メインメニューを開く

パンク・ロック (Punk Rock) は、1970年代半ばから後半にかけて発生したロックのスタイルの一つ。パンクと略称されることも多い。

パンク・ロック
様式的起源 ロックンロール
ガレージ・ロック
パブ・ロック
文化的起源 1970年代
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
イギリスの旗 イギリス
オーストラリアの旗 オーストラリア
使用楽器 ボーカルギターベースドラムセットキーボード
サブジャンル
ハードコア・パンクアイリッシュ・パンクオイ!メロディック・ハードコアポップ・パンクエモなど
融合ジャンル
 パワーポップニュー・ウェイヴポストパンクオルタナティヴ・ロックグランジ
ローカルシーン
ニューヨーク・パンク
関連項目
インディー・ロックカウンター・カルチャーパンク・ファッション日本のパンクパンク (サブカルチャー)

日本のパンクバンドについては、日本のパンク・ロックの項を参照。

概要編集

1975年ごろにアメリカニューヨークのロック・シーンに産声を上げ(ディクテイターズ、ラモーンズパティ・スミスなど)、1976年にはその影響を受けたセックス・ピストルズイギリスロンドンでデビュー。その後、イギリスに同じ音楽性のパンク・ロック・バンドが続々と登場し、ロックの新しい時代を築いた。当初は反体制的、または左翼的なメッセージを歌うバンドが多かったが、次第に政治的な色彩は弱まっていった。パンク・バンドはザ・フー、ストゥージズなどをルーツとしていた。パンクの音楽性の一部はニュー・ウェイヴ[1]に引き継がれた。パンクはレッド・ツェッペリン、ピンク・フロイド、クイーン、ローリング・ストーンズらロック・スターとなっていたバンドを激しく攻撃した。ハードロックやプログレは「オールド・ウェイヴ」として却下されるようになった。

1977年のロンドン・パンク・ムーブメントは短期間で終息し、入れ代わるようにニュー・ウェイヴが台頭した。エルヴィス・コステロイアン・デューリースペシャルズワイヤー、キャバレー・ボルテールらがこれにあたる。

詳細:思想と音楽性編集

ジョン・ライドンは2017年のNPRのインタビューに対して「自分は生まれながらのアナーキストだ」「どの地域のいかなる政府も支持しないし、未来も決して(政府を)支持しない」[2]と答えている。パンク・ロックは1960年代のビート・グループやガレージ・ロックのスピリットを70年代に再現しようとした。

パンクは、メロトロンやシンセサイザーなどの高価な機材を使ったり、早弾きなどの技巧を競っていた当時のハードロックプログレッシブ・ロック・シーンに対する反発により生まれた。音楽的特徴としては、簡素なロックンロールへの回帰を志向し、スリーコード中心の簡潔なスタイルをとった。アップテンポかつ攻撃的だが、レゲエを取り入れた代わりにロックのルーツのひとつであるブルースやブギーなどの黒人由来の音楽要素が排除される形となった。パンクやニュー・ウェイヴはDIYDo It Yourself=自分達でやる)をスローガンとして掲げた。これは後進のパンク・バンドに影響を与えた。

パンクは、音楽性や歌詞が反宗教的と捉えられることもある。2018年にはインドネシアアチェ州のパンク・ロック愛好者が宗教警察に摘発されている[3]

歴史編集

ニューヨーク・パンクの誕生編集

 
パンクのゴッドファーザー、イギー・ポップ

ニューヨーク・パンクは、1960年代後半にアメリカのアンダーグラウンドで人気を得ていたMC5ヴェルヴェット・アンダーグラウンドザ・ストゥージズ、70年代前半のニューヨーク・ドールズなどに影響を受けて生まれた。

