メインメニューを開く
ヤマハ・YSR(1986)

ヤマハ・YSR(ワイエスアール)は、かつてヤマハが製造販売していたオートバイである。

概要編集

シリーズ車種として排気量別に車両が生産され、1986年から1992年にかけて販売された。

エンジンRX50/80をベースとして開発が行われており、速さよりはローコストでレーシングマシンYZRのイメージを楽しもうという趣旨で作られている。今も継続して行われている12インチタイヤ採用のミニバイクレースのきっかけとなるモデルだったが、後を追う形でホンダから発売されたNSR50の本格仕様の車体・パワーに圧倒され、結果的に短命になってしまった。

旧式の空冷エンジンを採用していたため、水冷のライバル勢と比較するとピーク時に弱かったことから、個人によりTZR50/125RZ125DT200SDR等のエンジンへ載せ換えが行われた例も多い。

後継モデルはTZR50を挟んで発売されたTZM50Rにあたるが、TZMは打倒NSR50を念頭に開発されたことから、車体構成は、ほぼ全て別物となった。ただしガソリンタンクは共通である。

YSR50には複数の特別仕様車が存在し、1型は合計4車種が限定生産された。YSR50の2型では、車体色変更のほか、骨格形状変更・キャスター角変更・内燃機搭載方法変更・排気管装着位置変更がされており、主にアメリカ仕様と部品の共通化が図られている。

  • YSR50 1型:2AL (1986年 - 1988年) 標準車・車体色:赤/白、青/薄青
限定車・車体色:朱/白 Marlboro (1986年8月)
限定車・車体色:薄紫 TECH21 (1986年11月)
限定車・車体色:赤/白 LuckyStrike (1987年)※煙草販売促進用景品
  • YSR50 2型:2UE (1988年 - 1992年) 標準車・車体色:赤/白
限定車・車体色:赤/白UCC (1988年7月)
  • YSR80 1型:2GX1 (1986年 - 1988年) 標準車・車体色:赤/白、青/薄青
  • YSR80 2型:3CE1 (1988年 - 1992年) 標準車・車体色:赤/白

日本国外モデル編集

北米仕様

2GX型のYSR80をベースに50ccへ仕立て直したモデルで、年度モデルを展開しているため、1型2型の区別はない。なお、このアメリカ仕様が販売されていたことから、YSRには非常に珍しいKERKER製のチャンバーが存在する。

フランス仕様

3CE型のYSR80をベースに仕立て直したモデルで、年度モデル設定がなく、1モデルのみ継続販売された。

  • 1988年・YSR80 GP-Replica・車体色:青/薄青

外部リンク編集