株式会社BS日本(ビーエスにっぽん、BS Nippon Corporation)は、BSデジタル放送を行っている日本テレビ系列の衛星基幹放送事業者で、日本テレビホールディングスの完全子会社である。

株式会社BS日本
BS Nippon Corporation
BS4 logo.svg
Nittele Tower 2013.jpg
BS日本が入居する日本テレビタワー
種類 株式会社
略称 BS日テレ、BS4
本社所在地 日本の旗 日本
105-8644
東京都港区東新橋一丁目6番1号
日本テレビタワー23階
設立 1998年12月2日
(株式会社ビーエス日本として)
業種 情報・通信業
事業内容 放送法による基幹放送事業者の放送事業
放送番組等、各種ソフトの企画・制作・販売・広告および宣伝業務
音楽・美術・演劇・スポーツ等の各種催物の企画・制作・販売および興行業務
代表者 代表取締役会長:丸山公夫
代表取締役社長:吉田真
資本金 250億円(2010年3月31日時点)
売上高 67億6400万円(2010年3月期)
営業利益 7億7200万円(2010年3月期)
純利益 8億1100万円(2010年3月期)
純資産 102億7500万円
(2010年3月31日時点)
総資産 109億6500万円
(2010年3月31日時点)
従業員数 55人(2015年3月時点)
決算期 3月末日
主要株主 日本テレビホールディングス 100%
外部リンク http://www.bs4.jp/
特記事項:2004年6月23日に株式会社BS日本へ商号変更
テンプレートを表示
BS日テレ
日本中に、ゆたかな時を。
基本情報
略称(愛称) BS4
運営(番組供給)事業者 株式会社BS日本
本社(本部) 〒105-8644
東京都港区東新橋一丁目6番1号
放送(配信)開始 2000年12月1日
HD放送(配信)開始 2000年12月1日
視聴料金 無料
衛星基幹放送(BSデジタル放送)
放送事業者 株式会社BS日本
チャンネル番号 Ch.143(HD)、144(臨時)
独立データ放送 Ch.744-746ch
リモコンキーID 4
物理チャンネル BS-13ch
放送開始 2000年12月1日
HD放送開始 2000年12月1日
公式サイト

チャンネルの名称は『BS日テレ』(ビーエスにっテレ)で、リモコンキーIDは日本テレビのアナログ親局4chから「4」。2008年4月1日からはそれに因み「BS4」(ビーエス・フォー)という略称も併用している[1]

目次

概要編集

他の民放キー局系のBSデジタル放送局と共に、2000年12月1日に放送を開始。

民放系のBSデジタル放送局では初となる、24時間放送を実施している(不定期にメンテナンスによる放送休止の場合あり)。

開局当初から2014年3月までの本社は東京都千代田区日本テレビ放送網麹町分室にあり、送出マスターも麹町分室に置かれていた。2014年3月3日より日本テレビタワーに本社を移転。本社移転と同時に日本テレビタワーに新設した送出マスターに更新した。また、新マスターの稼働により、マルチ編成が可能になった。

キャッチコピー編集

  • 2000年12月 - 2005年11月:「みて、みて、あそぶ。BS日テレ」
  • 2005年12月 - 2008年3月:「本物空間 BS日テレ 4 (for) you」
「4」のロゴの中に"for"の文字が入っていた。
  • 2008年4月 - 2010年2月、2011年4月 - 9月:「BS4 BS日テレ」[2]
  • 2010年3月 - 2011年3月:「BS日テレ+」
開局10周年記念キャッチコピーで、「+」のロゴの中に"10th anniversary"の文字が入っていた。すなわち「BS日テレ 10th anniversary」。
  • 2011年10月 - 2013年12月:「4you BS日テレ」(2012年10月からCMなどでは使用されていない)
  • 2014年1月 - :「日本中に、ゆたかな時を。」[3]

