モンパルナス脱線事故

モンパルナス脱線事故(モンパルナスだっせんじこ、: Montparnasse derailment: Accident ferroviaire de la gare Montparnasse)は、1895年10月22日午後4時に、フランス首都パリにある西部鉄道モンパルナス駅で発生した列車脱線事故である。

モンパルナス脱線事故
Train wreck at Montparnasse 1895.jpg
発生日 1895年10月22日
発生時刻 16:00
フランス
場所 パリモンパルナス
運行者 西部鉄道(Chemins de fer de l'Ouest)
統計
乗客数 131名
死者 1名
負傷者 6名
テンプレートを表示

脱線編集

1895年10月22日に、西部鉄道(Chemins de fer de l'Ouest)が運営する、グランヴィル発パリおよびモンパルナス行き急行列車は、荷物車3両、郵便車1両そして客車6両を牽引している蒸気機関車No. 721(タイプ2-4-0、フランス語表記120)で編成されていた[1]。08:45に定刻に列車はグランヴィル駅を出発していたが、乗客131人を乗せてパリ・モンパルナス終着駅に接近した時点で数分遅延していた。列車は損失時間を埋め合わせようとしたが、[1][2]しかしあまりに速く、40–60 km/h (25–37 mph)のスピードで駅に近づいた、列車はウェスティングハウス空気ブレーキを適用していなかった[1][3]。そのため十分な減速がないままに、駅に進入し、機関車は幅30-メートル (98 ft)近い駅のコンコースを横切り、厚さ60-センチメートル (24 in)の壁を砕き抜け、その後10メートル (33 ft)下のレンヌ広場に落下した。負傷者は乗客2名、消防士1名、乗務員2名、通行人1名の計6名[2]。広場にいた女性、マリーオーガスティーヌ・アギラール (Marie-Augustine Aguilard)が落下物の為死亡した。彼女は、新聞売りをしていた夫が夕刊を取りに行く間、代わりに立っていた[4]

余波編集

機関車の運転手は、あまりに速く駅に近づいたために禁固2か月、罰金50フランの判決を言い渡された。乗務員の1人は、事務処理で頭がいっぱいになっていて手動ブレーキをかけなかったために罰金25フランを科された[2]

鉄道会社は亡き女性の家族と和解し、彼女の若い子供2人の将来の雇用を提案したのみならず、彼らの教育を手配した[要出典]

客車は損傷を受けておらず、比較的容易に撤去された。これは48時間を要し、その後法的手続きと捜査は、鉄道会社に、機関車と炭水車の撤去を許可した。ウマ14頭で機関車を移動させようとしたが、失敗。250トン・ウインチが男10人とともに、機関車を地面に降ろし、次に炭水車を持ち上げ駅に戻した。機関車は鉄道の工房に到着したとき、ほとんど損傷を受けていなかったことがわかった[5]

遺産編集

 
ブラジルのMundo a Vaporテーマ・パークでの再建

残骸は駅の外に数日間留まった[3]、そのため無数の写真が撮られ、それはStudio Lévy and Sons,[6] L. Mercier,[3]そしてHenri Roger-Viollet.[7]に帰せられた。

この記事の頂部に現れているLévy and Sonsの写真は、交通史上最も有名なものの1つになっている[8]。いまやパブリック・ドメインにあるその写真は、John Taylorによる『An Introduction to Error Analysis』のカバー・ページとして使用されている[9]。この写真は以下のアルバム・カバーで特集された、アメリカのロック・バンドMr. Bigによる『Lean Into It[10]、とオランダのロック・バンドThe Exによる『Scrabbling at the Lock』、両者ともに最初に1991年にリリースされた[11]、そしてフランスのレコード・プロデューサーLeon Inc.による2019年のアルバム『Warranty Void If Removed[12]

同じ地点でのほぼ同一な列車の衝突事故は、小説『The Invention of Hugo Cabret』とその映画化『Hugo』における夢として現われ、そしてコミック・ブック・シリーズ『The Extraordinary Adventures of Adèle Blanc-Sec[13]すなわち4つめのアルバム『Momies en folie』で描かれた[14]

この事故は一部、『きかんしゃトーマス』からシーズン5第3エピソード「"A Better View for Gordon"」に脚色された。そこではゴードンは、カーク・ローナンで駅の空白の壁に走り込み、プロセス中に巨大な穴をあける。これにより、2つ目の公式開通の壁にはゴードンの形をした窓が配置される。ふとっちょのじゅうやくは、その窓に「"Gordon's View"」と命名することに決め、ゴードンはそれを心から承認する[15]

引証編集

  1. ^ a b c Richou 1895, pp. 369–370.
  2. ^ a b c Paris 1895”. Danger-ahead.railfan.net. 2012年10月24日閲覧。
  3. ^ a b c Accident at the Gare de l'Ouest”. Musee-orsay.fr. 2012年10月23日閲覧。
  4. ^ Jason Zasky: Let’s Pause For a Station Break: The story behind the world’s most famous train wreck photo, Failuremag.com Dated 4 Jan 2003, accessed 22 October 2018
  5. ^ Richou 1895, p. 370.
  6. ^ Memorial”. People.csail.mit.edu. 2012年10月23日閲覧。
  7. ^ L'accident a la Gare Montparnasse”. Iconicphotos.wordpress.com. 2012年10月23日閲覧。
  8. ^ Zasky, Jason. “Let's Pause For a Station Break: The story behind the world's most famous train wreck photo”. Failuremag.com. 2014年4月13日閲覧。
  9. ^ John Robert Taylor (1997). An Introduction to Error Analysis: The Study of Uncertainties in Physical Measurements. University Science Books. ISBN 978-0-935702-75-0. https://books.google.com/books?id=giFQcZub80oC 2012年10月23日閲覧。 
  10. ^ Mr. Big: Lean Into It, AllMusic, accessed 23 October 2018
  11. ^ Scrabbling at the Lock, AllMusic, accessed 22 October 2018
  12. ^ Warranty Void If Removed Discogs.com, accessed 10 September 2019
  13. ^ Train”. Tardi – Les Aventures Extraordinaires d'Adèle Blanc-Sec. 2011年12月1日閲覧。
  14. ^ Jacques Tardi”. Lambiek.net. 2020年10月22日閲覧。
  15. ^ https://tvtropes.org/pmwiki/pmwiki.php/Recap/ThomasTheTankEngineS5E3ABetterViewForGordon

全般的情報源編集

外部リンク編集