70年代後半にはパティ・スミス、テレヴィジョン、ラモーンズ、トーキング・ヘッズらが、マキシズ・カンサス・シティやCBGBなどのライブハウスを拠点に演奏するようになった[4]。これらのライブ・ハウスを拠点に活動していたバンドやソロは他に、リチャード・ヘル、ジョニー・サンダース、ディクテイターズ、ミンク・デヴィル、ウェイン・カウンティ、デッド・ボーイズ、スーサイドらがいた。パンクから派生したディーヴォ、トーキング・ヘッズなどのニュー・ウェイヴ・バンドは、チャートでもそれなりの成功を収めた。

ロンドン・パンク興隆編集

ロンドン・パンクはニューヨーク・パンクにわずかに遅れて、76年ごろから始まった。ロンドン・パンクの特徴としては、初期のロックンロールが持っていた攻撃性と反社会性、スリーコード中心の曲調が挙げられる。また、少し前に流行っていたパブロックといわれる音楽も、ロンドン・パンクに大きな影響を与えた。安全ピン、ワッペン、破れた細いジーンズや古着のTシャツ、革ジャンなどのファッションも若者の間で流行した。初期に人気があったのはセックス・ピストルズ、クラッシュ、ダムドらだが、ピストルズのアメリカ進出は成功せず、アメリカのチャートで成功を収めたのは、ザ・クラッシュだった。

1976年末、ダムドがデビューした。ロンドン・パンクのバンドでは、最初にシングル「ニュー・ローズ」をリリースした[5]。彼らはほかのパンク・バンドに比べて政治色が薄く、圧倒的なスピードの演奏が特徴で、アルバム『地獄に堕ちた野郎ども』も発表した。

セックス・ピストルズは、ロンドンで「SEX」という名前のブティックを経営していたマルコム・マクラレン[6]彼は店にたむろしていた若者たちが作ったアマチュア・バンドを、1975年にライブデビューさせた。破れたシャツ、安全ピン、逆立てた髪という奇抜なファッションは、マルコムの助言によるものだと言われている。メンバーのグレン・マトロックジョニー・ロットンが作ったオリジナル曲の数々は、アナーキズムを煽動したり、エリザベス女王をからかった。これは当時の保守的なイギリスにおいては考えられないものでありタブーを犯していた。そのことがマスコミの餌食となり、スキャンダリスティックに取り上げられた。ライブでは客に唾を吐きかけ、テレビに出演すれば必ず司会者とトラブルを起こすと言われ、イギリスの話題となり、パンクがメジャーに進出するきっかけを作った。なお、ジョニー・ロットンはイギリス右翼に襲撃され、重傷を負ったこともある。

ザ・クラッシュは1976年ロンドンで結成され、翌1977年白い暴動』でデビュー。2作目のアルバムはパンクだったが、パンクと通じる階級的な位置づけをもつレゲエへの接近を試みた、1979年のアルバム『ロンドン・コーリング』を発表、次第にロック・スターへと成長していく。シングル「ロック・ザ・カスバ」のヒットによってアメリカでもヒットを出し、スタジアム規模のライブツアーを何度か行った。

他に、ザ・ジャムがネオ・モッズ・ムーブメントを巻き起こし、UKチャートでNo.1ヒットを4曲も出すなど、1982年の絶頂期に解散するまで人気バンドとなった。ストラングラーズは、短いギターソロ、攻撃的な歌詞と音楽を売り物にした。ストラングラーズは、アイスクリーム販売用のバンで、イギリス国内を移動してライヴを行った。このバンドはスウェーデン公演の際に、地元の右翼に襲撃されている。彼らはパンクバンドとして政治団体の標的となるなどトラブルもあったが、アルバムをイギリスのチャートの上位に送り込むようになった。

ブームの火付役であったセックス・ピストルズは、アメリカ・ツアーの途中で空中分解し、ジョニー・ロットンの脱退により、スタジオ・アルバム1作を残しただけで実質解散。ジョニー・ロットン改めジョン・ライドンは、新たにPIL(パブリック・イメージ・リミテッド)を結成。カンキャプテン・ビーフハートなどの前衛ロックや、レゲエの先進的なミキシング方法であるダブなどの影響を採り入れた音楽は話題となり、パンクからニュー・ウェイヴへという時代の変化を印象づけた。

