度28分58秒 / 北緯45.87389度 東経9.48278度 / 45.87389; 9.48278座標: 北緯45度52分26秒 東経09度28分58秒 / 北緯45.87389度 東経9.48278度 / 45.87389; 9.48278
標高 1070 (758 - 1667) [2] m
面積 13.47 [3] km2
モルテローネの位置(イタリア内)
モルテローネ
モルテローネの位置
レッコ県におけるコムーネの領域
レッコ県におけるコムーネの領域
イタリアの旗 ポータル イタリア
テンプレートを表示

標高1070mの山村で、2015年1月1日時点でのコムーネ人口は38人。ペデジーナソンドリオ県)に次いでイタリアで2番目に人口の少ないコムーネである。

名称編集

地名は、ラテン語の mortarium(沼)あるいは myrtumギンバイカ)に由来するという。

地理編集

位置・広がり編集

レッコ県中部、ヴァルサッシーナイタリア語版に位置するコムーネである。モルテローネの集落は、県都レッコから東北東へ 7 km、ベルガモから北西へ 25 km、州都ミラノから北北東へ 51 km の距離にある[4]。県都レッコの隣接コムーネであるが、レセゴーネ山 (Resegone(1877m)によって隔てられているため、大幅な迂回を強いられる。

隣接コムーネ編集

隣接するコムーネは以下の通り。BGはベルガモ県所属。

コムーネは山によって取り囲まれており、隣接するコムーネのうち車道が通じているのはバッラービオのみである。モルテローネ集落からバッラービオ集落(直線距離で西北西へ5km)へは、曲がりくねった山道(県道63号線)を16.4km[5]、標高差にして409m[2]下らなければならない。しかしバッラービオとモルテローネ間の路線バスは無いので、徒歩だと5時間もかかる。

地勢・地形編集

ベルガモ・プレアルプス山脈 (it:Alpi e Prealpi Bergamascheに連なる山地に囲まれている。

レッコとの間にレセゴーネ山がそびえるが、山頂周辺はレッコの市域に属している。村域の北西端(バッラービオ、モッジョとの境界)にMonte Due Mani(1666m)がある。

気候分類・地震分類編集

気候分類イタリア語版では、zona F, 3592 GGに分類される[6]。 また、イタリアの地震リスク階級 (itでは、zona 3 (sismicità bassa) に分類される[7]

社会編集

経済・産業編集

かつては酪農や木炭生産が主要産業であった[8]。現在は観光業が主となっており、多くの登山客・観光客が訪れる。

人口編集

かつては400人近い人口を有していたこともあったが、交通の不便さ[8]などから土地を離れる人が増え、1970年前後には100人を割り込んだ。2001年の国勢調査時には33人で、イタリア国内で最も人口の少ないコムーネであった[2]。2017年に日本のテレビ局がこの村を取材したが、そのときに人口は27人(平日の村の人口は13人)と紹介されていた。

人口推移編集

教育編集

教会はあるが学校はなく、村の子供はバッラービオレッコの学校まで、スクールバスか自家用車で通うことになる。

行政編集

議会は、バッラービオと合同で開かれる。

分離集落編集

以下の分離集落(フラツィオーネ)がある。

  • Medalunga, Frasnida, Costa, Zuccaro, Selvano, Fracchio, Pallio e Boaccio, Frasnida, Zuccaro le Piotte

山岳部共同体編集

姉妹都市編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Resident population on 1st January : Lombardia” (英語). 2021年5月10日閲覧。左側メニューのPopulation and Households > Population > Resident population on 1st January > Regions and municipalities より州を選択
  2. ^ a b c 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Popolazione residente - Lecco (dettaglio loc. abitate) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2013年3月29日閲覧。
  3. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Superficie territoriale (Kmq) - Lecco (dettaglio comunale) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2013年3月29日閲覧。
  4. ^ 地図上で2地点の方角・方位、距離を調べる”. 2017年1月18日閲覧。
  5. ^ google Map の経路検索による。
  6. ^ Tabella dei gradi/giorno dei Comuni italiani raggruppati per Regione e Provincia”. 新技術エネルギー環境局(ENEA) (2011年3月1日). 2017年1月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月20日閲覧。
  7. ^ Classificazione sismica - Aggiornata ad aprile 2021. (xls)”. https://rischi.protezionecivile.gov.it/it/sismico/attivita/classificazione-sismica. イタリア市民保護局. 2021年9月9日閲覧。
  8. ^ a b 第77回 モルテローネ(ロンバルディア州)”. 小さな村の物語 イタリア. BS日テレ (2010年9月6日). 2015年3月26日閲覧。

外部リンク編集