モーリス・アルブヴァクス

モーリス・アルブヴァクスMaurice Halbwachs, 1877年3月11日 - 1945年3月16日)は、フランス社会学者モーリス・アルヴァックスとも。ランス生まれ。ストラスブール大学教授。集合的記憶の提唱者。ホロコースト犠牲者。

モーリス・アルブヴァクス(1898年)

経歴編集

初めベルクソン、後にデュルケムに学び、レヴィ=ブリュールなどの影響を受ける。1909年に、彼はドイツに行き、ベルリンでマルクス主義と経済学を研究した。

知識社会学の領域で活躍し、社会学と心理学の統合をはかった。社会主義者だったアルブヴァクスはナチス占領下のパリでゲシュタポに捕まり、ブーヘンヴァルト強制収容所に強制送還され、そこで1945年赤痢にかかり死去した。

邦訳書編集

  • 清水義弘訳『社会階級の心理学』誠信書房、1958年
  • 小関藤一郎訳『集合的記憶』行路社、1989年
  • 鈴木智之訳 『記憶の社会的枠組み』青弓社、2018年。ISBN 978-4-7872-3443-8 

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

出典編集

参考文献編集