イギリスでは、失業者の増加と言う社会問題が下地となって、若者たちの不満、怒り、反抗、暴力性などを掬い上げたパンクが大きな社会現象となった。ジェネレーションXビリー・アイドルが在籍)などのポップなバンドも次々に生まれた。ファッション、絵画などの芸術にまでその波は広がり、髪を逆立たせ、服を破いたスタイルのロンドン・パンク・ファッションは世界中で知られた。パンクのブームが去った後は、エルヴィス・コステロ、ニック・ロウ、イアン・デューリー、グラハム・パーカーらのニュー・ウェイヴの時代となった。キャリアのあるミュージシャン達によって結成されたポリスも、デビューアルバムの内容はレゲエとパンクであった。また、スペシャルズマッドネスなどの2トーンスカバンドが人気を博した

1980年代のパンク・ロック編集

1978年にセックス・ピストルズは解散し、パンクは沈静化を迎えた。しかし1980年代クラスをきっかけに、ディスチャージG.B.H.エクスプロイテッドといったネオ・パンクバンドが次々に登場、いわゆる「ハードコア(極端)・パンク・ムーブメント」で、シーンは再活性化する。特に「アナーキー&ピース」をスローガンに掲げたクラスは、メンバーが共同生活を送るなど、反システム、アナーキズムを貫き、パンク・ロックにより過激な主張を持ち込んだ。

アメリカにおいても、1970年代後半にニューヨーク・パンクやロンドン・パンクに影響を受けたバンドが次々と誕生、デッド・ケネディーズブラック・フラッグといった有力バンドにより、各地で新しいパンク・シーンが生まれた。アンダーグラウンド・レベルのシーンを支えた西海岸のファンジンの中には長期にわたって音楽情報提供の役割を果たしたものもある。1977年創刊のロサンゼルスのフリップサイド誌は、ガレージやパンク時代からのファンジンである。西海岸バークリーのカレッジラジオ局のパンク番組「マキシマム・ロックンロール」が、ファンジンを創刊する1982年には、ハードコア・パンクのリポートが掲載されるようになった。ハスカー・ドゥやバッド・ブレインズのように大手レーベルと契約するバンドが増え、またSSTディスコード・レコードのような個人レーベルがディストリビューションを拡大し、スピードコア、ハードコアが台頭した。

一方、ハードコア生誕の地、ワシントンD.C.ではストレート・エッジを提唱した人気バンドマイナー・スレットの解散後、フロントマンであり自主レーベルディスコードのオーナーでもあったイアン・マッケイは、暴力化・様式化するハードコア・シーンに反発した音楽活動を開始。

90年代以後のパンク編集

アメリカにおけるハードコア・ムーブメントはアンダーグラウンドな動きに留まったが、その過程において各地のバンド、インディ・レーベルを結ぶネットワークが出来上がる。そのような状況下、サウンドガーデングリーン・リヴァーマッドハニーといったバンドが、シアトルのインディ・レーベルサブ・ポップより次々とデビューし、シアトルのアンダーグラウンドシーンは盛り上がりを見せる。そして、1980年代初めからニューヨークのアンダーグラウンドシーンで活躍していた ソニック・ユースが、1990年にメジャー・レーベルのゲフィン・レコードよりデビュー、翌1991年にはニルヴァーナが『ネヴァーマインド』でメジャー・デビューし、全世界で3,000万枚を売り上げる大ヒットを記録する。その後、パール・ジャムなどが次々とメジャー・デビューし、グランジ・ブームが訪れる。