沿革編集

  • 局ロゴの「BS」の字体を変更し文字色をオレンジに、「日テレ」の文字デザインを日テレ・グループ・ホールディングスのロゴと同じデザインに変更し、文字色をゴールドに変更。なんだろうの配色も変更(詳しくは後述)。
  • ウォーターマークの表示位置を画面左上から右上に変更。
  • BSデジタル4ch(厳密にはID4)を意味する新たな略称「BS4」の使用を開始。
局ロゴの「BS」の文字色をプレミアム・シルバーに、「日テレ」を日本テレビと同じ「0テレ」に変更して、日テレグループの「3波一体編成」を表現する[5]
また、製作・著作クレジットを「BS日テレ」から「BS0テレ」に、ウォーターマークのロゴマークを「なんだろう+BS日テレ」から「BS0テレ」にそれぞれ変更するとともに、ウォーターマークについては、従来の不透過性から透過性に変更。

資本構成編集

企業・団体は当時の名称。出典:[6][7]

2012年10月1日以降編集

株主 比率
日本テレビホールディングス 100%

過去の資本構成編集

チャンネル内訳編集

テレビ放送
BS141 - 143chは開局以来長らくマルチ編成を行っていなかったが、2014年3月に新マスター設備が稼働し、マルチ編成が可能になり、メインチャンネルで通常番組もしくは特別番組放送時にサブチャンネルで野球中継を放送する際には141(・143)chで通常放送もしくは特別番組(HD)、142chで野球中継(SD)が実施される。また、144chは臨時放送用として割り当てられているが、使用されたことはない。
なおマルチチャンネル編成がスタートする時間帯には141(・143)でそのチャンネルの切り替えについての説明(ここでは赤ボタンを押して切り替えることだけを説明)が原則として行われる。サブチャンネルで野球中継が放送されていない時間帯には、電波運用上の関係から142が休止となるため、2015年は灰色バックで「リモコンの青ボタンを押して、141チャンネルをご覧下さい。」と、2016年は「(141chで放送中の番組の静止画に)ただいま141chで(放送中の番組名)を放送しています。」の字幕が表示される。
独立データ放送
  • BS744 - 746ch
現在は放送を終了しており、使用されていない。
放送終了前のチャンネルの使い分けは、以下の通り。
  • 744ch - ニュース・番組情報・天気予報、745ch - 双方向サービスチャンネル、746ch - 天気情報チャンネル
ラジオ放送

同系列のラジオ日本が制作を担当する2つのチャンネルを放送していたが、2005年9月30日をもって終了した。

  • BS444ch - BS日テレラジオ444 ヒーリングステーション
  • BS445ch - BS日テレラジオ445 衛星版ラジオ日本(ラジオ日本の一部の番組を同時放送

主な番組編集

表示時間は全て日本標準時(JST)。

ニュース編集

CSチャンネル日テレNEWS24の再送信が中心。

番組名 放送日時 備考
さきがけニュース 月曜・水曜・木曜 3:00 - 4:00
火曜・金曜 2:30 - 4:00
土曜 3:00 - 5:00
日曜 3:00 - 4:30
日テレNEWS24制作
CS放送で実施している字幕放送は行っていない。ただし、かつてはデータ放送が付加されていた。
通販番組挿入やスポーツ中継の関係で短縮・休止の場合あり。
メンテナンスのため、主に月曜は休止の場合あり。
Oha!4 NEWS LIVE・第1部 月曜 - 金曜 4:00 - 5:20 日テレNEWS24制作[8]
CS放送・関東地上波日本テレビで実施している字幕放送は行っていない。スポーツ中継の関係で短縮の場合あり。
メンテナンスのため、休止(主に月曜)または短縮の日あり。
深層NEWS 月曜 - 金曜 22:00 - 23:00 自社制作。日テレNEWS24でも2時間遅れの翌日 0:00 - 1:00に遅れて放送される。
  • 重大な災害が発生した場合は、地上波の報道番組をサイマルネット[9]する場合がある。

