ユニオンMAX王座(ユニオン・マックスおうざ)は、プロレスリングBASARAが管理している王座。以前はユニオンプロレスが管理していた。

ユニオンMAX王座
詳細
現王者 塚本拓海
獲得日 2020年11月10日
管理団体 プロレスリングBASARA
創立 2013年10月23日

概要編集

ユニオンプロレスDDTプロレスリングから独立後初の興行となった2013年10月23日の新宿FACE大会において、名称未定で独自タイトル創設を発表。

併せて、所属選手のみで当日行われたGet the gloryトーナメント優勝者の石川修司と代表のナオミ・スーザンが推薦する選手による初代王座決定戦を、12月11日の新宿FACE大会で行うことを発表[1]

ユニオン認定王座としてはユニオン認定Fly to Everywhereワールドチャンピオンシップに続くもの。それまではKO-D無差別級王座などDDT本社が管理する王座の争奪にユニオンからも加わっていた。

11月23日、ユニオンラジアントホール大会で王座の名称が発表され、「いつでも全力、大きくなりたい」の意味を込めた「ユニオンMAX王座」に決まる。また12月11日の新宿FACE大会で石川とユニオン来日歴のあるイワン・マルコフの間で初代王座決定戦を行うことを発表[2]

12月11日、初代王座決定戦が行われマルコフが勝利[3]

2015年10月4日、ユニオンが解散し、その時点での王者であった木高イサミにより封印されたが、将来的には復活の可能性もあることを示唆した。

2016年10月29日、プロレスリングBASARAラジアントホール大会において、木高が12月25日の後楽園ホール大会でユニオンMAX王座を復活させて木高とトランザム★ヒロシの間で第6代王者決定戦を行うことを発表。

12月25日、後楽園ホール大会で第6代王座決定戦が行われ木高が勝利。

歴代王者編集

歴代 レスラー 戴冠回数 防衛回数 獲得日付 獲得した場所(対戦相手・その他)
初代 イワン・マルコフ 1 1 2013年12月11日 新宿FACE石川修司
第2代 木高イサミ 1 0 2014年3月23日 ラゾーナ川崎プラザソル
第3代 佐藤光留 1 3 2014年5月18日 後楽園ホール
第4代 FUMA 1 3 2014年12月17日 新宿FACE
第5代 木高イサミ 2 1 2015年8月30日 新宿FACE
第6代 木高イサミ 3 0 2016年12月25日 後楽園ホール、トランザム★ヒロシ
第7代 FUMA 2 1 2017年1月6日 新木場1stRING
第8代 トランザム★リュウイチ 1 3 2017年3月23日 新木場1stRING
第9代 木高イサミ 4 5 2017年10月1日 後楽園ホール
第10代 谷嵜なおき 1 3 2018年5月3日 後楽園ホール
第11代 中津良太 1 5 2018年9月21日 後楽園ホール
第12代 関根龍一 1 2 2019年5月6日 板橋グリーンホール
第13代 高梨将弘 1 3 2019年11月3日 両国国技館
第14代 阿部史典 1 4 2020年3月24日 新木場1stRING
第15代 塚本拓海 1 3 2020年11月10日 新木場1stRING

脚注編集

外部リンク編集