また、1990年代にアメリカ北西部のオリンピア・ポートランドを中心に、グランジ/オルタナティヴ・ロックと同時期にライオット・ガール(Riot Grrrl)といムーヴメントが起きた[7]。しかしながら、1994年にニルヴァーナのリーダーであったカート・コバーンが自殺すると、グランジがオルタナティヴ・ロックに呑み込まれる形で、グランジ・ブームは急速に終息を迎える。ポップ・パンク、メロコアは、1980年代後半にバッド・レリジョンが、ハードコア的なサウンドをよりメロディックにスピーディーにさせたスタイルを確立した。

21世紀のパンク編集

主なパンク・アーティスト編集

プロト・パンク編集

70年代UKパンク編集

USパンク編集

  • パティ・スミス Patti Smith
  • テレヴィジョン[8]
  • ラモーンズ Ramones
  • ブロンディ Blondie
  • ジョニー・サンダースJohnny Thunders
  • トーキング・ヘッズ Talking Heads
  • リチャード・ヘル Richard Hell
  • ウェイン・カウンティ
  • ジョニー・サンダース&ハートブレカーズ Hertbreakers
  • ディクテイターズ The Dictators
  • ディーボ Devo
  • デッドボーイズ Dead Boys
  • スーサイド Suicide
  • ロケット・フロム・ザ・トゥームズ Rocket from the tombs
  • フレッシュトーンズ Flashtones
  • ジェームス・チャンスJames Chance
  • ミート・パペッツ Meat Puppets
  • GGアレン GG allin
  • ソーシャル・ディストーション Social Distortion
  • ハスカーデュー Hüsker Dü
  • マイナースレット Minor Threat
  • デッド・ケネディーズ Dead Kennedys
  • エックス X
  • ディセンデンツ Descendents
  • デッキーズ The Dickies
  • ペレ・ウブ Pere Ubu
  • バッド・ブレインズ Bad Brains
  • サークル・ジャークス Circle Jerks
  • ジョナサン・リッチマン&モダンラバーズ The Modern Lovers
  • ジャ―ムス Germs
  • ニューヨーク・ドールズ New York Dolls
  • ミスフィッツ Misfits
  • アドレッセンズ Adolescents
  • エージェント オレンジ Agent Orange
  • ソニック ユース Sonic Youth
  • デス Death
  • セブン セカンズ 7 Secoconds

LAパンク編集

デトロイト・パンク/ガレージ編集

  • ザ・ストゥージーズ The Stooges
  • イギー・ポップ Iggy Pop
  • ロン・アシュトン Ron Ashton
  • MC5
  • ウェイン・クレーマー Wayne Kramer

ハードコア・パンク編集

エモ編集

oi!編集

メロディック・ハードコア編集

ポップ・パンク編集

日本のパンクバンド編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ http://www.allmusic.com/style/new-wave-ma0000002750
  2. ^ 2017年3月31日 NPRネット記事。マンダリット・デル・バルコ(Mandalit Del Barco)によるジョン・ライドン・インタビューより http://www.npr.org 2019年11月12日閲覧
  3. ^ パンクロックは取り締まり対象、愛好者を丸刈りに インドネシア AFP(2018年1月10日)2018年1月11日閲覧
  4. ^ http://nme-jp.com/news/11129/
  5. ^ Griffin, Jeff, "The Damned", BBC.co.uk. Retrieved on November 11, 2019.
  6. ^ 共同経営者は、美術大学時代の同級生で当時私的なパートナーでもあったヴィヴィアン・ウエストウッド。ニューヨーク・ドールズのライブ・ツアーで自ら売り込んでマネージャーを務めた経験がある。初めは普通のブティックだったが、後にSM専門のゴムや革の服を売る店に衣替えした。マルコムは、後にバウ・ワウ・ワウアダム・アンド・ジ・アンツのマネージャーも務め、さらには自分自身もミュージシャンとしてデビューしている。
  7. ^ ビキニ・キル 『プッシー・ホイップド』花の絵 2014年2月17日
  8. ^ 代表曲は「ヴィーナス」「マーキー・ムーン」など

外部リンク編集