スポーツ編集

ジャンル 番組名 放送日時 再放送日時 備考
野球 次の瞬間、熱くなれ。THE BASEBALL 18:00 - 20:54(ナイトゲーム)
14:00 - 16:54(デーゲーム)
2011年からはトップ&リレー中継も実施
番組の記事も参照のこと
番組延長時は142chで放送(平日のナイターのみ)。
ロードレース英語版 箱根駅伝 毎年1月2日3日
21:00 - 22:54
2時間のダイジェスト放送(2012年までは3時間)。
2012年からは予選会も録画放送[10]
密着!箱根駅伝 月1回 土曜 22:00 - 23:00
俺達の箱根駅伝 木曜 22:54 - 23:00
東京マラソン 開催日 21:00 - 24:00 3時間のダイジェスト放送
フジテレビと隔年で中継を担当
サッカーフットサル FIFAクラブワールドカップ 2016年大会は開幕戦、準々決勝全2試合、5位決定戦の計4試合を中継
全国女子選抜フットサル大会
AFCチャンピオンズリーググループリーグ 水曜・木曜 2:30 - 4:25 前日に開催される日本チーム出場試合があった場合に限る。
そのうちの1試合を録画中継。
ボクシング REAL SPIRITS 不定期
公営競技 KEIRIN LIVE〜夢見マクリ!S級新聞社 不定期 独立局と同時放送
パンサーの競輪はじめました 不定期
BOAT RACE ライブ BSフジとフォーマットを統一
ゴルフ[11] ゴルフの翼 日曜 9:30 - 10:00
武井壮のゴルフ コロッセオ 金曜 23:00 - 23:30 2017年4月7日スタート
その他 アスリートの輝石 日曜 17:30 - 18:00
ボウリング革命 P★League 日曜 22:00 - 22:30 制作協力 - ワイズメンコミュニケーションズ、オフィスて・ら

映画・ドラマ編集

ジャンル 放送枠名 放送日時 放送内容 備考
映画 プレシャスタイム 土曜 19:00 - 20:54
日曜 13:00 - 14:54
映画 一部はSD画質放送
映画以外の特別番組が編成される週もある
国内ドラマ (時代劇) 火曜 - 木曜 18:00 - 19:54 時代劇 一部はSD画質放送
プロ野球中継等による休止あり
スペシャルセレクション 金曜 18:00 - 19:54 火曜サスペンス劇場』および
火曜ドラマゴールド』の傑作選
サスペンス傑作選 土曜・日曜 12:00 - 13:52
サタデースペシャル 土曜 19:00 - 20:54
アジアドラマ (韓国ドラマ) 月曜 - 金曜 10:00 - 10:54 韓国ドラマの帯放送枠 一部はSD画質放送
日本語字幕版(全作品)
データ(一部のみ)
月曜 - 金曜 12:05 - 13:00
月曜 - 金曜 13:30 - 14:24
月曜 - 金曜 16:00 - 17:00
日曜 22:00 - 22:55 韓国ドラマ
その他のドラマ (海外ドラマ) 水曜 23:00 - 23:54 アメリカのドラマ 日本語吹き替え版

アニメ・キッズ編集

日本テレビが製作に参加している作品の放送実績が少ないが、2013年10月期には日本テレビ製作の『HUNTER×HUNTER』を放送した。2014年1月期には、同時期での放送ではないものの、日本テレビ製作の深夜アニメ『GJ部』を放送した。同年4月期からは、地上波日本テレビとの同時期ネットで深夜アニメを放送している[12]

地上波における独立局系を幹事として放送されるアニメ(かつてのUHFアニメ)については、2013年4月期ごろから断続的な放送が続きつつも、継続的に放送していた。2015年1月期には、深夜アニメは4枠になり、過去最多となったが、この期が終わる2015年3月で一旦終息。2016年1月には1作品の放送が復活した。

番組名 放送日時 備考
おはよう!アンパンマン 日曜 6:00 - 7:00
それいけ! アンパンマンくらぶ 月曜 - 金曜 8:00 - 9:00 開局時から放送中

エンターテインメント・情報編集

番組名 放送日時 再放送日時 備考
真麻のドドンパッ! 月曜 - 金曜 11:00 - 11:55 2016年10月3日スタート
笑点 なつかし版 月曜(5代目圓楽Ver.)・火曜(歌丸Ver.) 19:00 - 19:54 2016年10月10日スタート
Dr.らく朝 笑いの診察室 月曜 20:54 - 21:00
わんニャン倶楽部〜動物と楽しく暮らそう〜 火曜 20:00 - 20:54
スター感動秘話!我が心の師 〜人生を変えた伝説の人〜 火曜 20:00 - 20:54 2017年4月4日スタート
笑点 特大号 水曜 21:00 - 22:00
ナオミクローゼット 木曜 0:00 - 0:30
BS吉テレ 木曜・金曜 0:00 - 0:30
料理人・松平健 にっぽん食の道 木曜 19:00 - 19:54 2016年4月14日スタート
片岡愛之助の解明!歴史捜査 木曜 21:00 - 22:00 2015年4月9日スタート
ぶらぶら美術・博物館 金曜 20:00 - 20:54 制作協力 - 東阪企画
夢の通り道 金曜 20:54 - 21:00 日本テレビ製作 地上波より5日遅れ
久米書店midnight〜夜の本の虫〜 金曜 23:30 - 翌0:00
EBIDANアミーゴ! 土曜 9:30 - 10:00
bill's kitchen 土曜 10:00 - 10:30
千客万来!森クミ食堂 土曜 10:30 - 11:00
おぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE! 土曜 22:00 - 22:54 制作協力 - 東阪企画
中川翔子のマニア★まにある 土曜 23:00 - 23:30 制作協力 - ライド

紀行・ドキュメンタリー編集

番組名 放送日時 再放送日時 備考
NNNドキュメント 日曜 11:00 - 11:30(または 11:55) 日本テレビ系列制作 地上波より7日遅れ
野天湯へGo! 日曜 23:00 - 23:30 ジャパンイメージコミュニケーションズ制作
東京海上日動 Presents 挑戦へのエール 〜Charenge Stories Next〜 日曜 16:30 - 17:25 2016年10月16日スタート
毎月一回放送
水紀行 セレクション 日曜 18:00 - 18:54
船越栄一郎 京都の極み 日曜 21:00 - 21:54 2015年10月11日スタート
大人のヨーロッパ街歩きアンコール 月曜〜木曜 23:00 - 23:55 ジャパンイメージコミュニケーションズ制作
三宅裕司のふるさと探訪〜こだわり田舎自慢〜 火曜 21:00 - 22:00
旅してHappy 木曜 0:00 - 0:30
夫婦再旅 木曜 20:00 - 20:54 2016年10月13日スタート
SUBARU Presents ON&OFF 金曜 23:00 - 23:30 土曜 11:00 - 11:30
北海道すたいる 土曜 11:30 - 11:55
夢釣行〜一魚一会の旅〜 土曜 17:00 - 17:30 制作協力 - REC FISH
小さな村の物語 イタリア 土曜 21:00 - 21:54 日曜 10:00 - 10:54 制作協力 - テレコムスタッフ
浅田次郎と眞野あずさが巡る中山道の旅 小説「一路」、いざ江戸見参! 年4回放送

音楽編集

その他編集

[14] [15]

終了した番組編集

「※」 - 番組自体は継続中

その他の特記事項編集

  • ロゴマークには、他の日本テレビグループと同様に「なんだろう」が使われている。2003年7月には日本テレビグループの企業ロゴの配色が変更[22]されたが、BS日テレでは2008年3月31日まで旧来のロゴがそのまま使用されていた。
  • 民放系のBSデジタル局の中でも字幕放送対応番組は少ない(2015年4月現在は1番組のみ)。かつては平日昼のニュース番組NNNストレイトニュース[19])や紀行番組(番組名失念)で実施していた。2011年9月に昼のニュース番組が打ち切られた後はしばらく字幕放送対応番組は無かったが、2015年4月より対応番組が復活した。
  • 放送業務の大半を日本テレビに委託しており、問い合わせ先もBS日テレ本体でなく、地上波・CS放送(日テレジータス日テレNEWS24)と一括で、日本テレビ視聴者センター(汐留本社)で受け付けている。例として、新聞の番組表に掲載されている問い合わせ先にも、日本テレビ視聴者センターの電話番号が記載されている。また、地上波局・BS局の共同制作番組における製作著作のクレジット表記も他局のBSデジタル局にある地上波局とBS局の併記はせず、BSオリジナル番組の場合でも「製作著作『(ロゴ)BS日テレ』」または「製作著作『日テレ(ロゴ)』」(2013年は日本テレビ開局60周年キャンペーンロゴである『0テレ Go! Next 60』)のどちらかで表記される。
  • 緊急地震速報やNNNニュース速報などの速報テロップは、日本テレビや系列各局と同じフォーマットである。開局当初よりチャイム音は独自のもので「キンコーン」と鳴っていたが、2014年3月より日本テレビと同じチャイム音に変更された。
  • 提供クレジットの表示は、開局当初は「カットイン・カットアウト」方式で行っていた。その後、2011年11月頃から民放系のBSデジタル局では唯一「フェードイン・カットアウト」方式に変更されたが、2012年3月頃に「フェードイン・フェードアウト」方式に再変更された。ただし、書体などのレイアウトは開局以来変更はないが、一社・複数社を問わず、ほとんどの番組で薄い白地のじゅうたんをバックにカラー表示している。
  • 韓国などのアジア地域で制作されたドラマ情報番組を、いわゆる「韓流ブーム」が到来した頃から積極的に放映しており、平日は1日四本と他局より多い。
  • 近年は野球中継の日数が地上波よりも増加しており、「接触率」が地上波各局を上回る日もあり、年間・年度の各部門で首位を獲得したこともある[23]
    • 2011年3月25日には将来の3Dテレビ放送の普及をにらんだ試みとして、プロ野球開幕戦「巨人対横浜」戦(東京ドーム)を「VIERAプロ野球開幕スペシャル」(パナソニック1社協賛)で3D映像を使って実況放送する予定を組んでいた。[24]しかし、この2週間前の3月11日東日本大震災が発生し、プロ野球開幕が4月12日の「巨人対ヤクルト」戦(宇部市ユーピーアールスタジアム)まで延期されたため、この試みは中止となった。日テレグループはプロ野球3D中継を地上波・CS(日テレジータス日テレプラス)を含めた新たなブランディング戦略の一環と位置付け、新たな野球中継の形を提案しようとする全社を挙げたプロジェクトとして大々的にPRしたが、これ以後も3D中継の企画は実現のめどが立たず、現状(2014年6月時点)では「幻の企画」となってしまった。
  • 開局当初、特に平日の日中には長時間にわたって日テレNEWS24同時放送が行われており、全時間帯の7割にも及んでいた。
2001年4月から2002年3月まではスカパー!での放送が一時休止となり、プラット・ワン(当時)で放送が再開されるまでの間は、ケーブルテレビでの放送を除き番組を視聴することができなかったため、その振り替えとして編成されていた。
その後は番組数の増加により、次第に放送は縮小した。一時期火曜 - 土曜未明帯の『デイリープラネット』や月曜 - 金曜昼の『タイムライン』が再開または新設され、最も少なかった時期に比べ、若干増えていたが、その後前者の放送曜日縮小を経て、2013年9月30日以降は未明・早朝帯のみの放送に復している。

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 「BS+(リモコンキーID)」の略称は民放キー局系BS局では唯一。公式サイトドメイン名もそれに因み「bs4.jp」。
  2. ^ 提供スポンサーが1社も付かない際にも表示される。
  3. ^ a b BS日本が来春の本社移転に向けてロゴマークなどを来年1月に一新,ITpro,2013年12月2日
  4. ^ 同社では「フルハイビジョン放送はBSデジタル初」と称していたが、実際にはそれ以前にNHK BSハイビジョンWOWOWBSジャパンがBSデジタル放送の開始当初から行っている。
  5. ^ 「ロゴマーク」と「キャッチコピー」を一新しました”. 2014年1月1日閲覧。
  6. ^ 日本放送協会 『NHK年鑑'99』 日本放送出版協会1999年11月、451頁。
  7. ^ 日本民間放送連盟 『日本民間放送年鑑2003』 コーケン出版、2003年11月、255頁。
  8. ^ 2部制移行前(2011年3月31日)までは、5:20 - 5:30の再放送パートもネットしていた。
  9. ^ 2016年4月15日の「NEWS ZERO」の例など。
  10. ^ 2012年は予選会翌日に2時間のダイジェスト版で放送され、2013年からは地上波の同日時差放送。
  11. ^ 但し、2000年度の「ゴルフ日本シリーズ・JTカップ」のみ、開局スペシャルとして、12月2日と3日の2日間、18時から19時半まで放送した。
  12. ^ ナースウィッチ小麦ちゃんR』は関東ローカルのみ。『ルパン三世 PART IV』は2016年3月より5か月遅れで放送。『エンドライド』については未定。
  13. ^ Q18は『次の瞬間、熱くなれ。THE BASEBALL』放送時には休止となる。
  14. ^ CSチャンネルQVCの再送信。2011年4月2日から2012年10月1日までの間、毎日0:00 - 1:00にも放送されていた(TwellVでも同時放送が行われていたが、内容は共通であった)。
  15. ^ 142chではQ17+が不定期に別途放送されていた(番組中、番組終了から18:30まで番組中の商品が送料無料)。Q18についても142chでのみ不定期放送を行っていた。
  16. ^ 2008年1月期までの各作品(旧称の『アニメ魂』時代も含む)はBS朝日でネットされた。
  17. ^ 全国最速の放映となった。BSデジタル放送局でUHFアニメが全国最速で放映される事例は、2007年4月期にBS朝日で放映された『桃華月憚』以来である。
  18. ^ 原作はKADOKAWA メディアファクトリーレーベル
  19. ^ a b 2011年9月30日をもって打ち切り。BS日テレ全番組で唯一となる字幕放送リアルタイム字幕放送)を実施していた。
  20. ^ 制作社はBS日テレだったが、日テレNEWS24でも同時放送を実施していた。
  21. ^ 2011年3月31日まで、緊急性の強い天災などが発生した日に限り、冒頭の10分間のみ同時放送を行ったことがある(例 - 2008年7月24日岩手県沿岸北部地震発生時)。 この場合、『Oha!4 NEWS LIVE』は日本テレビと同様に5:20で飛び降りる。5:30直前には「番組の途中ですが、このあとは「(番組名)」を放送いたします。」という断り書きのテロップを画面上部に表示した後、通常編成(通販番組)に戻っていた。
  22. ^ 1992年7月に制定された黒縁に緑色の配色から、金の縁取りのみの配色となった。
  23. ^ “視聴率”BS、CS牽引 多様化する視聴者の嗜好反映 「その他」好調”. 産経新聞 (2010年6月12日). 2010年6月15日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年6月12日閲覧。
  24. ^ BS初!プロ野球巨人戦3D中継実施!(2011年3月7日 2014年6月11日閲覧)

関連項目編集

外部リンク編集